JAZZという音楽の魅力を中心に

5/23プレバト俳句「5月の昼休み」キスマイの玉森裕太の句に唖然、名人梅沢も後退

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

【全ての画像は番組HPより引用】https://www.mbs.jp/p-battle/

Sponsored Link

5月23日のプレバト・俳句

お題は「5月の昼休み

兼題写真は都会のキッチンカーの映像。

司会、アシスタントはこの2人

出演者

・小林よしひさ (体操のお兄さん)

・玉森裕太 (Kis-My-Ft2)

・木嶋真優 (ヴァイオリニスト)

・片岡鶴太郎

・犬山紙子

Kis-My-Ft2からは、横尾渉、千賀健永、北山宏光が先行して活躍しています。

Kis-My-Ft2(玉森裕太は真ん中)

 

名人・特待生

・梅沢富美男 (名人10段)

・柴田理恵 (特待生3級)

初の永世名人を目指す梅沢富美男

 

 

Sponsored Link

査定結果速報

 

3位 犬山紙子 

 

新緑が 居場所奪った 君の陰

⇩ 

新緑の 眩し 鬱々たる君に 

梅沢名人:中7が訳わからない・・・。
柴田理恵:陰が、心の陰とは分からない。
先生:核には良いものを持っているのに、表現の仕方を間違ったというところ。添削句、「鬱々と」と言い切ってしまう。

4位 木嶋真優

 

昼やすみ 葉桜下に 麦こがし

⇩ 

葉桜の下 片恋の 昼休み 

柴田理恵:葉桜と麦こがしで季重なり・・・でも麦こがしが麦ごはん??

先生:季語2つ入っていることに気づいてないだけと思った。
ところが片思いのこととは・・・。
思い切って直すしかない。「麦こがし」は退散してもらう。

2位 小林よしひさ 

 

風薫る 焼肉丼の 最後尾

⇩ 

直し無し 

先生:基本の形に忠実な句。
上5に季語を置いて、残り12音に季語とは関係ないフレーズを取り合わせる。
緑の風→焼肉丼と色が見える。
何げなく書かれているが、きちんと映像が描けている。

5位 玉森裕太 

 

炎天下 待ち行列に 草生える

⇩ 

炎天下 待ち行列に WWWくさはえる 

玉森:草生えるは 笑ってるという、、、www のこと。
⇨一同騒然!
先生:話を聞いてそれは論外!
ネット用語?を使ってはいけないとは言わない。
しかし分かるようにして欲しい。wを何個書けばいい?
これはWWWを書くしかない!

 

1位 片岡鶴太郎 

 

江戸文字の 下足札手に どぜう鍋

⇩ 

直し無し 

先生:ずいぶん粋な場所で昼ごはんを食べたてある方だなあと思ってました。
作者が分かってなるほどという感じ。
手堅く作られていて直す所がない。

Sponsored Link

名人・特待生昇格試験

 

柴田理恵 

 

若葉風 部下にあわせて タコライス

⇩ 

若葉風 部下にあわせ タコライス 

梅沢名人:中7が良い!「部下と一緒に」でもいける。
先生:評価のポイントはタコライス。

査定結果:1ランク昇格!

先生:梅沢名人が言った「部下と一緒に」では全く駄目!
ただ一緒に食べたのではなく、ふだん食べ慣れないものを部下に合わせたところが大事。
タコライスがなかなかの世代感覚を現している。上司は、タコが入ったライスだと思っていたはず。

梅沢富美男 

 

薄暑なり 日常を行く 喪服の

⇩ 

喪服の吾 行く日常といふ 薄暑 

梅沢名人:最近義母が亡くなったときの気持ちを詠んだ。

査定結果:一つ後退!

先生:あの兼題写真から喪服の私を見つけ出したのは非常に見事。
しかし勿体無いと思う。
「喪服の吾」から始めれば見事な句になった。

梅沢名人:よく直せたな!化けて出るぞ!ーーと吠える。

先生:心境はよく分かる。
しかしそれを伝える技術の問題。

●という結果でした。
名人梅沢富美男の句の添削は、夏井先生渾身の添削だと思います。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2019 All Rights Reserved.