JAZZという音楽の魅力を中心に

満月なので「ブルームーン」BLUE MOON という懐かしいヒット曲を聴きましょう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

10月31日は満月です。同じ月の2回目の満月を「ブルームーン」といい見ると幸せになると言われているそうです。

ブルームーン』(Blue Moon)は、1934年にリチャード・ロジャース(曲)ロレンツ・ハート(詞)によって作られスタンダードナンバーとなりました。

Sponsored Link

 

Blue Moonはジャズ曲でもありますが、ドゥーワップでもヒットしてポップソングとしても有名です。

そのドゥーワップをまず聴きましょう。

ドゥーワップ

 

ザ・マーセルズ

Sha Na Na  (シャナ・ナ)

 

Sha Na Na はカバーをたくさんやってますね。

ロッド・スチュアート

ロッド・スチュアートがThe Great American Songbook IIIというアルバムで歌っています。
歌詞が表示されるので イイですね。
ピアノ(ジョーサンプル)、ギター(クラプトン)もいい感じです。
*ロッドはこの曲には珍しいヴァースをつけて歌っています。

ビリー・ホリディ

ビリー・ホリディも歌っています。
1952年(まあ、後期ですね)のSolitude というアルバムに入っていました。

ピアノはオスカー・ピーターソン、サックスはフィル・フィリップス、ペットはチャーリー・シェヴァーズ。

Sponsored Link

カーメン・マクレエ

カーメン・マクレエの歌も有名ですね。

ビッグバンドを従えて堂々の歌唱です。

 

ダイアン・ショウ

ダイアン・ショウで聴きます。
これが一番正統的なJazz=Soul バージョンでしょうか。

アート・ブレイキー

インストルメンタルに行きます。

アート・ブレイキーとジャズメッセンジャーズの演奏です。
このトランペットはフレディ・ハバードですね。

 

Art Blakey (drums); Cedar Walton (piano); Curtis Fuller (trombone); Freddie Hubbard (trumpet); Jymie Merritt (bass); Wayne Shorter (tenor saxophone)
このアルバムに入っています。↓

クリフォード・ブラウン

Clifford Brown with Strings の中に入っているのを忘れていました!!

(これ、このアルバムの中ではちょっと他の曲に隠れている印象ありますね)

ランディ・ブレッカー&ニールス・ラン・ドーキー

新しい演奏もあります。
ランディ・ブレッカーがフルーゲルホーンを吹いてニールス・ラン・ドーキーのトリオと共演している演奏です。

これすごくいいですね。何年というキャプションがないのですが、映像ではN.L.ドーキーがまだ若いですね。

アーマッド・ジャマル

特異なピアニスト、アーマッド・ジャマルがずばり〈BLUE MOON〉というアルバムを出しています。
立派なジャズです。

シェリル・ベンティーン&ジョン・ピザレリ

この二人がやって悪いはずはありません!

ブルーム~ン!

 

ディーン・マーティン

ディーン・マーティンがスゥイートに歌っているバージョンを聴きながら終わりたいと思います。

 

Thank you very much for visiting the site.  See you again.

Sponsored Link

◆スタンダード・ナンバー一覧はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2020 All Rights Reserved.