JAZZという音楽の魅力を中心に

グラント・グリーンのSOLID:ブルーノートのLTシリーズの名盤発掘

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

BLUNOTEレコード にLTシリーズというものがあります。

LPレコード時代に、発表されないまま(unissued)でオクラ入りしていたものを後にマイケル・カスクーナが発掘して、1980年頃からレコード化CD化しているシリーズです。
BLUENOTE最後のコレクターズ・アイテム」と言われています。

日本ではEMIから「ブルーノートBNLT999」としてCDで33タイトルが発表されました。そのアルバム・デザインから「レインボウシリーズ」との愛称もあります。

さてその33枚のラインナップの中からどれを選ぶか?

GRANT GREEN ”SOLID”

判断基準は(いつもそうなんですが)
・パーソネル(演奏メンバー)
・録音年
・曲目   です。

ずばりこの1枚が光ります。

データは

Recorded :June 12,1964

Grant Green-guitar
Joe Henderson-tenor sax
James Spaulding-alto sax
McCoy Tyner-piano
Bob Cranshaw-bass
Elvin Jones-drums

曲目

1.Minor League
2.Ezz-Thetic
3.Grant’s Tune
4.Solid
5.The Kicker
6.Wives And Lovers

もうこのデータを見ただけで間違いないと確信しました。

まず’64年のマッコイ・タイナー(p)とエルヴィン・ジョーンズ(ds)が入っています。
(ジョン・コルトレーン・カルテット在籍中ー’64は「至上の愛」の年です)
その上にジョー・ヘンダーソン(ts)とジェームス・スポールディング(as)が参加しているグラント・グリーン盤が悪いはずはありません。

ちなみにグラント・グリーン盤では〈Idle Moments〉(’63)と〈Street Of Dreams〉(’64年11月)の間に位置します。

曲目も全曲興味深いものです。
1.はデューク・ピアソンの曲。
2.はジョージ・ラッセルの曲。(リー・コニッツとマイルスの”Ezz-Thetic”というLPレコードを持っています)
3.はグリーンの自作曲。
4.はソニー・ロリンズの曲。〈Moving Out 〉に入っていたカッコいい曲。
5.はジョー・ヘンダーソンの曲(ホレス・シルバー〈Song For My Father〉に入っていて印象的だった曲。
6.はバート・バカラックの曲。

Sponsored Link

聴きましょう。

タイトル曲 SOLID

●ロリンズの曲、「ソリッド」やはりイイですね! テーマのユニゾンに続くマッコイのピアノがまるでソニー・クラークのようで微笑ましい。 グリーンのシングルトーンのソロがカッコいい。 続くヘンダーソンのソロが驚くほど気合が入っています。 エルヴィンは控えめだけど、シンバルワークが素晴らしい。

The Kicker

●このジョー・ヘンダーソンが作った曲「キッカー」ですが、先程ホレス・シルバーの「ソング・フォー・マイ・ファザー」における演奏にふれましたが、これは’64年10月録音なので、実はこちらSOLIDの録音のほうが4ヶ月早いのでした。こちらのほうがシブいというかハードボイルドな演奏です。
ジョー・ヘンダーソンのテナーはコルトレーンとは異なる、新しい感覚を示しているように聴こえます。(実際ジョーヘンのテナースタイルはフュージョン時代も生き抜き’90年代に届きました。2001年没)

Sponsored Link

Minor League

この曲を作ったデューク・ピアソンのことに触れますが、

ピアソンは優れたピアニストでありBLUENOTEに自己名義アルバムも出しているのですが、その能力を社主のアルフレッド・ライオンに認められBLUENOTEのスタッフとしても働いていました。A&Rマンとしてスカウトやプロデュースを担当しました。つまりBLUENOTEでは色んな意味で重要な人です。

それでは聴きましょう。

●いやー、カッコいい演奏です。
飛び出してくるジェームス・スポールディング(as)のテンションが尋常無い高さです! グリーンのソロも!
そしてエルヴィンのドラムスが何と色彩感に溢れていることか!
そして、ジョー・ヘンダーソンのソロもマッコイ・タイナーのソロもカッコいいものです。

まとめ

グラント・グリーンの「ソリッド」という1枚のアルバムから3曲を聴きました。

それにしても、こんな素晴らしいアルバムをボツ、オクラ入りにするなんて、BLUENOTEというレコード会社の質の高さを逆証明していることになりますね。

それとも何らかの事情、戦略のようなものがあったのでしょうか?

このLTシリーズ、他にもリー・モーガン、ドナルド・バード、ボビー・ハッチャーソン等などの作品がラインナップされています。

999という数字は2012年発売時の値段が999円だったからですが、
残念ながら、今はどの盤もかなり値上がりしているようですね。
■関連アルバム

Sponsored Link

Thank you for visiting this site , see you again

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.