JAZZという音楽の魅力を中心に

It’s the Talk of the Town (街の噂)という古い曲を聴きなおしてみよう【12バージョン】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
Sponsored Link

It’s the Talk of the Town (日本語タイトルは「街の噂」だったと思います)
という佳曲があります。
曲の由来は良くわかりません。

ジャズ曲というよりポピュラーソングのように思います。

 

この曲はマーティ・サイムズ、アレン・J・ニーバーグ作詞、ジェリー・リヴィングストン作曲の1933年の作品だ。ミュージカル、映画とは関係なく、バンド・ナンバーとしてつくられたようだ。—ジャズ詩大全・電子版より引用

 

聴いてみましょう! 皆さんも聞き覚えがあると思います。

レイ・コニフ・シンガーズ

ポピュラー・ソングだと思うのでまずはレイ・コニフ・シンガーズで聴きましょう。

 

いい感じですねー!
何か「古き良き時代」という雰囲気ですね。
レイ・コニフ・シンガーズは一世を風靡した楽団で、日本でもテレビ番組をやっていたような記憶があります。
後のSingers Unlimited などに引き継がれるコーラスですね。

ブレンダ・リー

続けてポップス畑のグレイトなシンガー、ブレンダ・リーの歌でも聴きましょう。


ブレンダ・リーの声にはノスタルジーを感じます。
この人もワン・アンド・オンリーな声を持った歌手でした。

ジャズ曲としての伴奏バージョン

この曲をジャズ曲として演奏する(歌う)場合の伴奏音源・楽譜がありましたので、ジャズ・バージョンにゆく前に見てみたいと思います。
曲の成り立ちが良く分かりますので。

Sponsored Link

コールマン・ホーキンス

ではジャズ演奏でのこの曲に行きます。 まずは「テナーの父」コールマン・ホーキンスの演奏です。

Coleman Hawkins – tenor sax
Howard McGhee – trumpet
Sir Charles Thompson – piano
Allan Reuss – guitar
John Simmons – bass
Denzil Best – drums
 Recorded in Los Angeles March 9, 1945

ホーキンスは後年のこのアルバムでもTalk of the Town を演っていました。こちらではピアノがトミフラでした。

ワーデル・グレイ

ホーキンスよりは大分若いのですが、同じような貫禄ある演奏を聞かせるワーデル・グレイのテナーでも聴きます。

 

これもいいメンバーですよ。
Wardell Gray (tenor sax), Al Haig (piano), Jimmy Raney (guitar), Tommy Potter (bass), Charlie Perry (drums)

ディズ&ゲッツ

 

Dizzy Gillespie (trumpet), Stan Getz (tenor sax), Oscar Peterson (piano), Herb Ellis (guitar), Ray Brown (bass), Max Roach (drums)

ディジー・ガレスピーとスタン・ゲッツのバラード・プレイです。いいですね。ピアノがオスPですね。
若い頃からこんな演奏が出来たゲッツはやはり天才ですね。
Sponsored Link

ジュリー・ロンドン

テナーサックスの演奏が続きましたので女性歌手ーージュリー・ロンドンの歌で聴きましょう。あっさりと歌っていますね。

 

レスター・ヤング

またテナーサックスに戻ります。

レスター・ヤングを忘れてはいけません。

tpのハリー”スウィーツ”エディソンとの共演からの演奏です。

 

レスターの演奏はこの曲に合っていると思います。1955年です。

ジーン・アモンズ

 

ボス・テナーのトップ、ジーン・アモンズのテナーでも聴きましょう。

Sponsored Link

ヒューストン・パーソン&テディ・エドワーズ

アモンズの跡を継ぐテナー、ヒューストン・パーソンもやっています。途中からテディ・エドワーズも入ります。

これはオムニバス盤からのピックアップです。↓

 

ダスコ・ゴイコヴィッチ

この曲はテナーサックスが合うようです。
アルトサックスではあり得ないですね。

ユーゴ(マケドニア)のトランぺッター、ダスコ・ゴイコヴィッチの若いころの演奏があります。

ハンク・ジョーンズ

最後はピアノ・トリオの演奏で締めたいと思います。

古くはアート・テイタム、エロール・ガーナー、テディ・ウィルソンなどの演奏もあり
またバリー・ハリスのいい演奏などもあったのですが、、

ここは好みでハンク・ジョーンズの(ライブ)演奏にします。

 

まとめ

It’s the Talk of the Town

というほぼ忘れられかけている(?)曲を聴いてみました。

いかがだったでしょうか。 素敵なメロディを持った粋な歌だったと思います

ありがとうございました

◆スタンダード・ナンバー一覧はこちら

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2020 All Rights Reserved.