JAZZという音楽の魅力を中心に

ジャズの名盤セレクション・ベスト100(1~50)(スィング・ジャーナルのベスト100も併記) 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
Sponsored Link

ジャズ名盤100、のような企画がよくありますね。一番有名なのはもう無くなったSwing Journal というジャズ雑誌がやっていたものでした。

ただ、そういう多数の人が参加する企画では、どうしても平均的になりがちなのはしかたないですね。ありがちなセレクションになる訳です。

一方で、個人がセレクトする本も出ていて、有名というか、私が好きなのは以下の3冊です。
皆さん個性があって面白いですね。(村上春樹・菊地成孔・寺島靖国)

 

 

 

私が選ぶジャズの名盤100選(の内の50枚)を書く前に…

先ほどのSwing Journal 誌の100選をだーっと貼り付けますね。
*私の選ぶベスト100へは、目次の2.から飛べます

スイングジャーナル・ジャズ名盤ベスト100

*2001年1月号と少し古いのですが、ジャズの世界では、ほとんど問題ない ことです。 

1 ワルツ・フォー・デビイ/ビル・エバンス

2 カインド・オブ・ブルー/マイルス・デイビス

3 サキソフォン・コロッサス/ソニー・ロリンズ

4 アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション/アート・ペッパー

5 バードランドの夜 Vol 1 , Vol 2/アート・ブレイキー

6 サムシン・エルス/キャノンボール・アダレイ

7 ポートレイト・イン・ジャズ/ビル・エバンス

8 バラード/ジョン・コルトレーン

9 クール・ストラッティン/ソニー・クラーク

10 リターン・トゥ・フォーエバー/チック・コリア

11 ブルー・トレイン/ジョン・コルトレーン

12 スタディ・イン・ブラウン/クリフォード・ブラウン

13 クッキン/マイルス・デイビス

14 エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイブ・スポット Vol 1/エリック・ドルフィー

15 フル・ハウス/ウェス・モンゴメリー

16 チャーリー・パーカー・オン・サヴォイ Vol 1/チャーリー・パーカー

17 処女航海/ハービー・ハンコック

18 プリーズ・リクエスト/オスカー・ピーターソン

19 ビレッジ・バンガードの夜/ソニー・ロリンズ

20 ウエイ・アウト・ウエスト/ソニー・ロリンズ

21 キャンディ/リー・モーガン

22 ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン/ヘレン・メリル

23 ケルン・コンサート/キース・ジャレット

24 クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ/クリフォード・ブラウン

25 サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ/アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ

26 ジャイアント・ステップス/ジョン・コルトレーン

27 ビッチェズ・ブリュー/マイルス・デイビス

28 ゲッツ~ジルベルト/スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト

29 ブリリアント・コーナーズ/セロニアス・モンク

30 ヘビー・ウエザー/ウエザー・リポート

31 星影のステラ~スタンダーズ・ライブ/キース・ジャレット

32 スタン・ゲッツ・プレイズ/スタン・ゲッツ

33 モーニン/アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ

34 静かなるケニー/ケニー・ドーハム

35 メロディ・アット・ナイト、ウイズ・ユー/キース・ジャレット

36 スピーク・ライク・チャイルド/ハービー・ハンコック

37 チャーリー・パーカー・オン・ダイアル Vol 1/チャーリー・パーカー

38 ワード・オブ・マウス/ジャコ・パトリシアス

39 ソニー・ロリンズ Vol 2/ソニー・ロリンズ

40 ザ・シーン・チェンジズ/バド・パウエル

41 サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード/ビル・エバンス

42 ラウンド・アバウト・ミッドナイト/マイルス・デイビス

43 ソウル・ステーション/ハンク・モブレイ

44 オリジナル・ジェリー・マリガン・カルテット/ジェリー・マリガン

45 ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード/ジョン・コルトレーン

46 至上の愛/ジョン・コルトレーン

47 プレス&テディ/レスター・ヤング

48 アフリカン・ピアノ/ダラー・ブランド

49    マイ・フェイバリット・シングス/ジョン・コルトレーン

50    ナウズ・ザ・タイム/チャーリー・パーカー

51 レフト・アローン/マル・ウォルドロン

52 エクスプロレイションズ/ビル・エバンス

53 ウィスパー・ノット/キース・ジャレット

54 ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン Vol 1 , ◎Vol 2/オーネット・コールマン

55 スタンダーズ Vol 1/キース・ジャレット

56 アンフェラス協奏曲/ジム・ホール

57 リラクシン/マイルス・デイビス

58 ライブ・アット・カーネギー・ホール 1938/ベニー・グッドマン

59 キャノンボール・アダレイ・イン・サンフランシスコ/キャノンボール・アダレイ

60 マイ・フェア・レディ/シェリー・マン

61 ワイン・ライト/グローバー・ワシントン Jr.

62 ツァラトゥストラはかく語りき/デオタード

63 ゴー!/デクスター・ゴードン

64 テナー・マドネス/ソニー・ロリンズ

65 マイルストーンズ/マイルス・デイビス

66 スタン・ゲッツ・カルテット/スタン・ゲッツ

67 バグス・グルーブ/マイルス・デイビス

68 モダン・アート/アート・ペッパー

69 枯葉/サラ・ボーン

70 ザ・ブラントン=ウエブスター・バンド/デューク・エリントン

71 直立猿人/チャールス・ミンガス

72 ポール・ウイナーズ/バーニー・ケッセル

73 ベース・オン・トップ/ポール・チェンバース

74 フォア・アンド・モア/マイルス・デイビス

75 ウイ・インシスト/マックス・ローチ

76 バド・パウエルの芸術/バド・パウエル

77 リターン・オブ・アート・ペッパー/アート・ペッパー

78 アート・テイタム~ベン・ウエブスター・カルテット/アート・テイタム

79 ガール・トーク/オスカー・ピーターソン

80 チェット・ベイカー・シングス/チェット・ベイカー

81 アワ・マン・イン・パリ/デクスター・ゴードン

82 ソウル・トレーン/ジョン・コルトレーン

83 ブルース・エット/カーティス・フラー

84 ウィズ・ストリングス/クリフォード・ブラウン

85 オール・アローン/マル・ウォルドロン

86 グルービー/レッド・ガーランド

87 モントルー・ジャズ・フェスティバルのビル・エバンス/ビル・エバンス

88 コンプリート・ライブ・アット・プラグド・ニッケル 1965/マイルス・デイビス

89 ジュニア/ジュニア・マンス

90 ザ・ケリー・ダンサーズ/ジョニー・グリフィン

91 アガルタ/マイルス・デイビス

92 フュエゴ/ドナルド・バード

93 アンダー・カレント/ビル・エバンス~ジム・ホール

94 ソニー・クラーク・トリオ/ソニー・クラーク

95 ディッピン/ハンク・モブレイ

96 ナイト・ライツ/ジェリー・マリガン

97 アローン/ビル・エバンス

98 4,5&6/ジャッキー・マクリーン

99 トリオ 99→00/パット・メセニー

100 キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ/キャノンボール・アダレイ


 

↑↑ 私は勿論全部聞いています。LPレコードまたはCDで持ってないのは7枚でした。

Sponsored Link

私が選ぶベスト100のうちの50位まで

さて私の個人的のベスト100を作りますが、以下のような指標で選んでいきたいと思います。

1)みんながいいというからではなく、自分がいいと思う、好きなものを選ぶ。

2)しかし名盤というからには、やはりジャズの歴史の中での重要性を考慮する。(影響力の大きさなど)

3)ヴォーカル・アルバムは基本的に除外します。
 (Helen Merrill with Clifford Brown のような特殊な盤は入れていますが)

4)日本人のジャズも除外します。(日本ジャズは別稿でやります)

 


スイングジャーナルと違って、英文表記にします。スペル・ミスがあったらご容赦を。

1 Kind Of Blue /  Miles Davis (1959)

0001mdkindofblue

今も世界中で売れ続けるモダンジャズを代表する1枚。
この後の全てのジャズに影響を及ぼした。そのような歴史的名盤でありながら、かつ最もカッコいいジャズであることが、売れ続ける理由だと思う。

2 Blue Train / John Coltrane ⇨

0001jc1

最初の音が流れる時、Jazzの世界に引き込む。コルトレーン列車の出発。

3 Portrait in Jazz / Bill Evans⇨  (1959)

0001be2

エヴァンズ=ラファロ=モチアンの4部作を代表する盤として。
Waltz For Debby も良いのですが、こちらも素晴らしい。

4 I Will Say Goodbye / Bill Evans(後期)

0001be

これはもう個人的好みです。このアルバムでの、甘さに流れない硬質なリリシズムはエヴァンズ以外のピアニストでは余り感じることが出来ない高みにまで到達しているように感じます。

5 Four and More / Miles Davis ⇨

0001md1

ライブ・ジャズの代表。この5人のメンバーはカッコいいの極地。
miles davis,herbie hancock,ron carter,tony williams,george coleman
’64年録音だが、この頃のジャズの到達点、一つの完成形と言ってもいい。
⇨26.参照

6 Giant Steps / John Coltrane (1959)

0001jc2

タイトル通りコルトレーンの大きな1歩。7曲全てがすばらしい。(Giant Steps,Cousin Mary,Countdown,Spiral,Syeeda’s Song Flute,Naima,Mr.PC)

7 Time Out / Dave Bruebeck (1959) 

davevruebeck
これも一方のジャズ(白人ジャズと言っても良いか)を代表する1枚。
ポール・デスモンドが作った”Take Five”は今もJAZZの代表曲。

8 Alone Again / Bill Evans

0001be3

音楽に命を懸けた男・エヴァンズがピアノ・ソロで作る世界。

9 Art Pepper meets The Rythem Section/ Art Pepper ⇨

0001apmrs

アート・ペッパー好きです。これはやっぱり素晴らしい出来。

10 After Hours at Mintons /Charlie Christian
 0001cc

*モダン・ジャズ・ギターはここから始まった。

 11 Clifford Brown and Max Roach at Basin Street(1956)

0001cb&mr
クリフォード・ブラウン=マックス・ローチのクインテットのライブの傑作。

12 Study In Brown / Clifford Brown

0001cb2

夭折した天才トランぺッターの輝かしい記録。

13 First Place Again/ Paul Desmond

0001pd

永遠のアイドル、ポール・デスモンドの大好きなアルバム。
これもまたモダンジャズの大きな成果。

14  A Love Supreme  「至上の愛」/John Coltrane(後期)⇨

  

ジョン・コルトレーンの代表作。
難しい音楽と思われがちだが、メロディはキャッチーだと思う。
特にPart 2 の最初のメロディは頭から離れない。初心者の方にも是非聴いて欲しい1枚。

15  The Scean Changes / Bud Powell 

 0001bp01

〈クレオパトラの夢〉は日本のジャズ喫茶文化の中で花開いた。
今聴いても心ときめく曲。

16  Bud Powell in Paris (1964)/ Bud Powell

0001bp02

晩年のパウエルが決してダメではなかったことを証明する名演奏。
この〈I Can’t Get Started〉は、この時のパウエルにしかできない。

Sponsored Link

17 European Concert / Modern Jazz Quartet

0001mjq

このようなジャズ・アルバムがあることもジャズという音楽の多様性を示す。
1960年のライブとは信じられない音の良さにも驚く。

18 Grand Encounter / John Lewis

0001jl
MJQ(モダン・ジャズ・カルテット)のリーダー・ジョン・ルイスが残したもう一つの名作。

19 Lee Kontz with Warne Marsh

0001lk&wm

ウエストコースト・ジャズの大いなる成果。
クラクストンによる最高のジャケットともに永遠に。

20 Relaxin’ / Miles Davis

0001md3

スタジオの雰囲気まで伝わる。この頃のマイルス・クインテットの充実度が良く分かる。

21  A Night at Birdland Vol.1&2 / Art Blakey

0001ab

クリフォード・ブラウン、ホレス・シルバーがいたメッセンジャーズ。
これがジャズだ!(と言いたくなる盤がたくさんあるが、これはその代表)

22 Our Man In Paris / Dexter Gordon

0001dg3

D.ゴードン、B.パウエル in Paris. 何故かパリで燃える男たち。これぞジャズの1枚。

23  A Night In Tunisia / Art Blakey

0001ab2

ものすごい熱量がこもったアルバム。A Night in Tunisia1曲を聴くだけで疲れます^^

24  Helen Merrill with Clifford Brown

0001hm&cb

これもまた、(ボーカル入りの)ジャズの金字塔。
「青い」ジャケットとともに永遠に!

25  Theloniou Himself/ Thelonious Monk ⇨

0001tm

*このモンクのソロを毎日聴いていた時期があった。それでも飽きなかった。

26 My Funny Valentine / Miles Davis

 

5.の〈Four&More〉と同日録音ライブ。
この2枚を繰り返し聴けば、ジャズという音楽がいかに高度な所まで到達してかが分かる。
ひとつの完成形と言ってもいい。これより先に進化してゆくマイルスが凄い。
個人的には最もフリーに近づく曲〈All Of You〉が好き。特にハンコックのピアノ。

27  Now The Time / Charlie Parker

0001cp

パーカーの遺産のうちでも聴き易い1枚。パーカー入門に最適。

28  Parker with Strings / Charlie Parker

0001cpws

パーカーはどれを聴いても凄い!と思わせるから、この聴き易いWith Strings でパーカーに入門するのもいいですね。

29 Money Jungle/ Ellington,Mingus,Roach

 

これはもうデューク・エリントンとチャールズ・ミンガスとマックス・ローチの一期一会の競演ということで、騙されて買って聴いて下さい。
きっと、いつか、その凄さが分かりますから!。特にエリントンのmadnessが。


30 BlueNote Vol.2 / Sonny Rollins 

0001sr

ロリンズ、いい録音はたくさんあるが、これも確かに名盤。

Sponsored Link

31  The Paul Desmond Quartet Live /Paul Desmond (1975)⇨

0001pd2

音楽に「和み・癒し」があるならば、これこそそんなアルバム。


32 Art Pepper Quartet (Tampa 1956)

0001apq

名曲の名演奏。好きです。

33 Out Of The Afternoon / Roy Haynes

 

ギネス記録級のドラマー、ロイ・ヘインズのリーダー作。
ヘインズ=トミー・フラナガン=ラサーン・ローランド・カークが揃った奇跡の1枚。

34  Miles In Berlin / Miles Davis

0001md4

ショーターはこの盤から参加。モード・ジャズの追及が本格化。マイルスは留まることを知らない。

35  Soul Trane / John Coltrane

0001jc5

コルトレーン初期もう一枚の名盤。

36 Miles Davis at The Blackhawk Vol.1 &2 (1961)

0001md5

マイルス・クインテットのヒット・パレード・ライブ。
Miles(tp),Hank Mobley(ts),Wynton Kelly(p),Paul Chambers(b),Jimmy Cobb(ds)

37 At Carnegie Hall / Charles Mingus (1974)

0001cm

*ミンガスは後半になるほど聴き易くなった。これなど楽しさ満点。George Adams,Hamiet Bluiett,Jon Faddis,Rolland Kirk,Don Pullen,Dannie Richmondなど。

38 The Broadway Bit / Marty Paich (1959)

0001mp

*ブラスバンド出身者はこういう音楽が一番好き。pepper,sheldon,perkins,candoli,giuffre,feldman &LaFaro

39 People Time / Stan Getz & Kenny Barron

0001sgpt

*ここで演奏される名曲たち(stablemates,I remember Clifford,first song,hush-a-bye,soul eyes など)は永遠になった。

40 What Is There To Say / Gerry Mulligan

 0001gm

”Night Lights”を聴いたら次はこれ。マリガンの優しいバリトン。


41 Paris Concert  / Bill Evans

 

晩年(死の1年前)のパリでのライブ。エヴァンズがたどり着いた世界。
Vol.2と共にエヴァンズ・ミュージックの集大成とも思える。
このライブを聴かないでエヴァンズ・ファンは終わらない!

こちらがVol.2 ↓

42 Last Date / Eric Dolphy ⇨

0001ed2

鬼才ドルフィーの遺作。You Don’t Know What Love Is の名演が有名。

43 Crescent / John Coltrane

0001jc4

コルトレーン、黄金のカルテットの最高のバラード集
日本で一番売れている〈Ballads〉より深いコルトレーンのバラード演奏を聴くことが出来る。

44 Flight To Jordan / Duke Jordan (1960)

0001dj

モダンジャズという言葉を聞くと、この盤を思い出すくらい。

45  Still Live / Keith Jarrett 

 0001kj2 

*キースのスタンダード・トリオのこの時点での集大成ライブ2枚組。今でも色あせない

46 Selflessness (Newport’63) /John Coltrane

0001jc3

*My Favorite Things を聴くならこの盤で。Atlantic盤とは完成度が違う。

47 Overseas / Tommy Flanagan

00001overseas

*ピアノ・トリオ・ジャズの決定的名演。今聞いても心躍る。

48 Opus De Jazz / Milt Jackson

0001mj

ミルト・ジャクソン!(MJQ以外でのジャクソンも聴きましょう)

49  EXIT / Pat Martino

これがパット・マルティーノの最高傑作とは言わないが、
この〈Blue Bossa〉と〈I Remember Clifford〉にはやられた。
ピアノがギル・ゴールドスタインであることもポイント。

50 Anniverzary! / Stan Getz

0001 sg

*1987年、ストックホルムでのライブ。全曲素晴らしい。〈I Can’t Get Started〉がまた好きになる。同日録音の〈Serenity〉とセットで持つべき。

追悼 ロイ・ハーグローヴ

2018年末にロイハーグローヴが49歳の若さで亡くなりました。
ジャズ界にはいまだにハーグローヴ・ロスの気分が漂っているようです。

番外としてロイの1枚をここに置きます。

番外 Earfood / Roy Hargrove

 

*2007年ハーグローヴ・クインテットのライブ録音。オリジナルとスタンダードがバランス良く演奏される。ヒット曲〈Strasbourg/St.Denis 〉ももちろん入っています。
12曲目フルーゲルホーンによるバラード〈Speak Low〉に続いてラストの曲がサム・クックの〈Bring It On My Home To Me〉という構成も感動的。  

 

 

————————————————————————–  

まとめ

50位まで書いてきて、、何だかありがちな50枚になったなー、という気がします。
まあ、ベスト50は仕方ないですか。(しかし、Swing Journal 誌とのダブりは意外に少なかったです。多分10数枚。)

このあと50位以下はこちらです。

こちらはもう少し特色のある50枚にするつもりです。

50位以下もよろしくお願いします。

筆者の楽器別記事一覧

楽器別の記事を以下のように書きました。
こちらもよろしくお願いします。

アルトサックス

テナーサックス

バリトンサックス

トランペット       

トロンボーン

クラリネット

フルート

ピアノ

ギター

ベース

ドラムス

オルガン

バイブラフォン

 

 

  ★Thanks A Lot for Visiting The Site.★

Sponsored Link

ジャズが好きなら、時計は HAMILTON ジャズ・マスター↓

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2016 All Rights Reserved.