JAZZという音楽の魅力を中心に

ビーチボーイズ(ブライアン・ウィルソン)の曲Don’t Worry Baby とそのカバー、そしてBe My Babyとの関係

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

キャッチ画像はYouTubeより引用

Sponsored Link

Don’t Worry Baby 

ザ・ビーチボーイズ1964年の曲で、勿論ブライアン・ウィルソンが作っています。

いい曲です。

当然カバーも生まれていますが、

何だかポップス曲のスタンダード・ナンバーのようになっていると思います。

*例えば「アンチェインド・メロディ」「スタンド・バイ・ミー」のような。

*映画「最高の人生のはじめ方」(モーガン・フリーマン、ヴァ―ジア・マドセン主演)の最初でもこの曲が流れ嬉しくなりました。

ビーチボーイズのオリジナル

オリジナルを聴きます。発売時シングル盤ではB面曲だったのです。

 

出だしの音、一瞬〈Be My Baby〉を思わせます。曲の構成にも似たところがあります。
ブライアン・ウィルソンはBe My Babyを「理想のポップス曲」と言っていたそうですから。

ザ・ロネッツのBe My Babyとそのカバー ⇒

オリジナル収録アルバム↓

ロニー・スペクター

という訳で、Be My Babyを歌ったザ・ロネッツのリード・ボーカル ロニー・スペクターもちゃんと歌っています。

 

ビリー・ジョエル

ビリー・ジョエルがライブ映像で歌っています。
この曲ビリー・ジョエルに良く似合います。

*一種のハッピーソング(人を幸せな気分にする歌)ですね。
 何しろ、ドント・ウォーリー・ベイビー! なんですから。

 

Sponsored Link

ヒューマン・ネイチャー

話は繋がっていくものでして、さきほどの〈Be My Baby〉の見事なカバーをやっていたオーストラリアのコーラスグループ、ヒューマンネイチャーが、やはりというかこのDon’t Worry Baby もカバーしているんです。

 

ウィルソン・フィリップス

 

ウィルソン・フィリップス(Wilson Phillips)は、1990年にチャイナ・フィリップス(Chynna Phillips、1968年 – )とカーニー・ウィルソン(Carnie Wilson、1968年 – )、ウェンディ・ウィルソン(Wendy Wilson、1969年 – )姉妹によって結成されたアメリカの女性コーラスグループ。
カーニーとウェンディはザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンを父に持つ2世アーティストである。
ーーーWikipediaより

何だか話が連鎖ループしてゆきます。ブライアン・ウィルソンの娘のグループだなんて。

 

 

スーザン・カウシル

Susan Cowsill – Don’t Worry Baby

カウシルズというグループがあったことを覚えてあるでしょうか?
彼女はその一番若いメンバーでした。

 

Sponsored Link

ロリー・モーガン with ビーチボーイズ

 

ブライアン・フェリー

 

このブライアン・フェリーのカバーのイントロ、Be My Babyと全く同じですね。

ここに至って、この曲がブライアン・ウィルソンによるフィル・スペクター&Be My Babyへのデディケートソングとして公認されていることを確信しました。

B.J.トーマス

知らなかったのですが、アメリカではカントリー歌手B.J.トーマスによるカバーも有名なのですね。

 

ビーチボーイズ・ライブ・イン・ジャパン 2012

最後はビーチボーイズの日本公演(2012年)の映像にします。 この曲、時間の経過を経てビーチボーイズの代表曲になっていたのですね。

まとめ

この記事を書くことによって、

フィルスペクター、ザ・ロネッツ、Be My Baby、ブライアン・ウィルソン、Don’t Worry Baby

の関係が分かってきました。(書く前は分かっていなかったのです^^)

とにかく「いい曲」は色々な広がりを持つものなんですね。

 

最後まで読んで下さってありがとうございます。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2020 All Rights Reserved.