JAZZという音楽の魅力を中心に

カレン・ソウサの2枚のアルバムを聴く〈Hotel Souza〉〈Essentials〉

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

キャッチ画像出典:http://www.milenio.com/cultura/karen_souza-jalisco_jazz_festival-argentina-cantante-milenio-noticias-jalisco_0_988101229.html

Sponsored Link

音楽は、時に別世界に連れて行ってくれます。

アルゼンチン、ブエノス・アイレス出身の歌手カレン・ソウサを聴いているとそんな気分になることもあります。

彼女のアルバム「ホテル・ソウサ」を紹介します。

ブエノスアイレスパリ

アルバム Hotel Souza

1曲目〈Paris〉

ソウサの声、ハスキーなのですが、雰囲気がなんともアンニュイ(この言葉、使いたくなかったのですが、彼女の声にはこの言葉しかみあたりません)。

”I woke up in Paris in some hotel with you”

で始まり、最後も

”I woke up in Paris”

のリフレインで終わります。

パリのホテルで目覚めたいですね。

次は 〈Night Demon〉 

タイトル、妖しいムードが漂っていますが、聴いてみるとラテンのリズムで気持ちの良い曲です。サックスもいい雰囲気で吹いています。

 

Sponsored Link

〈Dindi〉

アントニオ・カルロス・ジョビンの曲 DINDI なども歌っています。

ソウサの声で、これほどスローテンポで聴くと曲のイメージが変わります。
間奏のフルートもいいですね。

My Foolish Heart

このアルバムから最後にスタンダード・ナンバー「マイ・フーリッシュ・ハート」を聴きましょう。

 

あー、いいですね。
やはり、こういうスタンダード曲を歌ってくれると嬉しいです。

このピアノ、「あの」アラン・パスクゥア(Alan Pasqua)が弾いています。

以上「ホテル・ソウサ」からの4曲でした。

 

 

アルバム Essentials

ソウサの、ひとつ前のアルバム「エッセンシャルズ」はヒット曲のカバーアルバムでした。
だいぶ雰囲気は違いますが、こちらも愉しめるアルバムでした。

Smooth Operator

シャーディのヒット、「スムース・オペレーター」を聴きます。

Every Breath You Take

続けてスティングの「見つめていたい」

2曲聴きました。
もちろんソウサの歌声は同じですが、このようなややポップス寄りのカバーだと、とても愉しいです。
また、その選曲がとてもいいですね。ここに紹介する3曲でも分って頂けるでしょう!

あと、1曲はマイケル・ジャクソンの「ビリージーン」を聴いておわりにします。

Billie Jean

まとめ

カレン・ソウサの2枚のアルバムから7曲を選びました。

タイプの違う2枚でしたが、それぞれに魅力のあるアルバムでした。

この後、最新アルバムVelvet Vaultが出ていて、日本人フルーゲルホーン&ヴォーカルのTOKUとのデュエット曲なども入っているそうですが、それはまだ聴いていません。

 

Thank you very much for looking at the site.

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.