JAZZという音楽の魅力を中心に

7月5日プレバト、新特待生誕生!中田喜子は女性初の名人になれるか

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

【特記無き全ての画像は番組HPより引用】https://www.mbs.jp/p-battle/

Sponsored Link

7月に入って初めての

プレバトー俳句の才能査定ランキングです。

お題は「かき氷」

出演者

・熊谷真実

・岩永徹也(MENSA会員にしてJAXAの宇宙飛行士適性試験を受けオールトリプルA の評価を受けた)

・徳光和夫

・浅利陽介

・尼神インター・誠子

特待生昇格試験

・千原ジュニア (特待生4級)

・中田喜子   (特待生1級) 

 

◎「新特待生誕生」と予告にあります。

特待生になるのは次の3人の中からでしょう。

◎そして現在1級の中田喜子が悲願の名人に昇格できるのか?

Sponsored Link

*番組が始まり次第ここで速報します。

査定結果速報

 

3位 尼神インター 誠子

好きなのに 溶ける言葉と 氷水

⇩ 

片恋や 溶ける言葉と 氷水

千原ジュニア:氷水?かき氷でいいんじゃないか?

中田:私にもこういう時代がありました!
先生:氷水に季語としてかき氷の意味があるからいいが、かき氷の方がわかりやすいか?
「溶ける言葉と 氷水」には詩がある。
問題は「好きなのに」:俳句は因果関係を説明することを嫌う。

4位 浅利陽介

かき氷 先取りし過ぎた 外は雨

⇩ 

外は雨 されど我らの かき氷

先生:「先取りし過ぎた」は余計な説明。

これでは季語の「かき氷」にがっかり感しかない。季語に敬意を。

2位 徳光和夫

路地裏の 記憶をたどる かき氷

⇩ 

(参考)
路地裏の 記憶かき氷は 甘し

先生:とても、おだやかに丁寧に詠まれている。

しかし、季語を具体的に描写することでより鮮明な句となる。

5位 熊谷真実

長瀞ながとろに 滑る小舟の 氷飛沫ひょうしぶき

⇩ 

長瀞の夏よ 氷のごと飛沫

熊谷:長瀞は地名、ライン下りで有名。

中田:すべっちゃいましたねー。氷は冬の季語

先生:凝りに凝っているうちに季語を忘れた例。季語は何?と考えれば気づくはず。これでは極寒の中命がけのライン下りの句になっている!
長瀞(ながとろ)という地名は信じる。
氷のごと と比喩にするしかない。

1位 岩永徹也

かき氷 思ひ出に色 加えたり

⇩ 

かき氷 思ひ出に色 加たり

千原ジュニア:しゅっとした男前な俳句やなー!
先生:シンプルな言葉だけで出来ているが、世界、奥行きがある。詩として成立している。かき氷という言葉の懐かしさも見事に表現。
直すなら1点だけ。歴史的仮名遣いを使うならもう1箇所もそれで統一すべき。

岩永徹也これで4回連続で「才能アリ」
先生:よって、特待生に昇格して苦労してもらうしかない!

Sponsored Link

特待生昇格試験

千原ジュニア

家族旅行 上がる花火に ジロ逃走

⇩ 

家族旅行の 花火にジロの 遁走とんそう

千原:家族旅行に連れていった犬がジロ。

先生:評価のポイントは「上がる」

査定結果は現状維持

全体が散文的、詩的になるように添削した。

「遁走」と言う言葉を使うと、ユーモラスで可愛くなる。

中田喜子

削氷けづりひの けづりし音や 海に消へ

⇩ 

削氷の 音や光れる 波に消ゆ

査定は現状維持

先生:俳人の耳が作った作品。削氷は優雅な言葉。
ただ小さな問題点が4つある。

1.削氷とけづるを重ねる意味があるか?
2.けづり は過去形→結局「けづりし」を止めれば2点解決する。
3.消えるのはへ?ではないか。(音と波のイメージのつながりも出る)
4.消へ→消ゆ

添削句、これなら、きれい!名人になれた。

まとめ

特待生に昇格したのは岩永徹也でした。

中田喜子の名人昇格はお預けになりました。
(中田、泣いてました)

★夏井いつき先生の新刊です。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.