JAZZという音楽の魅力を中心に

ジャズの名曲シリーズ:I’m Confessin’ (that I Love You)  アイム・コンフェッシンの名演8選

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
Sponsored Link

 

1920年代に作られた I’m Confessin’(that I love you)  という曲があります。

タイトル通り「(あなたを愛してるって)告白してます」って曲なんですが、
なかなかいい演奏や歌唱が多いので、、、特集します。

まずは古い演奏から。

ファッツ・ウォーラー

ファッツ・ウォーラー(ピアノ)の楽団の演奏が一番最初に録音されたもののようです。

この時にはまだタイトルが違っていたようです。
(Lookin’ For Another Sweetie って全然違いますねぇ^^)

 

コニー・エヴィンソン

ちょっと早いですが、筆者が大好きなアメリカの歌手、コニー・エヴィンソンが歌ってくれていますので、それを先に聴きたいと思います。

ジャンゴスタイルで歌っているアルバム〈Gypsy In My Soul〉の中に入っていました。

ペギー・リー

’40年代の録音に戻りますが、ペギー・リーです。
このペギー・リーの歌を聴くと↑のコニー・エヴィンソンはペギー・リーの影響を受けていたのかとも思いました。

 

Sponsored Link

レスター・ヤング

プレスことレスター・ヤングもやっています。オスカー・ピーターソンとの共演盤でのことです。

この曲、何故かレスターにぴったりな曲という気がします。(初めてテナーサックスを慈しむように優しく吹いたレスター)

 

Lester Young — tenor saxophone
Oscar Peterson — piano
Barney Kessel — guitar
Ray Brown — double bass
J. C. Heard – drums

これですね。↓ これのボーナストラック。

セロニアス・モンク

そして「あの」モンクもちゃんとやっているのです。

‘あいむこんふぇっしん’ ーーー不器用な男の告白です。

ポール・チェンバース

意外に思われるかも知れませんがポール・チェンバースの大名盤〈Bass On Top〉
の中でも演奏されていました。ベースでメロディを弾いています。
ピアノはハンク・ジョーンズですねー!

 

Sponsored Link

ダグ・ワトキンス

あと同じベーシストのダグ・ワトキンスがやっていますが、こちらはチェロを弾いていますね。
フルートはユセフ・ラティーフです。これもいい演奏です。
(ベースは別にハーマン・ライトが入っています)

 

ダイアナ・クラール

最後は現代のピアノ&ヴォーカルの代表、ダイアナ・クラールにしましょう。
ヴァイオリンなども入れて昔の雰囲気を出しています。
ギターが驚くことにマーク・リボーです。

 

まとめ

こういう曲は古いものがいいですし、新しい録音でも、古い雰囲気を出すようにしていますね。

それにしてもいい曲です。懐かしい雰囲気になります。

他にも正に当たりのサッチモ、ジャンゴ・ラインハルト、ケニー・バレル、ソニー・スティット、アール・クルー、ケニー・バロンなどの演奏がありましたが、完成度(と好み)で上の8曲を選びました。

★ありがとうございました Thank you for visiting the site.

Sponsored Link

◆スタンダード・ナンバー一覧はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2021 All Rights Reserved.