JAZZという音楽の魅力を中心に

NHKで見た「甲子園応援曲ベスト3」が意外だった件:この3曲を知っていますか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

↑キャッチ画像は「ポポのがんがれ日記」より引用
http://blog.livedoor.jp/popo0803/archives/51157941.html

Sponsored Link

高校野球、夏の甲子園大会が100回記念ということで盛り上がっているようですね。

NHKの番組で「甲子園応援曲ベスト3」が発表されたのですがそれが非常に意外だったので報告します。

 

ただ「非常に意外」と言っても、それは私が最近の高校野球の放送をほとんど見ていないから知らないだけで、知っている人にとっては当然の結果なのかもしれません。

あなたはどうですか?

番組紹介

女性とロッチの二人で番組進行していました。

女性が質問を出してロッチが答えるという形でした。

ロッチ(左:コカド、右:中岡)

画像:ワタナベエンターテイメントHPより引用

http://www.watanabepro.co.jp/mypage/3000006/

応援曲ベスト3発表

ベスト3発表となって

コカドがこう言ってました。

 

コカド
あれでしょ!
タタター・タタター・タタ・タタター

狙いうち」ですね。私もそう思いました。

または「サウスポー」・・・「エル・クンバンチェロ」とか。

ところがこうだったのです。

1位:アフリカン・シンフォニー

2位:ウィ・ウィル・ロック・ユー

3位:サンバ・デ・ジャネイロ

わたし
・・・・・
知りません。いや「ウィ・ウィル・ロック・ユー」はQueenのヒット曲として知っているんですが、他の曲は知りません。

 

このブログ一応音楽ブログなので、筆者は大概の音楽は知っているつもりだったのですが、1位と3位、知りません。
2位は知っているのですが、これが甲子園での2位というのは意外でした。

Sponsored Link

この3曲を聞きましょう

実際に甲子園でブラバンで演奏されているところを聞きましょう。

3位:サンバ・デ・ジャネイロ

この動画は智弁和歌山の応援バージョンのようです。

はー、これですか。
ちなみに甲子園ではない普通の「サンバ・デ・ジャネイロ」も聴きましょう。

なるほど。確かに応援曲に使いたくなるような、元気の出る曲ですね!
サンバは調子がいいですから、ピッタリですね。

 

2位:ウィ・ウィル・ロック・ユー

格闘家アンディ・フグの入場曲として使われていたので「フグ」と呼ばれることもあるそうです。

なるほど。これは大阪桐蔭バージョンでした。「やっつけたる!」という感じですね。

QUEENのオリジナルは省略でいいですよね。

Sponsored Link

1位:アフリカン・シンフォニー

高校野球が大好きな中岡はさすがに知っていました。

これは’80年代から智弁和歌山が始めて段々広まっていったそうです。
今や「チベン」と呼ばれているそうです。

聞いてみましょう。

 

えー、スミマセン、分かる方はこれでコーフンされるのでしょうが・・・よくわかりませんでした。 甲子園ブラバンではない演奏を聞いてみたいと思います。

あー、佐渡裕さんが指揮をしていますね。 なるほどー。勇壮な曲ですね。
これを応援曲にしたくなる気持ちはすごく分かります。
私も高校時代ブラバンでしたから。
しかし実際にやっちゃった智弁和歌山はすごいですね。

しかしいい曲ですね。
Composer: Van Allen ,Clinton McCoy  と書いてあります。

甲子園以外でもちゃんと聴いてみたくなる曲でした。
しかし、この曲を(少なくとも日本で)世に知らしめたのは智弁和歌山なんですね。

●こんなのもありましたよ。
「自衛隊音楽まつり・海自の歌姫・三宅由佳」って書いてあります。

*自衛隊にもアイドルがいるんですね。

しかし、自衛隊に入って給料もらいながら音楽やるっていいと思いません?
訓練など大変なことも多いのでしょうが、音楽で食えなくて諦めている人には、こんな方法もあると・・・。

まとめ

最後、変な方向へ話がズレましたが、

このNHKの番組のおかげで、知らなかったいい曲

「アフリカン・シンフォニー」と「サンバ・デ・ジャネイロ」を知ることができました。

甲子園のブラバン演奏も「狙いうち」とかだけじゃなく、やはりより良い曲を色々調べて演奏しているのですね。

そんな進化も余り知りませんでした。

最後まで読んで下さってありがとうございます

Sponsored Link

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.