JAZZという音楽の魅力を中心に

ウエス・モンゴメリーの名盤を(A Day In The Lifeを中心に)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

ウエス・モンゴメリー
Wes Montgomery(1923年3月6日ー 1968年6月15日)
一世を風靡して45歳で没したジャズギタリスト

ウエスが残した名盤の中から、いくつかを聴いて彼の足跡を辿りたいと思います。

ただし順不同です。

男が女を愛する時  (A Day In The Life)

CTIレーベルが全力を投入したイージー・リスニング・ジャズの金字塔ー
A Day In The Lifeから 〈When A Man Loves A Woman〉 を聴くことから始めます。

 

インクレディブル・ジャズ・ギター

The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery  ’60から
ロリンズの曲〈Airegin〉

Wes Montgomery(guitar)
Tommy Flanagan(piano)
Percy Heath(bass)
Albert Heath(drums)

ピアノがトミフラでした。

ウエスと言えば「オクターブ奏法」が代名詞のようになっていますが、この頃からオクターブ奏法でやっています。
ウエスのオクターブ奏法:左手でオクターブ離れた弦を押さえて、右手親指でオクターブ離れた音を同時に弾く奏法。

フルハウス

’62年 サックスにジョニー・グリフィンを入れ、ウィントン・ケリー、ポール・チェンバース、ジミー・コブのトリオで録音されたウエスの出世作〈Full House〉。

ライブ録音です。

表題曲〈Full House〉

Wes Montgomery – guitar
Johnny Griffin – tenor sax
Wynton Kelly – piano
Paul Chambers – bass
Jimmy Cobb – drums

Sponsored Link

エレノア・リグビー (A Day In The Life)

またA Day In The Lifeから、ビートルズナンバー〈Eleanor Rigby〉

Smokin’ At The Half Note 

上のウィントン・ケリーのトリオとの相性が良かったようで’65年にクラブHalf Note でのライブが録音され、このアルバムは大ヒットしました。

 

フルアルバムです。

01. No Blues – 00:00
02.If You Could See Me Now – 12:56
03. Unit 7 – 21:21
04. Four on Six – 28:08
05.What’s New? – 34:54

インプレッションズ (from Smokin’ at the half note vol.2)

●後にVol.2 も出ました。

そこからコルトレーンの曲〈Impressions〉を聴きましょう。

 

動画’65 Nica’s Dream

動画を一つ見ます。 ’65年にオランダで放送用に録画されたものだそうです。 共演者はオランダの若いミュージシャンたち(Pim Jacobs piano, his younger brother Ruud on bass and drummer Han Bennink ーー彼らもその後世界に知られることになりました)

曲はホレス・シルバーが作った〈Nica’s Dream〉

*Nicaとはジャズのパトロネスとして有名だったパノニカ男爵夫人(ロスチャイルド家)のことです。

先程のオクターブ奏法を見ることができます。

Sponsored Link

バグズ・ミーツ・ウエス

バグズことミルト・ジャクソンとの共演盤があります。

ヴァイブとギターは大変相性がいいようです。

このアルバムからベニー・ゴルソンが作った名曲〈Stablemates〉を聴きます。

Milt Jackson – vibraphone, Wes Montgomery – guitar, Philly Joe Jones – drums, Sam Jones – bass, Wynton Kelly – piano

Movin’ Along

バラード演奏も聴きたいので、〈Body and Soul〉を聴きます。

Wes Montgomery (Guitar), James Clay (Flute), Victor Feldman (Piano), Sam Jones (Bass), Louis Hayes (Drums). ’60

モンゴメリー3兄弟 Groove Yard

ウエス・モンゴメリーの兄弟、バディ(ピアノ)とモンク(ベース)との共演盤を聴きます。

〈 Just for now〉 

Wes Montgomery – Guitar
Buddy Montgomery – Piano
Monk Montgomery – bass
Bobby Thomas – drums

California Dreamin’

Verveレーベルでクリード・テイラー・プロデュース、ドン・セベスキー編曲のストリングス入りで作ったアルバム〈California Dreamin’〉
これがそのまま、CTIでの〈A Day In The Life〉に繋がりました。

ダイナミック・デュオーーナイト・トレイン 

最後はオルガンのジミー・スミスと共演した名盤〈The Dynamic Duo〉
から〈Night Train〉を聴きながらお別れします。

Sponsored Link

★Thank you very much for Reading and Listening to.
★ありがとうございました

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2019 All Rights Reserved.