JAZZという音楽の魅力を中心に

In The Still Of The Night 「夜の静けさに」:ジャズ版とドゥー・ワップ版の両方を聴く

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
Sponsored Link

In The Still Of The Night (イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト)

という曲2種類あります。

●1つはコール・ポーター(Cole Porter)が作曲したジャズ・スタンダード曲
 こちらは邦題が「夜の静けさに」とつけられています。

●もう一つがドゥーワップ・コーラスのヒット曲としてのIn The Still~

〇「夜の静けさの中で」というまた別の日本の曲もあります。

どちらも良いメロディのいい曲なので、今回は両方を取り上げます。

ネットの検索にこの曲名を入れるとドゥーワップ曲としての記事ばかりが先に出ますので、一般にはそちらの方が有名なのでしょうね。 ジャズに興味ない方はコーラスの方だけでもどうぞ。

ジャズ・スタンダードとしてのIn The Still Of The Night

 

シンガーズ・アンリミテッド

まずは印象的なコーラスのシンガーズ・アンリミテッドのバージョンから!

*シンガーズ・アンリミテッドはアカペラで歌うことも多いのですが、ここではインスト付きです。

 

ジュリー・ロンドン

ジュリー・ロンドンが歌ってくれていました。
しかもジャズコンボ伴奏でカッコよく決めてくれています。

やはりいいですね~ジュリー・ロンドン。

 

ローズマリー・クルーニー

ジュリー・ロンドン盤と同じような雰囲気でローズマリー・クルーニーも歌っています。 これもジャジーでカッコいい歌唱です。

クルーニーの方がジュリー・ロンドン以上にジャズだったかもしれないですね。

ステイシー・ケント

アメリカのジャズ歌手Stacey Kentが歌っているのがなかなかいい感じですので、それを聴きましょう

このアルバムの伴奏をしているのはイギリスのミュージシャンだそうです。ピアノ、ギターなどが良くて、立派なジャズアルバムに仕上がっています。

Sponsored Link

ネヴィル・ブラザーズ

ちょっと珍しいものを。ネヴィル・ブラザーズ(4人兄弟のコーラス・グループ)。R&Bグループでしょうが、この曲はジャズっぽく歌っています。

ボーカルはジャズとR&Bの混合の感じですが、バックバンド・アレンジはジャズというちょっと不思議な In The Still~ でした。

 

チャーリー・パーカー

インスト演奏になりますが、チャーリー・パーカーがコーラス付きで演っています。
あの有名な〈With Strings〉の中に入っている訳ではありません。
このようなものでもパーカーはパーカーですよねー。

エリック・アレキサンダー

Eric Alexanderのカルテット。
2003年チーバスジャズ・フェスティバルでのライブ映像です。

かなりの急速テンポで演奏しています。7分過ぎからラテンナンバーに乗せたメンバー紹介になります。

Eric Alexander :tenor sax
Harold Mabern : piano
John Webber : bass
Joseph Farnsworth : drums

Sponsored Link

ヤン・ハーベック

デンマークの新しいテナーサックス、ヤン・ハーベックのカルテットの演奏。

 

アルバム・タイトルにこの曲を使っています。

 

エディ・ヒギンズ

ピアノ・トリオで聴きましょう。
日本のVenusで録音されたエディ・ヒギンズ・トリオです。

Eddie Higgins-piano
Jay Leonhart-bass
Mark Taylor-drums

フランク・シナトラ

またボーカルに戻って、最後はシナトラです。 こういう曲もシナトラは得意ですね。

Sponsored Link

ドゥーワップ曲としてのIn The Still Of The Night

 

フレッド・パリスとサテンズ (The Five Satins)

オリジナルヒット、Fred Parris and The Satins(The Five Satins ともーー4人なのに)
1955年の動画です。

 


*この中では〈I’ll Remember〉という曲名になっています。 

 

Fred Parris and The Satins 

後年の映像です。(何年という表記がないので分かりませんが)全く衰えはなくむしろ成熟した感じですね。観客も楽しんでいますね。素晴らしい。

シャ・ナ・ナ

ここからカバーです。

カバーと言えば、まずSHA NA-NA! 彼らのカバーはいつも絶妙です。

(*間奏のサックス音がオリジナルよりチープですがそこはご愛嬌で)

ボーイズIIメン

もう一つのカバー最高!のグループと言えばBoyz II Men

ザ・オーバートーンズ

白人コーラス・グループ The Overtones によるカバー。

*間奏サックス演奏はこれが一番イイかも。(間奏、けっこう大事なんですよね~)

Sponsored Link

ディオン

Dionもカバーしていました・・・

 

 

ビーチボーイズ

 

東方神起

韓国の5人グループ東方神起によるアカペラコーラス。

何故日本の男性アイドルグループはこういうコーラスをやらないのでしょうか?

 

おわりに

 ーーIn The Still Of The Nightーー

ジャズのスタンダード・バージョン10個、ドゥーワップ・バージョン8個

ーーーを聴きました。

ありがとうございました
Thanks a lot for visiting the site !

Sponsored Link

◆スタンダード・ナンバー一覧はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2020 All Rights Reserved.