JAZZという音楽の魅力を中心に

ジャズの名盤:【BEST500】のうち最後のベスト451~500

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
Sponsored Link

SEE! ⇒

JAZZ BEST 500 いよいよ最後の50枚です。

451~460

451  ケニー・カークランド    Kenny Kirkland  debut!

ブランフォード・マルサリスのバンドでいい演奏をしていたK.カークランドの遅くなったデビュー盤。
残念なことに早逝したのでカークランド名義はこの1枚のみ。

452  ブルー・ミッチェル    The Thing To Do / Blue Mitchell

Blue Mitchell – trumpet
Junior Cook – tenor saxophone
Chick Corea – piano
Gene Taylor – bass
Al Foster – drums      recorded in 1964

453  ジョニー・グリフィン    A Blowing Session  / Griffin, Mobley, Coltrane

これを聴いてグリフィン、モブレイ、コルトレーンのテナー音の違いを聴き分けましょう。
BLUENOTE 1559  


454  ジャッキー・マクリーン    One Step Beyond  / Jackie McLean

BLUENOTE 4137
グラチャン・モンカ―(tb)とボビー・ハッチャーソン(vib)を擁してワン・ステップ・ビヨンド。ドラムスにトニー・ウィリアムス。

Sponsored Link

455  アンドリュー・ヒル    Point Of Departure  /Andrew Hill 

これはもう、LPレコードでジャケ買い!。
しかもこのメンバーなら ⇩
ケニードーハム(tp)、エリック・ドルフィ(as,fl)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、アンドリュー・ヒル(p)、リチャード・デイヴィス(bs)、アンソニー・ウィリアムズ(ds)

456  ハーブ・エリス    Ellis In Wonderland  /Herb Ellis

-Sweetheart Blues

素晴らしいです。メンバーは上動画に書いてあります。

 

457  ハービー・ハンコック    Speak Like A Child  /Herbie Hancock

458  アート・ペッパー    Art Pepper+Eleven

ペッパーの他に11人もいたら、もはやアレンジを担当しているマーティ・ぺイチ楽団と言えそうだが、どっこいやはりソロを取るアート・ペッパーが光っている。いや、いいアルバムです。「バーニーズ・チューン」短いけど最高です。

-Bernie’s Tune

459  パット・マルティーノ   Remember/ Pat martino

マルティーノによるウエス・モンゴメリー・トリビュート。
ウエスの愛奏曲(Full House , Four on Six など)が並んでいて興味深い。
ピアノがキコースキーでベースがパティトゥッチ。

460  フランク・ウエス   Wheelin’&Dealin’/ Frank Wes (with John Coltrane)

フランク・ウエスが主にフルートを吹き、ポール・クイニシェットとコルトレーンがテナー(この二人は全然違うので聴き分け易い)。ピアノがマル・ウォルドロンでベースとドラムスがダグ・ワトキンスとアート・テイラーという良き’50年代ジャズ。

Sponsored Link

461~470

461  バド・シャンク   Bud Shank Quartet   (Pacific Jazz 1230)

クロード・ウィリアムソンのピアノが凄くいい。クラクストンによる秀逸なジャケット。

462  ラリー・ヤング   Unity / Larry Young
-softly as in a morning sunrise

1965年録音。ラリー・ヤングは37歳で早死にした。

ウディ・ショウ(tp)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、ラリーヤング(org)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)

463  ウィントン・マルサリス   Black Codes / Wynton Marsalis

ケニー・カークランドがいた頃のマルサリス・グループ。(1985年)いいバンドでした。
(輸入盤COLUMBIAは参加メンバーを表示しない習慣があり、困る)

464  ミロスラフ・ヴィトウス   Infinite Search / Miroslav Vitous

このチェコ出身のベーシストの出現には驚かされた。ウェザーリポートの初代ベースとなるが、これはその前の驚異的作品(’69)。ヘンダーソン、ハンコック、マクラフリン、ディジョネットなど。

465  ブランフォード・マルサリス   Eternal / Branford Marsalis

ブランフォードのバラード集。この頃のピアニストはジョ-イ・カルデラッツオ。

466  ソニー・クラーク   Dial ”S” For Sonny / Sonny Clark

ソニー・クラークとアート・ファーマー&カーティス・フラー&ハンク・モブレイ

467  ケニー・バレル   Blue Lights  Vol.1/Kenny Burrell

468  ケニー・バレル   Blue Lights  Vol.2/Kenny Burrell

469  キース・ジャレット   Tokyo ’96 / Keith Jarrett

キースのスタンダード・トリオ Tokyo‛96、スタンダード曲12曲(「枯葉」含む)

470  キース・ジャレット   Somewhere / Keith Jarrett

キースのスタンダード・トリオ 2009年、スタンダード曲6曲。

Sponsored Link

471~480

471  ケニー・バロン   Live At Bradley’s / Kenny Barron Trio


バロン、ベン・ライリー、レイ・ドラモンドのトリオ。1996年のライブ。
〈Solar〉〈Blue Moon〉など。素晴らしいピアノ・トリオ。

472  マルグリュー・ミラー   Live At Yoshi’s / Malgrew Miller

2013年に57歳の若さで亡くなった優れたピアニスト、マルグリュー・ミラーは幸いというかMAXJAZZにたくさんのいい演奏を残しています。これもその1枚。

473  ハンク・ジョーンズ   Upon Reflections / Hank Jones

ハンクとエルヴィンのジョーンズ兄弟+ジョージ・ムラーツの3人でサド・ジョーンズの曲をやるという企画。1993年のアルバムです。

ーmean what you say

474  ジム・ホール   Commitment / Jim Hall

 

ソロからウイズ・オーケストラまで様々なフォーマットでジム・ホール(guitar)を聴くアルバム。

 

-indian summer

475  ロイ・ハーグローブ   The Vibe / Roy Hargrove

ロイ・ハーグローブ・クインテット+ジャック・マクダフ(org)
-Blues For Booty Green’s (*マクダフ参加はこの1曲のみ)


Roy Hargrove Quintet:
Hargrove(tp),Antonio Hart(as),Marc Cary(p),Rodney Whitaker(b),Gregory Hutchinson(ds)

ロイ・ハーグローブが残した演奏は全て高い価値がある。
これはハーグローブ23歳(1992年)の記録。23歳でこのようなクインテットを率いたのは驚異的。 

476  ロイ・ハーグローブ   HABANA / Roy Hargrove

ロイ・ハーグローブとその仲間(ゲイリー・バーツ、ラッセル・マローンなど)がハバナに乗り込んで地元のミュージシャン(チューチョ・ヴァルデスなど)と共演。(キューバはご存知のように音楽大国です)1997年録音。

477  ガトー・バルビエリ   Bolivia Under Fire / Gato Barbieri

ガトーはどこかいかがわしさが漂うプレイヤーなのだが、それがまた魅力になっているという不思議な人だった。この「ボリヴィア」ではキーボードにロニー・リストン・スミスを迎えている。

478  ガトー・バルビエリ   In Search of the Mystery (ESP) / Gato Barbieri

ほほデビューに近いESP盤。この頃ガトーはフリージャズをやっていた。結構カッコいいです。

479  ゲイリー・バートン   Like Minds /Gary Burton

G.Burton(vib),Chick Corea(p),Pat Metheny(g),Dave Holland(b),Roy Haynes(ds)
一番カッコいいのはきっちり対応できるロイ・ヘインズかも知れない。
*バートンはジャズ界では珍しくホモセクシュアルをカミングアウトしていますね。

480  アート・ペッパー   Tokyo Debut /Art Pepper 

1977年4月5日、郵便貯金ホール、ペッパーの初来日、初公演はカル・ジェイダー・グループの一員という形になったが、このアルバムは「記念碑」だ。ペッパーは日本のファンの温かい声援と拍手に「生きていてよかった」と自伝に記している。ペッパーはともかく充分に吹いている。

Sponsored Link

481~490

481  アラン・パスクァ   Twin Bill /Alan Pasqua

アラン・パスクァによるビル・エヴァンズへのデディケート。それも2台のピアノをパスクァ自身によってオーバーダブすることによって作られている。エヴァンズの愛奏曲がずらりと並ぶ。と思ったら最後の2曲だけはパスクァのオリジナル。この試みが見事に成功しているかは判断保留だが、そのエヴァンズ愛は充分に伝わる。

482  ウディ・ショウ   Stepping Stones /Woody Shaw

ウディ・ショウは44歳で不幸な死(事故死)を遂げたが、実力のある優れたプレイヤーだった。
自ら組んだバンドも素晴らしいバンドで、このアルバムでも空中戦のような演奏が飛び交う。
Woody Shaw(cor,fluegelhorn),Carter Jefferson(ts,sa),Onaja Alan Gumbs(p),Clint Houston(b),Victor Lewis(ds)

483  スティーヴ・トゥーレ    The Spirits Up Above / Steve Turre

トゥーレは主流派のジャズをやり続けてている優れたトロンボーン奏者なのだが、いま一つ知名度が上がっていないかも知れない。このアルバムのようにJ.カーター、V.ハーリング、M.ミラー等をそろえてローランド・カーク曲集をやるような楽しめることもやっている。

484  ニコラ・スペイトン   Into The Blue / Nicholas Payton

ロイ・ハーグローブ、ウォーレス・ルーニーが若くして亡くなって淋しくなったトランペット界だが、1973年生まれのこのニコラス・ペイトンも期待の星だ。

485  ビル・エヴァンス   Turn Out Of The Stars / Bill Evans

1980年、エヴァンズ死の3カ月前のヴィレッジ・ヴァンガードでのラスト・ライブの記録。
6枚組のボックスセット。残念ながら今は大変高価になっているがエヴァンズ・ファンなら何とかして聴きたい。

486  キップ・ハンラハン  Coup De Tete  / Kip Hanrahan

キップ・ハンラハンがプロデュースするAmerican Clave(アメリカンクラ―ヴェ)からは1枚1枚が密度の高いアルバムが出ている。この「クー・デ・テテ」でも曲によってはカーラ・ブレイ、チコ・フリーマン、アート・リンゼイ、フレッド・フリス、ジャマラディーン・タクマなどを起用してまるで1冊の短編小説集のような世界を作っている。
ともあれ上質なジャズであることは保証する。

487  キップ・ハンラハン  Vertical’s Currency  / Kip Hanrahan

ラテン・ブラス&パーカッション・アンサンブルの中から湧き上がるジャック・ブルースのヴォーカルそしてデヴィッド・マレイのサックスの咆哮!。

-Shadow Song

 

488  キップ・ハンラハン  A Thousand Nights And A Night (千夜一夜物語) / Kip Hanrahan

ハンラハンが作る音楽世界については上記2枚と同様だが、このアルバムでは晩年のドン・ピューレンが起用され美しいピアノを聴かせる。

489 ミシェル・サルダビー Night Blossom / Michel Sardaby

490 チェット・ベイカー&アートペッパー Playboys / Chet Baker&Art Pepper

PacificJazzの名盤。ペッパー、ベイカーの他にフィル・アーソ(ts)、カール・パーキンス(p)、ローレンス・マラブル(ds)、カーティス・カウンス(b)。やっている7曲のうち5曲がジミー・ヒースの曲(For Minors Only など)というのも面白い。

Sponsored Link

491~500

491 パラレル・リアリティーズ Parallel Realities Live

この2枚組CDは幻化してもはや入手困難なようだ。パラレル・リアリティーズ(ジャック・ディジョネット、パット・メセニー、ハービー・ハンコック、デイヴ・ホランド)の1990年フィラデルフィアでのライブ。
前のめりのホランドのベースを筆頭にこの4人が作りだす疾走感は凄まじい

492 アダムス~プーレン・カルテット George Adams~Don Pullen Quartet  Live At Montmartre

アダムス~プーレンのカルテットにジョン・スコフィールドが何の違和感もなく加わって素晴らしいライブを繰り広げる。これはクセになる。オランダ、Timelessレコード。

493 ジャッキー・マクリーン&デクスター・ゴードン The Meeting /J.McLean&D.Gordon

もし、ヨーロッパにSteepleChaseというレコード会社が無かったらと思うとゾッとする。これだけ多くのアメリカ・ミュージシャンの貴重な記録を残してくれた。
このアルバムは1973年コペンハーゲン、クラブ・モンマルトルの記録。ケニー・ドリュー(p)、ニールス‐へニング・ぺデルセン(b)、アレックス・リール(ds)

494 チェット・ベイカー Mr. B /Chet Baker

これもTimelessレコード。ドラムレスのトリオ演奏。1983年オランダ録音。
後期のベイカーの音楽は優しく響く。

495  スティーヴ・トゥーレ    Rainbow People / Steve Turre

新感覚だけど主流派のジャズ。マルグリュー・ミラーのピアノが光る。
ケニー・ギャレット(as)とシーン・ジョーンズ(tp) もいい。

496  ドン・チェリー ART DECO / Don Cherry    


ドン・チェリーのこれは完全にメインストリーム・ジャズ。
ドン・チェリー(tp)、ジェームス・クレイ(ts)、チャーリー・ヘイデン(b)、ビリー・ヒギンズ(ds)というメンツが素晴らしい。

497  フィリップ・カテリーン    I Remember You / Philip Catherine

カテリーン(guitar)とトム・ハレル(フルーゲルホーン)とベースのトリオでNardisなどスタンダードとオリジナル曲を。チェット・ベイカーへデディケートされている。

498  ジャック・マクダフ  Tough ’Duff / Jack McDuff 

J.マクダフ(org)にジミー・フォレスト(ts)、更にレム・ウインチェスター(vib)という組み合わせの妙が成功。

499 カーラ・ブレイ Trios / Carla Bley

2013年のECM盤
Carla Bley (piano)
Andy Sheppard (ts & ss)
Steve Swallow (bass)

500 ズートシムズ&バッキーピザレリ  NIRVANA / Sims,Pizzarelli,Rich,Hinton 

この密やかな音楽を聴いていると何故「ニルヴァーナ」というタイトルがついたか分かる気がする。
シムズ&ピザレリを中心にバディ・リッチとミルト・ヒントン。

 

まとめ~過去に発表したBEST450

500枚完結しました。 長い時間がかかりました。

訪れて頂いて誠にありがとうございます。
Thank you very much for visiting the site.

過去に発表した1~450 です。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2021 All Rights Reserved.