JAZZという音楽の魅力を中心に

今年はBLUENOTEレコード設立80周年!サイトで記念人気投票が行われています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

BLUENOTEレコードは1939年1月6日に設立されました。
(もちろんアルフレッド・ライオンによって)

今年が設立80周年にあたります。

最も偉大 なアルバムは?

ALBUMIZMというサイトが「最もGreatなアルバムは?」という投票を募っています。

こちらです。

・投票締め切りは1月13日(日)11:59pm ET

・一人5票投票できます。

・投票対象は1955-1969年に発表されたBLUENOTEのアルバム。
具体的には
アルバムナンバー 1501-1600 の100枚
         4001ー4300 の300枚 です。

・結果はFacebook とTwitter で発表されます。

*正確には1500番台初めの数枚は1955年より前に録音されています。
*欠番があるため正確に400枚ではありません。

ご存知のように

ブルーノートの1500番台と4000番台の初め300枚は

名盤の宝庫です。

ジャズが好きな人ほど選ぶのに困難を感じるはずです。

参照するのはこの本になります。(ブルーノート・ブック21世紀版)

どれほどgreat なアルバムがあるか

上のキャッチ画像にある32枚のジャケットを見るだけで目が眩みますね。

ジャズ・ファンの方なら1枚残らず知ってあるはずです。

そして他にもまだまだあります。

例えば

1501はCDではこれです。

Sponsored Link

1503はこれです。

ジャズの歴史を刻む名盤です。

1521はこれです。

クリフォード・ブラウンが在籍したアート・ブレイキー・クインテットです。
Vol.2と共に、ハードバップ・ジャズの誕生を捉えたライブ・アルバムと言えます。

オープニングを聴きます。

Clifford Brown (trumpet), Lou Donaldson (alto sax), Horace Silver (piano), Curly Russell (bass), Art Blakey (drums), Pee Wee Marquette (master of ceremonies)

もうキリがないのであと2枚にとどめますが

1538はリー・モーガンのデビュー・アルバム

1542はソニー・ロリンズのBNでの初アルバム

このアルバムから〈Decision〉という曲を聴きましょう。

 

Donald Byrd (trumpet), Sonny Rollins (tenor sax), Wynton Kelly (piano), Gene Ramey (bass), Max Roach (drums)

今紹介したのは1500番台だけです。1500番台の100枚は全て名盤と言っても過言ではありません。

さらに4000番台にも名盤が目白押しなのですから困ります。

Sponsored Link

わたしが投票した5枚

ちなみに悩んだ挙げ句、私が投票した5枚は

上記の1500番台の中から1521と1542の2枚

そして4000番代から次の3枚です。

4009: The Scean Changes /Bud Powell
4091: Leapin’ and Lopin’ / Sonny Clark
4175: Empyrean Isles / Herbie Hancock

Bud Powell /The Scean Changes

Cleopatra’s Dream

Bud Powell(p)
Paul Chambers(b)
Art Taylor(ds)

Sonny Clark /Leapin’ And Lopin’

Somethin’ Special

Sonny Clark – piano
Tommy Turrentine – trumpet
Charlie Rouse – tenor saxophone
Butch Warren – bass
Billy Higgins – drums

これほど日本人に愛されたピアニストがいるでしょうか?

Herbie Hancock / Empyrean Isles

Cantaloupe Island

Herbie Hancock — piano
Freddie Hubbard — cornet
Ron Carter — bass
Tony Williams — drums

 

まとめ

・どれも多言を要しない名盤です。

・4000番台にも名盤が目白押しですから、是非さきほどの「ブルーノート・ブック」を参照しながらBLUENOTE をお楽しみください。

・わたしなどが今更言うことではないのです。
世の中にはBLUENOTE盤1500番台を全てLPレコードで持っている人もいます。
さらにそれがオリジナル盤だったりする人もいます。
さらに4000番台で同じようなコレクションをしてある方もいらっしゃるのです。

まことに好きな世界は奥深いものがあります。

以上BLUENOTEの世界のほんの一端でした。

★Thank you for visiting the site. Celebrating 80years of BLUENOTE record.

Sponsored Link

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2019 All Rights Reserved.