JAZZという音楽の魅力を中心に

マイケル・ボルトンのソウル・ミュージックを中心にしたカバー曲を聴いてみよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

マイケル・ボルトン(Michael Bolton、1953年2月26日 – )

のソウル・ミュージックのカバーでも聴きたい気分です。

我が心のジョージア

という訳で、まず聴くのは Georgia On My Mind

言うまでもなくオリジナルはレイ・チャールズ。

マイケル・ボルトンなどのシンガーが歌うソウルは「ブルー・アイド・ソウル」(青い目のソウル)などと呼ばれることもあります。
かなりソウルフルに歌い上げていますが、やはり黒人ソウルシンガーとは少し違うようです。
間奏のサックスは・・・誰か分かりません。

男が女を愛する時

When A Man Loves A Woman

ソウルミュージックの名曲ですね。オリジナルのパーシー・スレッジは’66年のことでした。

これはライブ動画で見ます。

ドック・オブ・ベイ

Sittin’ On The Dock Of The Bay

オーティス・レディング

この曲のような超有名曲で、たくさんカバーされている曲はさすがに歌いにくかったかもしれません。しかしボルトンもカバーとしてヒットしたようですね。

Sponsored Link

リーン・オン・ミー

Lean On Me  オリジナルはビル・ウィザース(’72)

Lean:(まっすぐな姿勢から)上体を曲げる、かがむ、そり返る、体を乗り出す、(…に)もたれる、寄りかかる、(…に)頼る、すがる
—Weblio 翻訳
■以上の4曲は全てこのアルバムに入っています。
 
 

クロース・トゥ・ユー

ソウルではないカバーも聴いてみましょう。
 Close To you  
この曲はカーペンターズの歌が圧倒的に有名ですね。
もともとはバート・バカラックの曲でカーペンターズの前にディオンヌ・ワーウィックダスティ・スプリングフィールドがカバーしていましたが、今やカーペンターズの曲という感じです。

青い影

プロコル・ハルムの A Whiter Shade Of Pale もボルトンがカバーしています。最後にこれを聴いて終わりにします。

ボルトンの声はこのようなソフトロックが一番向いているのかもしれません。しかしオリジナルに限りなく近い歌唱でした。
いや、ソウルナンバーのカバーも悪くないのですが、まあ、気分によって聴く感じでしょうか。

◆マイケル・ボルトンはオリジナル・ヒットもあるようですが、私が好きなのはカバー曲ばかりなので、今日はカバーだけを聴きました。

★ありがとうございました★Thanks a lot for visiting ★

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.