JAZZという音楽の魅力を中心に

5/22夜、村上春樹の村上RADIO特番「ステイホーム・スペシャル」でかけた19曲のリスト

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
Sponsored Link

 

村上春樹がTOKYO-FMで不定期にやっている番組「村上RADIO」で

5月22日夜に「村上RADIO・ステイホームスペシャル

という特番を放送するそうです。

日時・内容

5月22日(金)

Part1:22:00~22:55
Part2:23:00~23:55

2時間の特番です。

TOKYO-FMの公式サイトで内容が見れますが、そこに

僕にできることはとても限られているのですが、少しでも元気の出る、少しでも心が和む音楽を、僕なりに選んでみました。それを普段使っているプレイヤーでかけます。だから、いつもとちょっと音が違うかもね。ようこそ僕の書斎に。

 

と書いてあります。

「明るい明日を迎えるための音楽」がテーマです。とも書いてあります。

音楽ファンの筆者としては村上春樹さんがどんな音楽をかけてくれるかとても興味があります。

それに「自宅書斎からいつもの音で」というのも興味深いですね。


ご存知のように村上春樹さんはジャズ、ポップス、クラシックなど幅広い音楽に精通している人なので、
何がかかっても不思議ではありません。
果たしてJAZZがかかるでしょうか?
どうもPOPSが多くなりそうな気がしますが・・・?

*視聴者からのメッセージも受け付けているようです。(5月17日締め切り)
 運が良ければ村上さんからメッセージに対するanswerをもらえるかもしれません。

Sponsored Link

読売新聞の記事

5月12日の読売新聞でも紹介されていました。

視聴する方法

TOKYOーFM(80.0MHz)を視聴できる方は問題ないのですが、地方の方はどうやって?と思われるかもしれませんね。

でも心配は要りません。TOKYO-FMは全国38局ネットなので、
あなたがお住まいの地域では、どのFM局がやっているかをネット検索してください。

ちなみに私が住んでいる福岡市では

FM福岡(福岡市80.7MHz)がネットされています。

まとめ

22日の夜が愉しみですね。

たっぷり2時間というのも嬉しいです。

私の興味は「かけてくれる音楽」に集中しているのですが、

このコロナウィルスの騒ぎや、アフターコロナについての村上さんの意見?を聞くこともできるかも知れません。

Sponsored Link

村上春樹がかけた音楽リスト

「こんばんわ、村上春樹です」で始まりました!

part1

1.Look For The Silver Lining /モダン・フォーク・カルテット

どんな暗い雲でもその裏には明るい面があるんだよ!という曲ですね。
Jazzではチェットベイカーの歌と演奏が有名です。

2. Waitin’ On A Sunny Day /ブルース・スプリングスティーン

3. 雨に濡れても(Raindrops Keep Falling On My Head)/ロナルド・アイズレー&バート・バカラック

4. Here Comes The Sun / ニーナ・シモン

5. You’ve Got A Friend / キャロル・キング

6. Over The Rainbow / エラ・フィッツジェラルド
   (テナーソロ:プラス・ジョンソン)

7. Sun Is Shining / ボブ・マーリー      

8. What A Wonderful World / ルイ・アームストロング

9. Happy Birthday Sweet Darling / ケイト・テイラー

 

part2

10. Smile / エリック・クラプトン 

11. My Favorite Things / キャスリーン・バトル&アル・ジャロウ

12. 黄色いリボン  / 小野リサ

13. Happy Talk / ナンシー・ウィルソンwith キャノンボール・アダレイ・クインテット

14. They Can’t Take That Away From Me / ブライアン・ウィルソン

15. Put On A Happy Face / トニー・ベネット&ジェームス・テイラー

16. Over The Rainbow / フレッド・ロウリー(口笛)

17. We’ll Meet Again / ペギー・リーwith ベニー・グッドマン楽団

18. あなたの声に私の心は開く (サン=サーンス)(サムソンとデリラより)/ ジークリット・オネーギン

19. 世界は愛を求めている(What The World Needs Now Is Love) / ウェイ・ウェイ・ウー(二胡)

山中伸弥のラジオネーム=AB型の伊勢海老

筆者の個人的感想

やはりポップス系が多かったですね。(ジャズ味が随所にあることはありました)

「少しでも元気の出る音楽」となるとこういう感じになるのも納得します。

クラプトンのsmileとかは「なるほどー」と思いました。

そしてやはり歌ばかりでした。インスト曲は最後の二胡の演奏だけでした。

元気というのは不思議なもので、何も明るく前向きな曲ばかりが元気が出るわけでもないと思うので、例えばプロコルハムル「青い影」とかイーグルス「ホテルカリフォルニア」とかの曲調を入れても良かったのでは?と思いますが、やはり限られた時間でのラジオ番組での統一性を考えると、そこまでの逸脱や余韻を求めるのは無理なんでしょうね。

いや、文句をつける筋合いはありません!

関連記事

村上春樹の本「村上ソングズ」掲載の全29曲を聴こう(和田誠:絵)

見ると元気が出るYouTube動画3つ ⇒

 

★Thanks for visiting this site.

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2020 All Rights Reserved.