アメリカ大統領選挙も終盤、第3回テレビ討論会でどのように決着するのか?ー「最も醜い」と言われる討論会を見届けよう

      2016/11/17

11月8日の大統領選挙本選まであと3週間となりました。

sponsored Link

●アメリカ大統領選挙のしくみについてはこちらでご覧ください。

アメリカ大統領選挙のしくみと日程&テレビ討論会の日本での視聴方法

テレビ討論会もラスト1回となります。

********************************************

  D.TRUMP VS H.CLINTON

   Presidential Debate No.3

********************************************

【第3回テレビ討論会】

10月19日夜
日本時間 10月20日(木曜)10:00~11:30


 

始まる15分前から⇩で中継します。

http://enjoyjazzlife.com/presidential-debate3-live

 

 

■第3回の場所はネバダ州ラスベガスです。

 

las-vegas-1156095_960_720

 

sponsored Link

第2回討論会ーー最も醜い討論会

■第2回のテレビ討論会を振り返ってみますが

批難合戦泥仕合だったという印象ばかりが残っています。

ワシントンポスト紙が「最も醜い討論会」と呼んだと聞きました。

■第2回討論会直前に、トランプ氏が11年前にテレビ番組に出た時のバスの中での「女性蔑視的発言」の音声テープが公開されました。

「俺のような男には女は何でもさせてくれるんだよ」みたいなことを言っていました。

この点を追求されたトランプ氏は「あれはロッカールーム・トークであり」(裏方での話ーー男ならあるだろ?的な感じにして)一応謝罪的な言葉を言いましたが、すぐに矛先を転じて、

「ビル・クリントンの方がもっと悪い。俺は口先だけだけだが、彼は実行している」と言い、実際ビルにセクハラを受けた女性がここに来ていると4人の女性が写されました。

このあたり、まるでワイドショー的な展開でした。

*しかし第2回討論会のあと、実際にトランプ氏からの「わいせつ行為」の被害にあったという女性からの証言が続々と出ている。トランプ氏は全面否定しているらしい。

■一方クリントン氏のメール問題(国務長官時代、公務に私用メールを使っていた問題)では、トランプ氏は「これは犯罪だ」として、「私が大統領になったらヒラリーは刑務所行きだ」と言いましたが、これは特にトランプ氏の得点にはならなかったでしょう。

■ちゃんとした政策論争のようなものがあったでしょうか?ちゃんと映像や資料を読み返せばわかるのですが、その気力がありません^^

上記のようなシーンのインパクトに吹っ飛んでしまい覚えていません。

■この第2回の特徴は会場の人の質問に答える「タウンホール・ミーティング方式」で行われたことです。

うんざりしたような会場に来た聴衆のうち、最後の質問者の質問が秀逸でした。

相手のことで何か褒めることがあったら言ってください」というものでした。

・クリントン氏はトランプ氏の子供のことを褒めました(!?)

・トランプ氏はヒラリーを「決して諦めない(不屈の)人だと褒めました(!?)

■アメリカのこれまでの伝統として討論会は

自分がいかに大統領に相応しいかをアピールするーー場であったのに

今回は

相手がいかに大統領に相応しくないかーーを訴えることになっていました。

批難合戦、最も醜い討論会と言われても仕方ないですね。

第3回テレビ討論会の論点は?

はっきり言ってわかりません。

一体どのような形の討論会になるのでしょうか?

これまで通りの非難合戦では、見ている方も納得しないでしょう。

政策論争が行われるのでしょうか?

しかし、3回目に至ってまともな政策論争をしても、トランプ氏が大きな得点をゲットすることはないと思われます。いやむしろ失点を重ねるばかりでしょう。

身内の共和党の人からも「トランプを支持しない」と言われ四面楚歌状態です。

例えばライス元国務長官もはっきり不支持を表明しています。

出典:Wikipedia

出典:Wikipedia

 

明らかに劣勢と言われるトランプ氏に何か起死回生の策が有り得るのでしょうか?

こうなったら最後まで見届けます。

第3回テレビ討論会の模様は、実況中継するつもりです。

始まる15分前から⇩で中継します。

http://enjoyjazzlife.com/presidential-debate3-live

 

速報ーオバマ大統領から「前代未聞」と言われたトランプ氏

今日(10/19)のニュースで、トランプ氏の選挙に対する発言に対して、オバマ大統領が厳しいコメントをしたことが報じられています。

トランプ氏が「大統領選において不正が横行している」と声高に主張していることについて、オバマ大統領が次のように述べたとのことです。

「投票が始まってもいない時点で、選挙やその過程に疑惑の目を向けた大統領候補など、一度も見たことがない。前代未聞だ」               ——Yahoo! ニュース

 

もう、ちょっとお笑いですね^^
まるで「笑点」のような。

アメリカでも知性ある人はこんな茶番劇が全世界に放送されるのはアメリカの恥だと思う人がいるのではないでしょうか?

いやいや、こんな放送を世界に向けて行うことが出来るのがアメリカなのでしょう。

この報道を見るとトランプ氏はもはや、ヤケクソ状態に陥っているように感じられます。

■しかし、ヒラリー・クリントンが勝てば女性初のアメリカ大統領なのですが、その話題性も何だか淋しいことになりそうです。

前回(正確に言えば前々回)は初の黒人大統領ということで、それなりに盛り上がったのですが。

■そんな野次馬的なことより、この混迷の時代世界は解決すべき問題で溢れている)のアメリカ大統領は大変な役割を持つはずなのですが… セックス・スキャンダルなどを話している場合ではないでしょう!と突っ込みを入たくなります。

【最悪の相手と戦わなければならなかったヒラリー・クリントンの悲劇】

という命題は成り立つのでしょうか?

いっそトランプ氏を大統領にして、
【史上最悪の大統領を持ったアメリカの悲劇】
とした方が世界のためには良かったりして・・・。日本にとってはその方が都合が良いような気もします。

*想像してみてください。ヒラリーを相手にするより、ドナルドを相手にする方がマシな気がしませんか?

sponsored Link

 

 

 

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 日記