JAZZという音楽の魅力を中心に

「もうひとつのショパンコンクール」BS1放送、ショパンコンクール2015、日本人ピアノ調律師、FAZIOLIというピアノ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。
Sponsored Link

——————————————

昨年(2015年)末12月23日21時からNHK/BS1 で放送された「もうひとつのショパンコンクール」という番組が大変興味深かった。

90分に渡る映像は見ごたえ充分だった。

特に各ピアノメーカーの日本人調律師にスポットがあたり、またFAZIOLIという新興ピアノのことも詳しく描かれた。

 IMG_0860

 

ショパンコンクール2015

番組は昨年(2015年)10月にポーランドのワルシャワで行われた第17回ショパン国際ピアノコンクールのドキュメントだった。

「もうひとつの」という意味は、この番組は調律師にスポットを当てていて、ピアニストたちを裏方として支え、自社のピアノから優勝者、入選者を出したいと願う人たちの戦いを意味している。

ショパンコンクール自体に興味ある方はこちらから↓

http://chopincompetition2015.com/

 

本戦前の練習日(5日間)、ステージには4台のピアノが置いてある。
出場するピアニストたち(今回は78名)は自由にピアノを試し弾きして、自分が使うピアノを選ぶことができる。

DSC_0287

4台のピアノは

○ STEINWAY&SONS   

s_a188sled_565_6_2

○ YAMAHA

○ KAWAI

blog doc.001(kawai)

 FAZIOLI

の4社のものだった。

まずそれが不思議だった。べ―ゼンドルファーとかが入っているのかと思っていたが、調べるとべ―ゼンは21世紀になって経営不振からYAMAHAに買収されたとのこと。 

そこで入ってきたのが、イタリアの振興メーカーFAZIOLIファツィオリだとのこと。
2010年のショパンコンクールで始めて採用され、2014年のルーベンシュタイン・コンテストで1位~3位をファツィオリを弾くピアニストで独占し一躍脚光を浴びているピアノメーカー

FAZIOLIというピアノメーカーの日本人調律師

 

このドキュメントの主人公は各メーカーの日本人調律師たち。
特に丁寧に描かれるのがFAZIOLI社のただ一人の調律師、越智 晃(おち あきら)という日本人だった。 

DSC_0281

DSC_0271

 

越智氏は音楽大学の調律科を卒業し、スタインウエイに入る。すぐに頭角を現し若くして他の調律師を指導する立場になる。それからFAZIOLIに出会い、そのピアノの音にほれ込む。

FAZIOLIを興したFAZIOLI氏からも「100万人に一人の耳を持つ天才」と認められ、(いわば相思相愛状態で)FAZIOLI社のただ一人の調律師となる。

FAZIOLI社の躍進に越智氏の存在は欠かせないものになっている。

FAZIOLI氏が越智氏の調律したピアノを弾く

FAZIOLI氏が越智氏の調律したピアノを弾く

 

調律師の仕事は一般人には分からない繊細な作業の積み重ねだという。

Sponsored Link

村上春樹の小説「偶然の旅人」 

ここから急に話が飛びますが、村上春樹にホモセクシュアルのピアノ調律師を主人公にした短編小説があります。
それは「東京奇譚集」に納められた「偶然の旅人」です。

これを読むとあらためて村上春樹は短編の名手だと思います。このような小説を書けた日本人作家は今までいなかったように思います。

主人公の姿が越智氏にダブります。越智氏の所作が何となくホモっぽく見えるのはこの小説を読んだせいでしょうか。
もしそうでなかったら越智さんすみません。 
(*ちょっと脱線しました。本編に戻ります)

ショパンコンクール2015でのFAZIOLIの戦い

しかしやはり有名ではない新興メーカー、FAZIOLIを弾くというピアニストはなかなか出てこない。

ーーーショパンを意識して柔らかく暖かい音作りをセッティングしたのだが、それがピアニストに受け入れてもらえない。

他のメーカーの音はもっと派手でホールに響くセッティングになっているようだ。

 

DSC_0272

DSC_0284

DSC_0292

 

DSC_0291

DSC_0289

ピアニストに選んで、弾いてもらわないことには勝負は始まらない。 

そこで越智氏は思い切った行動に出る。
予備で持ってきていた別のアクション(打鍵する部分、ハンマー、ピアノの心臓部)と急きょ入れ替えることだ。作業は深夜に行われた。

DSC_0295

交換したアクションは明らかにより音が響くようになった。

アクションを入れ替えた翌日、やっと一人のピアニストがFAZIOLIを弾いてくれることになった。
中国人の女性ピアニスト、ティアン・ルーだ。

DSC_0299

彼女はただ一人のFAZIOLIを弾くピアニストとなったので、越智氏は彼女の好みの調整をピアノに施す。
「小さなメーカーの特典ですよ」と越智氏は笑いながら、語る。

*ティアン・ルーの夫ユーリはかってショパンコンクールに出場したピアニストだ。
しかし、その時ユーリは高熱を発し指も動かなくなり、3次予選で棄権したという。

*そのティアン・ルーも1次予選で敗退する。

KAWAIの人気

ポーランドではKAWAIの人気が高いという。
ショパンの音楽に合っているというイメージを持っている人が多い。

今回のコンクールでもKAWAIを選ぶピアニストが11人いる。

KAWAIの調律師は小宮山氏。昔から、こまやかなピアニストのサポートを行ってきたという。

  YouTubeを使うこと

ちょっと驚いたのは、調律師たちが夜ホテルでYouTubeを見てチェックしていたこと。
予選の段階からすべての映像が主催者によって即時YouTubeにアップされているのだ。

ここで、そのYouTubeでファイナルで第三位に入った Kate Liu(アメリカ)の演奏をみてみよう。ピアノコンチェルト1番

 

それにしても、ショパンのピアノコンチェルト1番はあの印象的なポーランド民謡の風合いのあるメロディが繰り返されるのだが、誰の演奏を聴いても感動します。

*個人的には私はKate Liu さんの演奏↑が好きです。ちなみに審査員3名が満点の10点をつけています。これは優勝者より多い。

*Kate Liu は予選ではYAMAHAを弾いていたのだが、本戦(ファイナル)ではSTEINWAYに変更した。

ーーーーーーーーー

 ファイナルの結果はこちらで。⇨  chopin-competition-final ⇒

Sponsored Link

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Comment

  1. […] その他 2021.01.27 2018.02.16   ショパンコンクールの舞台裏で、各メーカーの営業や調律の方たちの奮闘を、ヤマハサイドから、話してくれるというので、すごく興味がありました。楽器店の人の話しでは、「ヤマハは、ショパンコンクールで、2010年の優勝者はヤマハを弾いたのに、その後、そのピアニストを後援しなかった」なんて聞いていたので、そんなものなのか!と、思ってました。       この日の講演は、BS1スペシャル「もうひとつのショパンコンクール~ピアノ調律師たちの闘い~」を部分的に流しながら、2015年の第17回ショパンコンクールについて、いろいろな角度から、掘り下げて講演してくれました。 この番組、何回か再放送されていたそうですが、私は、知りませんでした。その時に取材された、ヤマハの営業と調律の方が見えて、https://jp.yamaha.com/sp/services/myujin/10223.html https://jp.yamaha.com/sp/services/myujin/10225.html いろいろ話してくれるというので、雪の降る中、出かけていきました。  札幌の楽器店(エルム楽器)は、郊外にあるので、駐車場がものすごく広い(なんでも、100台はとまれるという)ので、雪道の運転がなんとかなれば、行くのに不自由はありません。  スタンウェイhttp://www.piano-planet.com/?p=1539 ヤマハhttps://jp.yamaha.com/products/contents/pianos/chopin2020/seminar.html カワイhttp://www.piano-planet.com/?p=1429 http://www.piano-planet.com/?p=1566 ファツィオリhttp://www.piano-planet.com/?p=1550 http://enjoyjazzlife.com/chopin-competition http://hankichi.exblog.jp/25104046/ ショパンコンクールでは、参加ピアニストが、この4大メーカーのピアノから、本番で演奏するピアノを選択するそうで、なんで、スタンウェイ、ヤマハ、カワイ、ファツィオリで、ベーゼンドルファーは入ってないの?と思ったのだけど。   休憩後。ヤマハの調律の花岡 昌範さんと、コンクールで、2次予選までいった中川 真耶加さんの対談。        最後は、中川 真耶加さんが、ショパンの曲を何曲か演奏してくれました。まだ学生さんですが、演奏に風格がありました。素敵な時間を過ごさせていただきました。   表に出ると、朝、かなり降っていた雪がやんで、青空が広がっていました。今年の札幌は、雪が少ないので、雪道の運転に慣れていない私は助かっています。ショパンのプレリュードをまた練習したくなりました。          その他 ふみえさんをフォローする ふみえさん 音楽の部屋 ピアノ編 […]

ショパンコンクール物語 〜 ヤマハの闘い | 音楽の部屋 ピアノ編 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ジャズの名盤 , 2016 All Rights Reserved.