JAZZという音楽の魅力を中心に

マーク・リボーMarc Ribotの音楽って何?(ギターであることは間違いない)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
Sponsored Link

 

マーク・リボーのことを全然知らない人から

「マーク・リボーってどんなプレイヤー?」

て聞かれたら返答に困ると思います。

ラウンジリザーズで「偽ジャズ」やってたし

「偽キューバン・ミュージシャン」やってたし

トム・ウェイツやエルヴィス・コステロと共演するし、ロック・ギターでもあるし

アルバート・アイラ―をリスペクトするバンドは作るし

ジョン・ゾーンとも共演するし・・・

ジャズ・ロック系だけど、基本はジューイッシュ・ミュージックのギタリスト」がいいかも。

で、とにかくマーク・リボーの特集です。

ラウンジリザーズ

まず、むかしラウンジリザーズでやっていた貴重映像です。

 

面白いですね。ジョン・ルーリーいいですね。(司会者がいい?!)
マーク・リボー、真面目にロック?やってますね。

トム・ウェイツとの共演

ジョン・ルーリーかぶりでトム・ウェイツとの共演です。(ジム・ジャームッシュかぶりでもあります)

Tom Waits & Marc Ribot – Bella Ciao (Goodbye Beautiful)

ギターいいですね!微妙にヴィブラートするギター。

 

偽キューバン

Marc Ribot y los Cubanos Postizos はいいバンドでしたよ。

〈Cubanos Postizos〉で、偽キューバ人。

もう少しキューバンな曲をもう一つ

 

CDではこれで聴くことができます。↓

マーク自身このバンドは気に入っているようで、長く続けていてもっと最近の映像もあります。

Sponsored Link

セラミック・ドッグ

急に新しいモノに行きますが、Ceramic Dog の2016年動画です。

Marc Ribot guitar, Shahzad Ismaily percussion, utility player, Ches Smith drums.

スピリチュアル・ユニティ  Spiritual Unity

アルバート・アイラ―〈Spiritual Unity〉への捧げもの

立派なジャズですね。

Marc Ribot (g)-Henry Grimes (b)-Roy Campbell (tp)-Chad Taylor (ds)

映像は2005年のもの。ベースのヘンリー・グライムスは2020年にコロナで亡くなりました。

Sir Duke  デューク・エリントンの音楽

デューク・エリントン・ナンバーを演奏するアルバムも出しています。

Electric Guitar – Marc Ribot
Vibraphone [Electric Vibraphone] – Bill Ware
Written By : Billy Strayhorn (tracks: 9),Duke Ellington (tracks: 1 to 8, 10)
Tracklist:
00:00
C Jam Blues
03:12
I Got It But
07:59
In A Sentimental Mood
14:36
Mood Indigo
22:05
I Don´t Mean A Thing
27:30
Solitude
32:57
Caravan 39:09
Come Sunday
45:27
Take The A Train
50:19
Sophisticated Lady

 

ジョン・ゾーン・グループ

ジョン・ゾーンのザ・ドリーマーズ、(MASADA)2010年のマルシアック・フェスでの映像です。

 

マーク・リボー・トリオ

ベースにヘンリー・グライムスを迎えたトリオでJAZZ&BLUESを!

 -Fat Man Blues

まとめ

多彩な活動をしているマーク・リボー(1954年生まれ)。

その真実の姿を(総合的に)追いました。^^

ジャズでロックでジューイッシュな人でいいんでしょうね。
誰しもそれくらいの多面性はありますから^^

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2021 All Rights Reserved.