美肌問題・「芸能界美肌ランキング」ベスト10という番組を男目線で見る

      2016/11/17

「水曜日のダウンタウン」という番組の再放送で「芸能界美肌ランキング」ベスト10というを見ました。

sponsored Link

随分前に本放送があった番組みたいですから、情報としては古いことになりますが、ちょっと男目線で触れてみたいと思います。

その前に「美肌」ということで思い出す本がありますので、そのことから書きます。

百田尚樹の「モンスター」

この本では「バケモノ」と呼ばれるほど醜く生まれた女性が、さんざん悲しい目にあって、成人してから長い時間と莫大なお金をかけて整形美容を繰り返し、全ての男が振り返る「絶世の美女」に生まれ変わる過程が、リアルに描かれていました。主人公と医師との会話などかなりの取材をしないと書けないのでは?と思わせるものでした。
余談ですが、整形のための費用を稼ぐ過程もこの本の読みどころでした。

■その中で整形外科医が言うセリフで、印象に残ったものがありました。
それは「幸いあなたは肌がきれいに生まれついているのが幸運だった。私達整形外科医は全身の形をどうにでも変えることができます。しかし、肌だけはどうしようもない。」という言葉でした。

それほど美肌は宝物ということでしょうね。

*****************************

芸能界美肌ランキング・ベスト10

番組は芸能人のノーメイクの素肌を知り尽くしてる「メークさん」200人にアンケート調査した結果として、10位から10人が発表されました。

プレゼンターは、はるな愛でした。(←おじさんですけど^^)

メ-クさんたちが肌を褒める時の言葉は次のようなものでした。
・白い
・モチモチ
・ツヤツヤ
・ツルッツル
・赤ちゃんみたいな
・毛穴が見えない
・抜けるように冴えた
・透明感のある

う~ん、なるほどという言葉が並んでいます。

もう1位から発表しちゃいます。

(*は管理人のつぶやきです・・・)

1位 綾瀬はるか

ayase-haruka

(*納得です。この人はまさに透明感がある感じです。
ちなみにアンケート結果ぶっちぎりの1位だそうです)

2位 藤原紀香

fujiwara-norika

(*へー、そうなんだ…意外)

3位 桃井かおり

momoi-kaori

(*60代ですよねぇ。化粧品のCMしているけど本当だったんだ)

4位 小雪

koyuki

(*小雪…ふーん、いくら肌がきれいでも嫌いな人は…キライ)

5位 山田花子

yamada-hanako

(*確かにそんな感じはありますね。よかったですね。)

6位 井川遥

igawa-haruka

(*はー、6位はこの人ですかあ、)

7位 春香クリスティーン

haruka-christeen

(*この人はハーフですよね。他のハーフ・タレントととかもランクインしていいはず、と思いましたけど、そうでもないのでしょうか?)

8位 松島花

matushima-hana

(*唯一知らない人です。モデルだそうです)

9位 松嶋尚美

matushima-naomi

(*あっ、そうなんですか…興味ないです^^)

10位 篠原涼子

shinohara-rouko2

(*篠原涼子さん、ランクインおめでとうございます)

感想(男目線ですみません)

 

●女性にとってお肌の手入れが大事なことは分りますが、顔はともかく全身のことだと、結局は生まれつきという気がします。

●ランクインした人を見ても、年齢もあまり関係ないという気がします。
(もちろん、若さによるピチッピチッということはあるでしょうが)

●こんなことを書くと身も蓋もないですが、やはり肌の美しさは「生まれ持ったもの」と思います。(いや、このことは男でも同じです。女性ほど問題にされないだけです。)
お肌の手入れで多少は違うかもしれませんが「しょせん」という気がします。

肌がきれいな方は「親に感謝」しかないでしょう。

●頭部や腕や手をカバーみたいなもので覆って、怪人みたいな恰好で自転車などに乗っている女性を見かけることがあります。あれって紫外線除けなのでしょうか?
誰のために(多分自分のためなんでしょうね)、そこまでしているのかと思いますが、その姿自体が醜悪で本末転倒だと思うのですが、いかがでしょうか?

 

sponsored Link

 

 

 

 - , 日記