JAZZという音楽の魅力を中心に

ジャズの名盤

カテゴリー

ジャズの名曲:Whisper Not ウィスパー・ノット:ベニー・ゴルソンが作った名曲は愛され続ける 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
Sponsored Link

 

Whisper Not  カッコいいタイトルです。

テナーサックス奏者ベニー・ゴルソンが作曲しました。

ゴルソンがアート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズに在籍していた時に作っています。

曲のカッコよさ、タイトルのカッコよさでヒットしました。

ゴルソン自身も何度も演奏(録音)していますし、

他のジャズ・プレイヤーにも演奏されることを繰り返して

立派なスタンダード・ナンバーとなりました。

「キラー・ジョー」、「ブルース・マーチ」、「アイ・リメンバー・クリフォード」などの曲もゴルソンが作ったヒット曲です。

ミルト・ジャクソン、ゴルソン、ファーマーなどによるライブ演奏

まず、ゴルソン自身とミルト・ジャクソン、アート・ファーマー、ニールス・H.O. ぺデルセンなどによる素晴らしい動画でこの曲を聴きたいと思います。’97年です。

Milt Jackson – vibraphone
Benny Golson – tenor sax
Art Farmer – trumpet
Ulf Wakenius – guitar
Niels-Henning Orsted Pedersen – bass
Jonas Johansen – drums
June 14, 1997, Große Konzertscheue, Jazzbaltica, Salzau, Germany

アート・ブレイキー & ジャズ・メッセンジャーズ 1958

では、時代を戻して1958年、アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズの演奏です。

ゴルソンの横でトランペットを吹いているのはリー・モーガンです。

 

リー・モーガン

そのリー・モーガンが自身のアルバム、Vol.2 でこの曲を吹き込んでいます。(’56年)まだ18歳でした。
ゴルソンは編曲(アレンジ)に回り、テナーはハンク・モブレイが吹いています。
モーガン、途中からミュート・プレイをやっています。

Lee Morgan (tp)
Hank Mobley (ts)
Kenny Rodgers (as) 
Horace Silver (piano)
Paul Chambers (bass)
Charlie Persip (drums)

Sponsored Link

ウィントン・ケリー

ウィントン・ケリーがトリオ、ケニー・バレル(g)を入れたカルテットで作ったRiversideのアルバムで1曲目でWhisper Not をやっています。

レイ・ブライアント

ここからピアノ・トリオ3連発行きます。

まずはレイ・ブライアントーー巧いです。というか、ブライアント特有の「味」があります。

 


Ray Bryant (p), Tommy Bryant (b), Oliver Jackson (ds)
Album:” Ray Bryant/ Plays ” Recorded:New York City, November 5, 1959

オスカー・ピーターソン

次はオスカー・ピーターソン、レイブラウン、エド・シグペンのトリオです。

さすがのテクニシャン。

海野雅威

日本人も行きましょう。海野雅威(うんのただたか)のトリオです。

基本、端正な演奏なのですがそれだけではないスウィング感=迫力のある演奏です。

Tadataka Unno (p) Yutaka Yoshida (b) Shunsuke Umino (ds)

Sponsored Link

マルグリュー・ミラー&ニールス・へニング・オルステッド・ぺデルセン

マルグリューはN.H.O.Pとのデュオで、ノース・シー・ジャズ・フェスでのライブ演奏。

マルグリュー・ミラーは2000年頃はNo.1のピアニストだったと思います。
2013年57歳での死亡が惜しまれます。
ぺデルセンの正確無比で大きな音のベースも聴き所です。

Mulgrew Miller (p), Niels-Henning Ørsted Pedersen (b)
Album:” NHØP & Mulgrew Miller / Duo -Live! ” Recorded:Live by Dutch National Radio, July 15, 2000 at North Sea Jazz Festival 2枚組、1曲目でWhisper Not をやっています。

ロイ・ハーグローブ

ハーグローブの素晴らしい演奏です!

Antonio Hart – alto sax
Roy Hargrove – trumpet
John Hicks – piano
Scott Colley – bass
Al Foster – drums

サイラス・チェスナット、バスター・ウィリアムズ&ジョー・ファンスワース

さて最後は最新2021年9月の動画とします。
実力派の3人による演奏。

Cyrus Chestnut, piano
Buster Williams, bass
Joe Farnsworth, drums

まとめ

この曲、タイトルもカッコいいのですが、何しろメロディが良いので、愛されていますね。

まだまだたくさんの演奏があるのですが、ここまでとします。

ボーカル・バージョンもあるのですが、この曲のボーカルは筆者が好きではないので避けました。悪しからず了解ください。

例えばキース・ジャレットのスタンダード・トリオもWhisper Not をタイトルとした2枚組ライブ・アルバムを出しています。

最後まで見て頂いてありがとうございます。
Thank you for visiting the site.

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2022 All Rights Reserved.