JAZZという音楽の魅力を中心に

1月13日放送、プレバト俳句・2022冬麗戦・(とうれいせん)   1月6日放送では3時のヒロイン・福田麻貴の句が絶賛

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

明けましておめでとうございます。

2022年年明け2回目のプレバト俳句、1月13日放送は恒例の 冬麗戦 です。

「冬麗」とは冬の季語、冬晴れのうららかな様子

昨年2021年の四季の各賞の結果(優勝者)は以下のようでした。

「冬麗戦」  森口瑤子

「春光戦」  横尾渉  

「炎帝戦」  犬山紙子

「金秋戦」  北山宏光   

 

追記:1月6日放送の福田麻貴の句

年明け1回目1月6日の放送で1位を取ったのは、3時のヒロインの福田麻貴でした。
以下の句で夏井先生を始め出演者の絶賛を浴びました。夏井先生は「これが昨年に出ていれば、来週放送の冬麗戦に出れたかも」とコメントしてしていました。

 冬天よ 母を泣かせて 来る街か 
 
*母を泣かせてまで出てきた都会、詠嘆と自嘲。福田の歩みのストーリーまで想像させる見事な句です。冬麗戦に間に合わなかったのが残念と思わせられます。
 
 

出演者とお題

 

出場の14名は番組ホームページを見てもはっきり書いてありませんが、

夏井いつき先生が昨年詠まれた全364句の中から、優秀句の作者14名を選んだそうです。

もちろん常連の梅沢冨美夫、東国原英夫、横尾渉、千賀健永、北山宏光などが選ばれています。(Kis-My-Ft2から3人)

他の名人から、藤本敏史、村上健志(フルーツポンチ)、森口瑤子、立川志らく、千原ジュニア

そして名人、特待生以外から次の4名が出場です。
犬山紙子、IKKO、小倉優子、堀未央奈。

*常連の中からは中田喜子、ミッツマングローブ、三遊亭円楽などが選にもれました。

お題は「人生ゲーム

映像:番組HPより引用

 

*このお題、「ゲーム」からどのように発想を飛ばすのかが焦点になるでしょうね。

 

結果速報 (発表順)

始まりました。俳句より先に「古着リメーク」と「スプレーアート」があります。

●古着アート優勝者:千賀健永
●スプレーアート優勝者:光宗 薫

― ― ―

Sponsored Link

では俳句、行きます。句を発表するのは10位までとのこと。

7位 小倉優子

 

裏濾うらごかぶや アドベント カレンダー  

⇩ 

離乳食煮て アドベント カレンダー  

先生:蕪が季語だが、アドベントカレンダーの方が強烈な季節感がある。まだ季語にはなっていないがそれに近い。
アドベントカレンダー:(クリスマスまでのカウントダウンの子供用カレンダー)

8位 藤本敏史

 

あざ笑う 鬼の顔ある 歌留多かるたかな  

⇩ 

あざ笑う 鬼の絵赤き 歌留多かな 

千原ジュニア:歌留多がありふれている。フジモンらしくないか。

9位 村上健志

 

寅の尾を 目指す迷路よ 年賀状  

⇩ 

寅の尾がゴール 年賀状の迷路  

先生:しばらく考えないと分かりにくい。今使ったゴールという言葉を使うとよい。

 

6位 横尾渉

 

雪晴の転勤 ミニマリストの棚  

⇩ 

もの少なき転勤 雪晴の街へ  

先生:ミニマリストは勇気ある言葉選択だが、いったん諦めて添削のように。

10位 犬山紙子

 

箱の角 亡き犬の毛や しずり雪  

⇩ 

亡き犬の 毛が双六の 箱の隅  

先生:材料過多。2句出来る。角→隅 
(*角のミスは酷いですね)

3位 森口瑤子

 

くしゃみして スペードの位置 忘れたり  

⇩ 

直し無し  

先生:トランプの神経衰弱と分かる。

Sponsored Link

4位 千原ジュニア

 

雪吊ゆきつりや 登校拒否の 吾と祖母と  

⇩ 

直し無し  

先生:奥行きが深い句。季語・雪吊は動く(代替えが利く)か動かないかの議論をしてはいけない。千原の中でしっかりと記憶の鍵になっている言葉と思うから。

5位 梅沢冨美夫

 

冬旱ふゆひでり 地図から消えた 村の数  

⇩ 

直し無し  

先生:いい句です。惜しいのは「冬旱」という季語の選択か。(冬旱のために村が消えたとも読める)

 

2位 千賀健永

 

地球史の
恐竜遠し
炬燵こたつの夜  

⇩ 

直し無し  

先生:かってなら(下5に)置いたであろう「冬銀河」などではなく「炬燵の夜」を置けるようになった千賀の成長。

 

1位 冬麗戦覇者 東国原英夫

 

片襷かただすき硬し
四日の
身を通す  

⇩ 

直し無し  

先生:四日が季語(1月の4日)。片襷はいくつかの連想があるがそれが深みになっている。
全部計算した上でそれぞれの言葉が慎重に選び取られている。

 

東国原は7度目のタイトル戦獲得だそうです。
東国原英夫、始まる時に「犬山紙子が天敵、犬山に勝てれば本望」と言っていました。

画像:番組HPより引用

 

 

11位以下は句が紹介されません^^。

11位 北山宏光

12位 立川志らく

13位 IKKO

14位 堀未央奈

 

まとめ

この結果、いかがだったでしょうか。
やはり見る方にも好みがあると思います。

千賀健永の句、雄大だけど可愛さがあって私(筆者)は好きです。
梅沢冨美夫、千原ジュニアの句も好きです。

昨年の4大戦の覇者が振るいませんでしたね。(森口瑤子、横尾渉、犬山紙子、北山宏光)   

あと意外にも、女性陣にパッとした句がありませんでした。(3位の森口瑤子の句、私は川柳かと思いました^^)

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2022 All Rights Reserved.