JAZZという音楽の魅力を中心に

ジャズの名曲シリーズ「スウィングがなければ意味がない」:代表的なエリントン・ナンバーを10ヴァージョンで聴きます

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
Sponsored Link

 

エリントンナンバーはたくさんあって、どれをエリントン楽団の代表曲とするか難しいところです。

Take The A Train , Satin Doll , Sophisticated Lady など。

でも間違いなくこの〈It Don’t Mean A Thing〉が聞こえてくると

あっ、エリントン楽団だ! となる曲です。

エリントン楽団+エラ・フィッツジェラルド

まずはエラとエリントン楽団が、エド・サリバン・ショウに出た時のヴィデオから。

 

●いやー、すごいですね。
曲のタイトルを裏切らないスウィング感です。エラも一番力があった頃でしょうか。

エリントン+ルイ・アームストロング

エラをやったら次はルイですね。

こちらは〈Great Summit〉 と名付けられたアルバムから。

 

Atlantic Five Jazz Band

これはどういう録音か良く分からないのですが、この曲をコンボ・スタイル(サックス、トランペット、ピアノ、ベース、ドラム)でキチッと演奏してみましたという感じが好きなのでアップします。
ビッグバンドではないインストでこの曲をやるお手本として。

 

Sponsored Link

レディ・ガガ&トニー・ベネット

 

●これも別の意味ですごいですね。

現代のディーヴァと90歳くらいのベネットがスウィングするという映像、これがアメリカという気がします。

 Gypsy Jazz Style (Joscho Stephan Quintett )

ここでジプシースタイルの演奏に行きます。

 

●このようなジプシースタイル(ジャンゴスタイルと言ってもいいのですが)の演奏が普遍的な魅力を持ち続けるのは何故なのでしょうか?21世紀になってもこうして演奏され続けます。

Gypsy Jazz Style-2(Jonny Hepbir Quartet )

ジプシースタイルの2つ目。こちらはヴォーカル入り。UKのグループのようです。

 

Sponsored Link

Akiko-Jive

ここに日本のAkiko , Jiveスタイルを突っ込まさせてもらいます。

 

セロニアス・モンク

 

戻ります。 モンクです。 これはいいですよ。

モンクがエリントンをやるにあたって、ベースにオスカー・ペティフォード、ドラムにケニー・クラークを配したのも納得です。
いやー、モンクは飽きないです!

ディジー・ガレスピー&スタン・ゲッツ

さて、最後はゲッツとガレスピーにしめてもらいたいですね。

これとこの後のゲッツです。

まずはこちら。

Dizzy Gillespie (tp)
Stan Getz (ts)
Herb Ellis (g)
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Max Roach (ds)
Recorded: December 9, 1953

 

●かなりの高速で演奏されました。
それにしてもこのメンバー、ディズ&ゲッツはもちろんオスPもローチも火の玉プレイでしたね。

このアルバムはオムニバス的なので、メンバーは変わりますが、これが1曲目でこの後
Dark Eyes 
It’s The Talk of The Town
The Way You Look Tonight   など、興味深いいい曲を演奏しています。 

スタン・ゲッツ

↑の翌年1954年のゲッツのライブ録音〈At The Shrine〉「アット・ザ・シュライン」でもやっていました。

この演奏をこの曲の最後とします。

Recorded at Shrine Auditorium,LA in Nov.8.1954

Bob Brookmeyer(tb)
Stan Getz (ts)
John Williams (p)
Bill Anthony (b)
Art Mordigan (ds)

 

●27歳でこんな成熟した演奏が出来るゲッツはやはり天才でしたね。

まとめ

エリントン・ナンバーの代表のひとつ It Don’t Mean a Thing を10のヴァージョンで聴きました。
これだけ有名曲ですが、スタイルが違うと随分異なる印象になります。
そこがジャズの面白いところですが。

どの演奏が好きでしょうか? この曲、当然ながら数多く演奏されていてビッグバンド(歌付き、歌無し)からコンボ演奏、ピアノソロまで山ほどあったのですが、敢えて10曲に絞りました。

気に入った1曲があったら幸いです。

Thank you very much for visiting the site.  See you again.

Sponsored Link

◆スタンダード・ナンバー一覧はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2020 All Rights Reserved.