ブルーベリーアイの会社「わかさ生活」社長・角谷建耀知(かくたにけんいち)のいい言葉

      2017/01/25

写真↑は「ビルベリー&サンタベリー」です。(「わかさ生活」のホームページより)

Sponsored Link

「わかさ生活」とは「ブルーベリーアイ」という商品を主要としたサプリメントの会社です。

私は単なる愛用者であり、この会社に何の関りも無いのですが、

その会社の「カレンダー2016」を処分しようとして、そこに書いてある、社長:角谷ケンイチの言葉になかなか良いものがあるので、捨てる前に備忘録的に記録しておきたいと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

角谷建耀知は、18歳の時の脳腫瘍の手術により、視野を半分失った。その経験から商品開発を決意。ブルーベリーが目に良い果実ということに辿り着く。その後、現在「ブルーベリーアイ」に使用されている北欧産野生種のブルーベリー「ビルベリー」に着目し、「ブルーベリーアイ」を開発。創業の1998年に誕生したブルーベリーアイは、幾度かの商品改良を行っている。商品改良の起源としては、顧客からの「1ヶ月分と書いているが、1ヶ月分持たない」という声に対して30粒入り商品を31粒入り商品にしたことから始まる。2014年4月には新成分アサイーを配合し「ブルーベリーアイ デラックス」へ名称変更している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーwikipedia より

カレンダーのいい言葉

好きになること

 

情熱を持って取り組むための原動力

それは”好き”という想い

好きだから一生懸命になり

真摯に向き合える

好きがたくさん集まれば

大好きになる

好きという想いは、

人の心を動かすチカラになる

ーーーーーーーーーーーーーーーー角谷建耀知

一瞬を生きる

 

この世の中で、唯一すべての人に与えられた平等なもの

それは、私たちが過ごしている時間

1日は24時間 1年は365日

人にはそれぞれ境遇があるけれど 時間だけは、変わらない。

だからこそ”今”この一瞬も無駄にしたくない

どんな日を過ごすのかということは、どんな人生を生きるのかと同じ

限られた時間の中で、最大限のことをしよう

この先に待つ未来が光輝くものとなるために

ーーーーーーーーーーーーーーーー角谷建耀知

夢を叶える

 

「叶う」という字は、『口』と『十』の漢字で出来ている

それは「語り続けること」

10回以上、口に出して言葉にするとあなたの中で強い想いとなる

その想いが人の心を動かし、自然と手を差し伸べてくれる。

それが夢を叶える近道となる

語り続けることが

あなたの道を照らす光となる

ーーーーーーーーーーーーーーーー角谷建耀知

——————————————————————-

◎上記はいづれも「わかさ生活カレンダー2016」
(人生は蒔いた種の通りに実を結ぶ)

からの引用です。

北欧生活

*ブルーベリーの故郷である北欧について「わかさ生活」は「北欧生活」というサイトを設けています。

これがなかなか、いいサイトで、おすすめです。

⇒ http://www.hokuo-seikatsu.com/recipe?htr=hokuou

写真↓はそのサイトから「ストックホルムの街並み」

〇「わかさ生活」ユニークでいい会社だと思います。

Sponsored Link

 

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 日記