JAZZという音楽の魅力を中心に

ジャズの名曲シリーズ:The Man I Love:ザ・マン・アイ・ラブ 厳選6バージョン

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
Sponsored Link

 

The Man I Love (私の彼氏)

ジョージ&アイラ=ガーシュウィン兄弟の作です。1924年に作られています。

マイルス=モンク=ミルト・ジャクソン

とりあえずまず思い出す演奏、ミルトジャクソン、マイルスデイヴィス、セロニアス・モンクによる
1954年のクリスマスの録音を聴きます。  Dec.24, 1954

Miles Davis And The Modern Jazz Giants  
 
 
 

文句なしの名演。昇り龍だったマイルスがモンク、ミルトと互角(以上)に渡り合っている。
演奏のどの部分も聴き所。アルバムは同日録音の”Bag’s Groove”と同様の世紀の名盤。
ベースはパーシー・ヒース、ドラムスはケニー・クラーク。
‘Round Midnight だけは2年後のマイルス・デイヴィス・クインテットの演奏(本来ここに入れるべきモノではない)
*この2枚を一緒にして整理してDec.24, 1954の録音だけで1枚作って欲しいんですけどね~。

 

ダイナ・ショア

さて次はというとヴォーカル・ヴァージョンになるでしょう。

ダイナ・ショア(Dinah Shore、1916年2月29日 – 1994年2月24日)がアンドレ・プレヴィンのピアノ伴奏で歌っているものにします。

 

アート・ペッパー

嬉しいことにアート・ペッパーがあの「ミーツ・ザ・リズムセクション」の中でこの曲をやってくれていたのですよねー。

 

 

Sponsored Link

ハービー・ハンコック

ハンコックがガーシュイン・ワールドというアルバムを出しているのですが、この曲をやっています。

ヴォーカルはジョニ・ミッチェルです。

サックスはW.ショーター。1998年。

 

ズート・シムス

ズートが〈Zoot Sims and the Gershwin Brothers〉というアルバムで

オスカー・ピーターソン(p)、ジョー・パス(g)、ジョージ・ムラーツ(b)、グラディ・テイト(ds)
という素晴らしいメンバーでやっております。ガーシュイン曲集で1曲目にこの曲をやっています。

これ1975年録音なんですが、こういういいアルバムを聴くと、いい演奏は時代を超越していることを感じます。

 

アイク・ケベック

Ike Quebec が1961年のBLUENOTE盤 〈Heavy Soul〉の中でやっています。

オルガンはフレディ・ローチ。
この演奏がまた良いのです。

 

まとめ

いい曲はやはりいいですね。

他にもたくさんの歌や演奏がアップされているのですが、本当に良いと思うものだけをアップしました。

 見て頂いてありがとうございます。
 Thanks for visiting the site .
 
◆スタンダード・ナンバー一覧はこちら

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2021 All Rights Reserved.