JAZZという音楽の魅力を中心に

ショパンコンクール2021【決勝】が10月19日午前1時から生配信されます・日本人は小林愛実と反田恭平

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

10月14日~16日にポーランド・ワルシャワで行われていた

第18回ショパンコンクールの第3次予選が終わり、ついに決勝final へ進む12名が発表されました。

*予定されていた10名より多い12名でした。前回2015は10名。

ファイナリスト12名

 

  1. Ms Leonora Armellini, Italy
  2. Mr J J Jun Li Bui, Canada
  3. Mr Alexander Gadjiev , Italy/Slovenia
  4. Mr Martin Garcia Garcia, Spain
  5. Ms Eva Gevorgyan, Russia/Armenia
  6. Ms Aimi Kobayashi, Japan
  7. Mr Jakub Kuszlik, Poland
  8. Mr Hyuk Lee, South Korea
  9. Mr Bruce (Xiaoyu) Liu, Canada
  10. Mr Kamil Pacholec, Poland
  11. Mr Hao Rao, China
  12. Mr Kyohei Sorita, Japan

日本からは小林愛実反田恭平が決勝進出です。

小林愛実は前回(2015)に続いての連続ファイナリストです。

3次予選まで残っていた日本人 角野隼斗(YouTuber名はかてぃん)、古海行子、進藤実優の3氏
はファイナル進出は出来ませんでした。

ファイナリスト12人の国籍:ポーランド、日本、カナダ、イタリアが2名
韓国、ロシア、スペイン、中国が1名です。
アメリカがいませんね。

決勝のスケジュール:決勝を見る

決勝は10月18,19,20日の3日間をかけて行われます。

現地時間18時開始ですので、日本時間では翌日午前1時からとなります。(10月19日午前1時より)

YouTubeで同時配信されます。(世界中の人が見ています)

 

●10月18日

Kamil Pacholec (ポーランド)
Hao Rao(中国)
反田恭平 Kyohei Sorita(日本)
Leonora Armellini(イタリア)

 

●10月19日

J J Jun Li Bui(カナダ)
Alexander Gadjiev(イタリア/スロベニア)
Martin Garcia Garcia(スペイン)
Eva Gevorgyan(ロシア/アルメニア)

●10月20日

小林愛実 Aimi Kobayashi(日本)
Jakub Kuszlik(ポーランド)
Hyuk Lee(韓国)
Bruce (Xiaoyu) Liu(カナダ)

 

◆決勝はオーケストラとの共演ですので、
・ピアノ協奏曲ホ短調第1番(作品11)
・ピアノ協奏曲ヘ短調第2番(作品21)

のどちらかとなります。

12名のファイナリストなので4名づつ3日間で行われます。

Sponsored Link

現在予想されている出演順は以下の通りです。(アルファベット順なのですがどのアルファベットから始まるかは抽選で決まります)

その結果

反田恭平は1日目(18日)の3番目  (日本時間19日午前2時50分)

小林愛実は3日目(20日)の1番目 (日本時間21日午前1時)

二人ともコンチェルト1番をやる予定です。

  1. Kamil Pacholec (ポーランド)

  2. Hao Rao(中国)
  3. 反田恭平 Kyohei Sorita(日本)

  4. Leonora Armellini(イタリア)

  5. J J Jun Li Bui(カナダ)

  6. Alexander Gadjiev(イタリア/スロベニア)

  7. Martin Garcia Garcia(スペイン)

  8. Eva Gevorgyan(ロシア/アルメニア)

  9. 小林愛実 Aimi Kobayashi(日本)

  10. Jakub Kuszlik(ポーランド)

  11. Hyuk Lee(韓国)

  12. Bruce (Xiaoyu) Liu(カナダ)

*なお審査員ですが、マルタ・アルゲリッチが直前になって辞退したようです。(理由は分かりません)
また前回大会で優勝のチョ・ソンジンに1点をつけたフィリップ・アントルモンも入っていません。

*またシードだった牛田智大氏が2次予選を通過できなかったことが大きな話題になっています。(一部で炎上気味)

Sponsored Link

YouTube画像

 

反田恭平と角野隼人インタビュー

第3次予選を終えた直後の反田恭平氏と角野勇斗氏の様子がYouTubeにアップされています。(まだファイナリスト発表前))

*ヒジョーに素直に語っていて面白いです。
二人の姓のアルファベットが(偶然にも)Sなのが幸いだったようですね。

*角野氏は残念でしたが3次予選まで残ったのが大健闘とも言えるでしょうね。
反田恭平、確かな戦略とともに大胆不敵な27歳、期待できそうです。

 

続いて小林愛実、反田恭平 そして角野勇斗 各氏の3次予選の演奏をアップします。

小林愛実 3rd round

 

反田恭平 3rd round

 

角野勇斗 3rd round

 

*3人ともSteinway(スタインウェイ)のピアノを弾いていますね。

まとめ

それでは日本人二人及びファイナリストたちの演奏を楽しみにしましょう!

*ショパンのピアノ協奏曲1番がとても好きなので何度聴いても飽きません。色んな人の演奏でこの曲を聴けることが愉しみです。

 

前回2015年のショパンコンクールについてはこちらに書いています。
⇒ 「もうひとつのショパンコンクール」BS1放送、ショパンコンクール2015、日本人ピアノ調律師、FAZIOLIというピアノ

Sponsored Link

   

決勝、結果発表の瞬間です

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2021 All Rights Reserved.