活躍が目立つ女性サックス奏者(海外2人、日本4人)キャンディ・ダルファーからユッコ・ミラーへ

   

sponsored Link

最近女性の管楽器奏者がたくさん出てきているようです。

特にアルトサックス奏者が目立ちます。

海外ではキャンディ・ダルファーが一番早く活躍を始めました。

日本では例の映画「スゥィング・ガールズ」のあたりから、ブームが来たようです。

この映画自体は余り出来の良い映画とは思えませんでした。

その理由
・無駄なエピソードが多い
・画面も散漫で緊張感がない
・音楽映画として集中できていない
・竹中直人の個性が生かせていない(「シャル・ウィ・ダンス」の周防正行と矢口史靖の実力の違いを感じた)

余談でした^^。

女性サックス奏者でした。

今回は女性ということで、全てライブ動画で行きたいと思います。

*時間が無い方はユッコ・ミラーの動画だけでもご覧ください。ぶっ飛びますから!そして可能ならミンディ・エイベアの動画も。

海外の女性サックス

キャンディ・ダルファー

何といってもその知名度と実力でキャンディ・ダルファーがピカイチでしょう。

1969年オランダ生まれ

Wikipediaより

お父さんのハンス・ダルファー(単にダルファーと呼ばれていました)が実力のあるサックス奏者です。

(キャッチ画像の右側がハンスです)

ファンキーでかっこいいですね。

ミンディ・エイベア

アメリカからはミンディ・エイベア。

キャンディと同じ1969年生れです。

Wikipediaより

Mindi Abair, “Summertime”

こちらはスムースジャズ・サックスという感じでしょうか。でもかなり正統派ですね。そして肺活量があるようです。

sponsored Link

日本の女性サックス

小林香織

人気と実力で一番に来るのはこの人でしょうか。1981年生まれ。

Nothing Gonna Change My Love For You

うまくてかっこいいです。

矢野沙織

この人はですねー。最初CDで聴いた時吹けてないなぁ、と思いました。

その後日野皓正のグループにいたときの映像をテレビで見たときも「お飾り」のようでした。

今、Youtube検索しても超ミニスカの映像ばかりで、ちょっと変な扱いをされているようです。

その中で一番まともにジャズを演奏しているのがこの映像です。

sponsored Link

寺久保エレナ

寺久保は1992年生まれの人ですが、本格ジャズ指向のサックスです。

いや、すごいですねぇ!

ユッコ・ミラー・Yucco Miller(大西由希子)

こちらは年齢公表していないですが、かなり若いようです。

でも演奏はすごいです。

Love Come Back To Me

最初の1分30秒のドラムソロが余計ですが。(ここはいきなりサックスのテーマで飛び出しが良かったです)

サックスの腕はすごいです。

人は見かけで判断してはいけないですね。特に最近の若い人は。

最後に

おわりの二人、寺久保とユッコには度肝を抜かれますね。

キャンディ・ダルファーも真っ青です。

どうして、日本の若い女性にこんな演奏が出来る人が出てくるのでしょうか?

ちょっと昔の感覚では測れない才能が出てきているのですね。

昔はバークリーに留学して修行を積んでみたいなルートみたいなものがあったのですが、もうまるで漫画(「BLUE GIANT」のような)を見るようです。それが女の子の世界に起きている・・・。

sponsored Link

おまけ:Thriller by Yucco

 

 

 

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ジャズ, 音楽