JAZZという音楽の魅力を中心に

ジャズの名盤ベスト500の401~450

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

【お詫び】このジャズの名盤ベスト500の発表のうち301~400位につきましては、
余りにも音源の添付が多すぎたためにアクセスしにくい状況になりましたことをお詫び申し上げます。 
よって401~500位については音源添付は極力控えることにいたします。

Sponsored Link

 

401~450位 です 

401  デヴィッド・マレイ Ballads /David Murray

-Valley Talk

マレイのバラード曲には日本の歌謡曲を思わせるメロディのものが時々ある。これもそんな1曲。ステキです。

402  ジョニー・ホッジス Blues A-Plenty / Johnny Hodges 

*ジョニーホッジス(as)の伴奏をロイ・エルドリッジなど有名プレイヤーが寄ってたかってやっているのだが、私の関心はピアノを弾いているビリ-・ストレイホーン。Satin Dollなどをやるからわかるのだが、やはりストレイホーンにはエリントンの凶暴性(笑)はなく、実に穏やかないいピアノ。楽しめる1枚。

403 サー・チャールズ・トンプソン Just Friends / Sir Charles Thompson

*あのサー・チャールズ・トンプソンがオルガンを弾いている。(10曲)それが意外にいい。
しかし最後に4曲ピアノを弾く。(メジャー・ホリーのベース、エド・シグペンのドラムスで)やはりこの4曲が無かったら欲求不満だったかも。
仏 black&blue レーベル作品。こんなのを出してくれるのはこのレーベルだけ。

404  ビリー・バトラー Don’t Be That Way / Billy Butler 

*もう1枚 black&blue レーベルからギターのビリー・バトラーのアルバムを。
付き合っているメンバーがワイルド・ビル・デイヴィス(org),エディ・ロックジョウ・デイヴィス(ts),オリバー・ジャクソン(ds)。

 

Sponsored Link

405  スタン・ゲッツ Stan Getz in Stockholm

*1955年28歳のスタン・ゲッツはスウェーデンを訪れ現地のミュージシャンと録音を行いました。
その若さでこの完成された演奏に驚きます。
もちろん”Dear Old Stockholm” はまだ出来ていません。

406  ジョーイ・デフランセスコ Joey DeFrancesco Live at The 5 spot

*今やハモンドB3オルガンのヴァーチュオーソとなったデフランセスコだが、これは30年近く前(1993年)の ライブの記録。曲によって次々に現れるゲストも楽しい。
 -all of me    この曲のゲストはイリノイ・ジャケ―(tenor sax).

407  デイヴ・ブルーベック  Blues Roots / Dave Brubeck  

このメンバーでどんな音楽になるか予想がつきますか?しかもテーマが「ブルース」
 ↓
Dave Brubeck (p), Jack Six (b), Alan Dawson (ds)
   +
Gerry Mulligan (bs)

結果はなかなか面白い作品になっていると思います。

408 ドナルド・バード Byrd’s Word / Donald Byrd

1955年に録音されたジャズが何でこんなにいいんだろうと思う。

ドナルド・バード(tp)とフランク・フォスター(ts)のフロント2管が素晴らしい。
ハンク・ジョーンズ(p)、ポール・チェンバース(b)、ケニー・クラーク(ds)のトリオも素晴らしい。
特にケニー・クラークというドラマーがこのあたりのジャズで果たした役割りの大きさを感じる。

Sponsored Link

409  アル・コーン&ズート・シムズ  Motoring Along / Al Cohn & Zoot Sims

テナーサックス2本の共演が好きなので Al &Zootのユニットは50年代録音のものから聴いてきました。
これは’74年ストックホルムの録音なので後期のものだが、昔と変わらずやってくれている。

二人の音の聴き分けは比較的硬質なのがコーン(ここでは左sp)柔らかいのがズート(右sp) 。ピアノはホレス・パーラン。
バカラックの曲What The World Needs Now をやってくれているのも嬉しい。

410   ジョー・サンプル Joe Sample featuring Lalah Hathaway

2014年に亡くなったジョー・サンプルが1999年にダニー・ハサウェイの娘、レイラ・ハサウェイをゲストに迎えて作ったアルバム。これなかなかににステキなものになった。
お父さんにそっくりのレイラの歌声も聴き所。

Sponsored Link

411 スタン・ゲッツ VOYAGE / Stan Getz 

知る限りではゲッツとケニー・バロン(ピアノ)の最初の共演盤。
この組み合わせはゲッツが死ぬまで続くことになった。

このアルバムではベースがG.ムラーツでドラムスがヴィクター・ルイス。

既に後期ゲッツの円熟の境地の始まりを聴きとることができる。

412  テレンス・ブランチャード Let’s Get Lost / Terence Blanchard  

Let’s Get Lost のタイトルはチェット・ベイカーのものだが、1曲目でそれをやっている。

トランぺッター、テレンス・ブランチャードのクインテット(tp,ts,p,b,ds)が4人の女性歌手をゲストに迎えて2曲づつ共演するアルバム。11曲中3曲だけはクインテットの演奏。

4人の歌手は
ダイアナ・クラール、ダイアン・リーヴス、ジェーン・モンハイト、カサンドラ・ウィルソン。
好みだが私はダイアン・リーヴスの Can’t Get Out of This Worldの巧さが気に入った。 

歌手無しの3曲もいい演奏を聴かせてくれている。

413  ロイ・ハーグローブ Approaching Standards / Roy Hargrove 

 

2018年に49歳で亡くなったハーグローブ。

これはまだ20代(’90年代初め)のハーグローブが 、novusレコードに残した録音から、有名スタンダードナンバーだけをピックアップしたオムニバス・アルバム。

ハーグローブのペットの音は実に爽やかで、まるで教科書のような音。
まだ円熟の前だが、その爽やかさは素晴らしく、良く晴れた日の朝などにCDプレイヤーに差し込みたくなる1枚。どの曲もイイです。

414  ズートシムズ  Zoot Sims and the Gershwin Brothers

-The Man I Love

1975年とズートとしては後期の録音だが、本来こんな順位に置くべきではない名盤です。
オスカー・ピーターソン(p)
ジョー・パス(g)
ジョージ・ムラーツ(b)
グラディ・テイト(ds)

という素晴らしいメンバーでガーシュウィンの名曲をこころゆくまで堪能させてくれます。

 

415  ビル・エヴァンス Time Remembered / Bill Evans

 初めの4曲がエヴァンズのソロ(1962年録音)、その後はエヴァンズ(p)、チャック・イスラエル(b)  、ラリーバンカー(ds)のトリオ(1963年録音)
ソロの始めに「ダニーボーイ」をやっていることで有名なアルバム。

Sponsored Link

416  リー・コニッツ  Tranquility / Lee Konitz

-When You’re Smiling

1957年録音。
Lee Kontiz- Alto Sax
Billy Bauer- Guitar
Henry Grimes- Bass
Dave Bailey-Drums というカルテット。
この「君微笑めば」を含む素晴らしい8曲。
*2020年同日に、このコニッツとヘンリー・グライムスがコロナにより亡くなった。

416  ジョー・ボナー  New Life / Joe Bonner

1988年デンマークのSteepleChaseでのアルバム。
最初はそうでもないけど、聴けば聴くほど味が出てクセになるアルバム。

417  ビリー・ホリディ  Songs For Distingue Lovers / Billie Holiday

1957年ホリディ死の2年前の録音。
私は1曲目〈Day in-Day out〉を聴いたとたんにこれは名盤だと思った。
この頃の録音共通のつぶれた声、コントロールできない声 のホリディ。
しかし、心を打つ歌唱だ。
伴奏プレイヤーたちも素晴らしい。
ベン・ウエブスター(ts)、ハリー・エディソン(tp)、バーニー・ケッセル(g)、ジミー・ロウルズ(p)など。

418  レイ・ブラウン  Some of My Best Friends are the Piano Players / Ray Brown

このレイ・ブラウンの Some of My Best Friends are~シリーズはどれも楽しいものですが、、
これはピアニストの番です。

ゲスト・ピアニストは ベニー・グリーン、アーマッド・ジャマル、ジェフ・キーザー、ダド・モロー二、オスカー・ピーターソンの5人。オスPは当然過ぎて・・?
聴いて損しないアルバム。

419  カーティス・カウンス  LANDSLIDE / The Curtis Counce Group

 

1957年のCONTEMPORARY盤
ジャック・シェルドン、ハロルド・ランド、カール・パーキンス、カーティス・カウンス、フランク・バトラーのメンバーを魅力的と思うなら買い!

Sponsored Link

420  リー・モーガン  The Rumproller / Lee Morgan


1965年、Sidewinder路線のアルバム。ここでは「月の砂漠」が聴ける。

Lee Morgan (tp)
Joe Henderson (ts)
Ronnie Mathews (p)
Victor Sproles (b)
Billy Higgins (ds)

ーーーこの後延々と450番そして500番まで続きます。気長にお楽しみを。

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2021 All Rights Reserved.