JAZZという音楽の魅力を中心に

ジャズで聴く定番のクリスマスソング:ボーカルからインスト演奏まで

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
Sponsored Link

クリスマス・ソング特集です。

●日本で一番有名なクリスマスソングは山下達郎の「クリスマス・イブ」でしょうね。
日本らしく「失恋ソング」ですね。

*この曲を巡る、あれこれ話はこちらに書いていますので、よろしかったら
御覧ください。

⇒ マツコの知らない「クリスマスソングの世界」

(こちらの記事で山下達郎マライヤ・キャリーワムなどのクリスマスソングを紹介しています)

●ここ数年、街で一番聞こえるのは
マライヤ・キャリーの〈All I Want For Christmas is You〉でしょうか。

——————————————————————-

ここでは Jazz で聴くクリスマスソングをフューチャ―します。

 

ボーカル曲

ホワイト・クリスマス/ ビング・クロスビー

アメリカで一番有名なクリスマスソングはこれでしょう。

ビング・クロスビー(Bing Crosby、1903年5月3日 – 1977年10月14日)の「ホワイト・クリスマス」

ホワイト・クリスマス」や「星にスイング」、「サイレント・ナイト」などの数々のヒット曲を世に出したこともあり、生涯のレコード売上は4億枚を超えるという。

クロスビーは他にも多くのクリスマスソングを歌っており、「クリスマスソングの王様」とも呼ばれている。
————wikipedia より引用

生涯売り上げ4億枚とは、またとてつもない数字ですね。

■そしてフランク・シナトラ(1915年12 月12日 – 1998年5月14日ともなれば、もう、あらゆるクリスマスソングを歌っています。 どれをかけるか迷うのですが下の2曲にしました。

Have Yourself a Merry Little Christmas / フランク・シナトラ

I’ll Be Home for Christmas / フランク・シナトラ

シナトラにクリスマスくらいは家で過ごしましょうーーと歌われると困りますね。(でも外で騒ぐクリスマスというのも、もう古い時代のものになったようですね)

The Christmas Song /メル・トーメ

歌の巧さではこの人ですね。メル・トーメ。

The Christmas Song / ルー・ロウルズ

美声のルー・ロウルズ(黒人)の歌うクリスマスソング

The Christmas Song / ナット・キング・コール

ナット・キング・コールも勿論同じ曲を歌っています。 こちらは動画です。


The Christmas Song /ダイアナ・クラール

女性も入れないといけませんね。ではダイアナ・クラールで。

Sponsored Link

インストルメンタル曲

■そろそろヴォーカルの無いインストルメンタルでの演奏に行きましょう。

The Christmas Song / ビジー・アデール

最初は近年日本で人気の女性ピアニスト、ビジー・アデールです。
上の4人が歌った曲をピアノトリオで聴きましょう。爽やかな演奏になっています。

ビジー・アデールのクリスマスアルバム↓

Santa Claus is Coming to Town / ビル・エバンス

あのビル・エヴァンズもやっています。これは一味違います。ソロのアルバムに入っていました。「サンタが街にやってくる」

White Christmas / チャーリー ・パーカー

もっと珍しいのはチャーリー・パーカーがやる〈White Christmas〉があることです。 1948年の演奏だそうです。

 

ジングルベル/ カウント・ベイシー楽団

ビッグ・バンドの演奏も聴きたいものですね。1曲いきましょう。カウント・ベイシー楽団です。

こういう華やかな演奏もクリスマスっぽいですね!

Have Yourself A Merry Little Christmas/ デクスター・ゴードン

テナー・サックスのデクスター・ゴードンが演奏するクリスマスソングを聴きましょう。

 Winter Wonderland / チェット・ベイカー

ぐっとジャズっぽくなったところでチェット・ベイカー・カルテットの演奏に行きます。 1953年(!)のカリフォルニア、The Lighthouse でのライブ録音です。
「ウィンター・ワンダーランド」

 

Have Yourself  A Merry Little Christmas /ジェームス・テイラー

あと1曲にします。
最後は純粋のJAZZではなく、ジェームス・テイラーの歌唱です。
(最後またボーカルに戻ります)
ラストのサックスなどはかなりジャズっぽいものですが。

(*ジェームス・テイラーは「永遠の若大将」みたいな感じがします)

 

 

Sponsored Link

★★★Thank you for visiting the site ,and have a nice Christmas★★★

 

christmas_960_720

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2016 All Rights Reserved.