JAZZという音楽の魅力を中心に

タイトルにFOOLとつく曲特集:〈Fools Rush In 〉〈Fools Fall In Love〉など、その意味は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

曲のタイトルにFOOLがつく曲がたくさんあります。

私の好きなJazzにも多いですし、

それ以外、ポップス、ロック、ソウル曲にも多いようです。

何でこんなに多いのでしょうね?

有名なところでThe Beatles の 〈Fool On The Hill〉 もあります。
直訳すれば「丘の上の馬鹿野郎」
これは聖書の「山上の垂訓」から取っています。つまりキリストのことなんですねぇ。

どこまでやれるか分かりませんが(何しろ余りにも多いもので)Foolがつく曲を探ってみます。

ジャズ編

ぱっと思いつくだけで次のような曲があります。

・My Foolish Heart 「愚かなり我が心」

・These Foolish Things 「思い出の種」

・What Kind Of Fool Am I 「何て愚かな私」

・I Am A Fool To Want You 「恋は愚かと言うけれど」

他にも探せばあるのでしょうね。

*青字リンクはその曲の特集ですので、良かったらどうぞ。

*日本語タイトルはピッタリくるものとそうでないものがあります。

●このタイトルと曲を聴けば分かるのですが、Foolは「自嘲」ですね。
「なんてバカなわたし」という自嘲。 

それぞれの曲に名演があります。ヴォーカルだったりインスト演奏だったりします。

今挙げた曲ですがほとんどビル・エヴァンス(ピアノ)が演っていますね。

この中から3曲だけ聴きましょう。
*今日はジャズはあっさりと済ませます。

Sponsored Link

My Foolish Heart/Bill Evans

有名なアルバム「ワルツ・フォー・ディビー」で演奏していました。

What Kind Of Fool Am I /Sammy Davis Jr.

 

この曲はもともとは「地球を止めてくれ!私は降りたい」Stop The World‐I Want To Get Offというミュージカルの曲でしたが、このサミー・デイビス・ジュニアの歌唱で一躍有名になったと思います。

I’m A Fool To Want You/ Chet Baker

お馴染みチェット・ベイカー、これは晩年の録音から。

ポップス編

 

Fools Rush In 

さて、この曲はポップス曲に入れましたが、ジャズ曲と言っても良いものでした。多くのジャズ歌手が歌いましたので。

Fools Rush In 、直訳すれば「愚か者は突進する」みたいな?

しかしここではポップスの歌として聴きたいと思います。

エルヴィス・プレスリーのFools Rush In

Fools Rush In というのは実は英語の慣用句(諺)で、
Fools rush in where angels fear to tread. と続きます。
つまり「天使が踏み込むのを恐れる場所へ愚者は飛び込む」 

歌としては(恋に盲目となった愚か者が)恐れも知らずに飛び込む・・・みたいな意味に受け取れます。

弘田三枝子のFools Rush In

あの弘田三枝子が歌っていました。

 

しかしこの曲メロディも素晴らしいので、歌詞なしのインスト演奏でも聴けます。

オータサンのギターでFools Rush In

これ、詳細不明ですが、いいギター演奏です。

Sponsored Link

Fools Fall In Love

これこそ古いポップスナンバーです。
でもいい曲だから今でも歌われています。

ザ・ドリフターズのFools Fall In Love

ドゥーワップ・コーラスで歌われるバージョンがいくつかあります。

直訳すれば「恋に堕ちるバカ」なんですけど、

「愚か者が慌てて恋に落ちる」みたいな歌詞ですね。

日本人が歌うFools Fail In Love

詳細不明ですがGeorge という日本人が歌っているいいものがありました。(日本人ですよね?)

 

ジョン・ピザレリのFools Fall In Love

ここで私が大好きなヴァージョンで聴いてください。 ヴォーカル&ギターのジョン・ピザレリです。

このCDに入っています。

Sponsored Link

●「まだあるよー」「kissing a fool /george michael」を忘れないで、
というような声が聞こえますが、先を急ぎます。

ソウルナンバー Chain Of Fools

この曲〈Chain Of Fools〉はアレサ・フランクリンのオリジナル・ヒットです。

その後たくさんの歌手にカバーされました。

このタイトルの意味は深読みする必要はないようです。(「バカの鎖」ではないです^^)
歌詞に

For five long years

I thought you were my man

But I found out

I’m just a link in your chain

とありますから、「(5年もの間信じていたのに)あんたの(首の)鎖の一部でしかなかった」と嘆く女の歌でしょうか。それにしても chain,chain,chain~と繰り返すのが迫力あります。
鎖、く・さ・り、ただのクサリだったんけ~~!

 

アレサ・フランクリンのChain Of Fools

エヴァ・キャシディのChain Of Fools

33歳という若さで早逝したアメリカのシンガー、エヴァ・キャシディのライブ映像です。

クリント・ブラック&ポインター・シスターズのChain Of Fools

次に大好きなこのアルバムから

クリント・ブラックとポインター・シスターズでChain Of Fools

 

まとめ

FOOLが付く曲、まだまだたくさんあるとは思いますが、これくらいで。

foolの意味は自嘲だったり、ポップス系では恋する人を「あー、ほんとにバカだねぇ」と共感したり、半分笑ったりという感じもありましたね。

●ボサノヴァでは日本語タイトルが「お馬鹿さん」という有名曲がありますね。
アントニオ・カルロス・ジョビンのinsensatez です。

これも、まさにfoolですね。英語タイトルは〈How Insensitive〉でした。

最後はやはりジャズ=ボッサで、そのHow Insensitiveをウエス・モンゴメリーの演奏で聴きながら終わりにします。

 

★最後まで付き合ってくださってありがとうございます!

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.