いまさらですが・・・UB40の魅力をベスト盤で!(イギリスのレゲエ・ポップ・バンド)

   

sponsored Link

「いまさらUB40ですか!」

とか言われそうなんですが、

何しろ、私こちらは専門外なもので、「いまさら」語らせてもらいます。

まず私が聴いているのはUB40のベスト盤です。↓

わたしと同じようにあんまり知らない・・・という方もいらっしゃるでしょうから

一応UB40につてWikipedia情報を引用させていただきます。

UB40(ユービーフォーティー)はイギリスのレゲエ・ポップ・バンド。バンド名はイギリスの失業者給付金の申請書様式名(Unemployment Benefit, Form 40=失業給付40号様式)からとられたもので、デビューアルバム「Signing Off」のアルバムジャケットはこの申請書の様式を模したものとなっている。2011年、主宰していたレーベル清算に伴い、リードシンガーのアリ・キャンベルとバンドのメンバー4人が相次いで破産宣告を受けた。

【略歴】

1978年にバーミンガムで結成、1980年デビュー。メンバーは白人黒人の混成。当時イギリスではスカ2トーンと呼ばれるレゲエから派生したロックがブームになっており、デビューアルバムは全英2位のヒットに恵まれた。

1983年のアルバム「レイバー・オブ・ラブ」は英1位、米8位という大ヒットを記録する。

1988年、突如アメリカで再発されたシングル「レッド・レッド・ワイン」(ニール・ダイアモンドのカバー)がビルボード1位に輝く。

1993年には「好きにならずにいられない」(エルヴィス・プレスリーのカバー)が映画『硝子の塔』のテーマとして使われたこともあり英米でチャート1位に輝き、世界的なヒットを記録した。当時、フジテレビで深夜に放送されていた音楽番組『BEAT UK』でもUKシングルチャートNo.1を獲得。

レゲエといえど音はポップで親しみやすく、またバンド名が示すとおり失業や人種差別などの社会問題を扱った歌詞が多い。――――———-Wikipedia

sponsored Link

キングストン・タウン

で、私が一番好きな曲は Kingston Town「キングストン・タウン」(もちろんジャマイカの首都ですね)です。

初めて聴いた時ハッとしました!

これです。

●ポイント

もちろん、レゲエ・リズムの心地良さが大きいのですが
それに加えて、この曲はメロディがとてもきれいなので、一発で気に入ったのです。

リード・ヴォーカル、アリ・キャンベルの若干哀愁漂う声の魅力もありますね。

 

好きにならずにいられない

◎そして、UB40が嬉しいのはカヴァーもやってくれるところです。
代表的なカヴァーがこれ。エルヴィス・プレスリーの曲 Can’t Help Falling in Love with You 「好きにならずにいられない」

●ポイント

この曲をこのリズムで歌おうという発想がステキです。

それにしてもカッコいいアレンジでカヴァーしてます。

ヒットするはずですね。

 

レッド・レッド・ワイン

Red Red Wine は彼らのオリジナルかと思ったんですが、先ほどのWiki情報によると、これもニール・ダイアモンドのカヴァーだったんですね。
そういえば、スカとかレゲエは流行った曲をそのリズムでカヴァーするというのが、伝統芸(?)だったようです。

ボブ・マーリーだってカヴァーをしていましたね。例えばクラプトンの I shot the sheriffとか。

UB40の Red Red Wine 聴きましょう。

sponsored Link

ハートに火をつけて

◎あとカヴァーではドアーズのヒット曲(そしてホセ・フェリシアーノなどがカヴァーヒットさせた曲)

Light My Fire 「ハートに火をつけて」などもありますね。

●ポイント

オリジナルとは違った味わいの曲になっています。

ブラスセクションもいいです。
まあ、レゲエは何と言ってもリズムが強みなんですが、UB40はさらにメロディアスな魅力がありますね。

 

Homely Girl

今までの曲は全部最初に挙げたベスト盤に入っている曲でしたが、最後にこのアルバムに入っていない曲を1曲。

●ポイント

大好きなシカゴのグループ、チャイ(チ)・ライツ数少ないヒット曲です。 

You’re beautiful woman というこの曲のキモの歌唱はちゃんとオリジナルを尊重していて嬉しいです。
そもそも、この曲を取り上げる彼らのセンスに拍手です。

 

おわりに

もともとこれらの音楽(スカやレゲエ)は余り詳しくないもので、多くを語ることはできません。

ただUB40は何となく耳に入ってきていたのですが、ちゃんと聞いたことがなかったのです。

このベスト盤であらためてその魅力に触れた思いです。

ひとこと、思うのは、いかにもイギリス的だなぁ ということです。

☆★Special Thanks to You★☆

sponsored Link

 

 

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 音楽