ボズ・スキャッグスの完全ジャズアルバム、But Beautiful は見事な仕上がり

      2018/02/08

Sponsored Link

ボズ・スキャッグスといえばドナルド・フェイゲンなどとともにAOR:Adult-Oriented Rock(アダルト・オリエンテッド・ロック)の旗手という認識でした。

しかし、紹介する2003年のアルバムBut Beautiful は完全ジャズアルバムとしてジャズファンも納得のアルバムに仕上がっています。

ボズの基本情報

1944年6月8日生まれ

ヒット曲で最も有名なのは

We Are All Alone
Slow Dancer 

あたりでしょう。

アルバムではこれですね。

We Are All Alone を聴きましょう。

この曲は大ヒットでしたね。’70年代でした。懐かしいです。

But Beautiful というアルバム

さて本題のこのアルバムです。

完全ジャズアルバムと書きましたが

その理由は

.ジャズのスタンダードナンバーだけを歌っている。

.バンドがカルテット(サックス、ピアノ、ベース、ドラムスの四重奏)編成である。

の2点です。

◎曲目は次の11曲です。

1. ホワッツ・ニュー
2. ネヴァー・レット・ミー・ゴー
3. ハウ・ロング・ハズ・ディス・ビーン・ゴーイング・オン
4. ソフィスティケイテッド・レディ
5. バット・ビューティフル
6. ビーウィッチト
7. イージー・リヴィング
8. アイ・シュッド・ケア
9. ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ
10. フォー・オール・ウィ・ノウ
11. マイ・ファニー・ヴァレンタイン
*但し11曲目は日本盤だけのボーナス・トラックで輸入盤には入っていません。
 
◎バンド
 
Paul Nagel ポール・ネイグル :ピアノ&アレンジ
Eric Crystal エリック・クリスタル:サックス
John Shifflett ジョン・シフレット:ベース
Jason Lewis ジェイソン・ルイス:ドラムス
 
Sponsored Link

 

Never Let Me Go

 3曲ほど聴きたいと思います。
どの曲もいいのですが、筆者が最も気に入った3曲を選びます。
 
1曲目はNever Let Me Go 「 私を離さないで」 
 
 

●ボズの歌い方、声はAOR出身の人という雰囲気は残っていますが、
ジャズが好き!という気持ちがジャズ・ヴォーカルになっています。

そしてバックバンド(カルテット)が素晴らしいです。
よくポップス系の人がジャズをやる時に、まずストリングス入りオーケストラなどを使うことも多いのですが、これは完全にジャズの伴奏です。

プレイヤーは知らない人ですが、聴く限りちゃんとしたジャズ・ミュージシャンですね。
いわゆるアドリブなどはしないので、ハードなジャズではないのですが、よくアレンジして、きっちりとしたジャズ・アルバムに仕上げています。

この曲ではサックスがいい味です。

 

For All We Know

大好きな曲 For All We Know もちゃんとやっていてくれています。
この曲、ビリー・ホリデイの時代からさまざまなジャズアーティストがやった曲です。

最近ではジミー・スコット⇨の絶唱も印象に残っています。

モダンな曲想なので、クラプトンやロッド・スチュワートも歌っていました。

●この曲でのボズは、もう文句のないジャズ・バラード・シンギングですね。

繰り返しますが特別なことはしていないのですが、きっちりJAZZを演奏するバックバンドが好感が持てます。(こういうミュージシャンがアメリカにはたくさんいるのですね)

ボズ・スキャッグスは昔からジャズが好きで、ジャズを歌いたかったのだろうなーと感じさせます。

 

My Funny Valentine

3曲目はMy Funny Valentineです。
(この曲のために日本盤を買うべきですね)

●どこで書こうかと思ったのですが、ボズはチェット・ベイカーが好きでたまらない人だと思います。

この曲、もちろんチェット・ベイカー⇨の歌唱が一番有名です。

一つ一つの言葉を噛みしめるように丁寧にボズは歌っています。

ボズ・スキャッグスいい歌唱です。

 

まとめ

ボズのアルバム but beautiful にスポットをして

そのアルバムから3曲を聴きました。

アメリカではポップスやロック系の人が、ある程度歳を取るとジャズのアルバムを出すことが多いようです。

例えば(私が知っているのでは)リンダ・ロンシュタット、バリー・マニロウ、ロッド・スチュワートなどがありました。

しかし、このボズは本当にジャズが好き!という思いが伝わるアルバムでした。

バリー・マニロウのジェリー・マリガンと共演したアルバム(Paradise Cafe,Swing Street)もいい出来でした。

Thanks A Lot For Visiting The Site★ 

Sponsored Link

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ジャズ