ジャズの名盤:トランペット編・クリフォード・ブラウン~リー・モーガン~チェット・ベイカー

      2016/12/23

ジャズの名盤:トランペットもまたフロントの花形楽器ですね。
トランぺッターが活躍する名盤の探索に出かけましょう。??

本来ならルイ・アームストロングから始めて、ガレスピーに触れて・・・と系統立てて、書くべきなのでしょうが、何しろ気まぐれブログなもので、思いつくまま、好きなままに挙げさせてもらいます。

●また「JAZZの帝王」と呼ばれたマイルス・デイビスは個別に採り上げたいので、ここでは除外します。

*マイルスはこちらに書いています。
⇒ http://enjoyjazzlife.com/miles-davis

*なお、⇒ Kind Of Blue / Miles Davis は個別記事を書いています。

 

———————————————————————————————– 

まずは「トランペット吹いてます!!」というジャケットを集めてみました。

 
Louis Armstrong   
00001tpla
 Dizzy Gillespie00001tpdg

 

 

Fats Navarro
00001tr1fn

 

Chet Baker
00001tpchetb

 Shorty Rogers00001tpshorty rogers
[su_columnsize=”1/3″]  Lee Morgan00001tplm[/su_column]
 Blue Mitchell00001tpbm
[su_columnsize=”1/3″]  Dizzy Reece00001tpdr[/su_column]
 
Woody Shaw
00001tpws
    

 Look For The Silver Lining   /Chet Baker
  

1)1曲聴きましょう チェット・ベイカー

  Album:Chet Baker Sings(1954)

*若き日のチェット・ベイカー(1曲目からヴォーカル入りで・・・)

Chet baker(tp),Russ Freeman(p),Carson Smith(b),Bob Neel(ds)

*この曲のタイトル〈Look For The Silver Lining〉はちょっと意味が分かりませんが、歌詞を見て頂けば想像できます。敢えて訳すと「希望の兆しを求めて」のような意味になるでしょうか。

 Look for the silver lining
 Whenever a cloud appears in the blue
 Remember somewhere the sun is shining
 And so the right thing
 To do is make it shine for you
 A heart full of joy and gladness
 Will always banish sadness and strife
 So always look for the silver lining and try to find
 The sunny side of life ♪ 
 (*歌入りはこれだけですので安心してください)  

 Joy Spring                         /Clifford Brown

◎2)次です。クリフォード・ブラウン

Joy Spring /Clifford Brown
Album:clifford brown and max roach(1954)

Clifford Brown (Trumpet),Harold Land (Tenor Saxophone)
George Morrow (Bass),Richie Powell (Piano),Max Roach (Drums)

 George’s Dilemma            /Clifford Brown

◎3)クリフォードは1曲では済みません。  

〈Study of Brown〉  からこの曲を。テナーはハロルド・ランドです。 

 I Remember Clifford          /Lee Morgan

◎4)この流れで I Remember Clifford /Lee Morgan
に行っちゃいましょう。 album: Lee Morgan Vol.3(1957)

Lee Morgan (trumpet), Gigi Gryce (alto saxophone), Benny Golson (tenor saxophone), Wynton Kelly (piano), Paul Chambers (bass), Charlie Pership(drums).

 Candy                              /Lee Morgan

◎5)Lee Morgan も1曲では物足りません。
  Candy   Album:Candy (1958)

Lee Morgan(tp),Sonny Clark(p),Doug Watkins(b),Art Taylor (ds)

sponsored Link

 I’ll Close My Eyes              /Blue Mitchell

6)トランペットは本当に華やかですね。
Blue Mitchell は一番ヒットした有名曲
I’ll Close My Eyes  Album:Blue’s Moods

 Blue Mitchell (trumpet), Wynton Kelly (piano), Sam Jones (bass), Roy Brooks (drums)

いやー、何度聴いても、、、イイですね。

 I’ll Close My Eyes              /Dizzy Reece  

◎7)そう言えば同じ曲をDizzy Reece もやっていますので、聴きましょう。
 
  Album:Star Bright

Dizzy Reece(tp),Hank Mobley(ts),Wynton Kelly(p)
Paul Chambers(b),Art Taylor(ds)

この演奏、リースのテーマの演奏が少しづつ遅れ2拍ほどズレる。
ケリーが左手強打で警告し、チェンバースも合わせようとする。
ところがハードボイルド・モブレイが委細構わず本来のカウントで入ってくるので、「おやおや」みたいになっている。普通なら取り直すはずだが、そのままOKテイクとしたBLUENOTEも面白い。

 I’ll Close My Eyes              /Dusko Goykovich  

◎8)こうなったら同じ曲をもう一つ。

I’ll Close My Eyes / Dusko Goykovich
Album:Soul Connection (1993)

D.Goykovich(tp),Tommy Flanagan(p),Eddie Gomez(b),Micky Roker(ds)

ゴイコヴィッチは旧ユーゴスラビア出身のトランペットですが、いい味を出していますね。
そしてトミー・フラナガンのピアノが相変わらず品格のある見事なサポートで、 You’re My Everything        /Freddie Hubbardこの人が入ると本当にアルバムの格が一段上がるような気がします。

 You’re My Everything        /Freddie Hubbard

◎9)フレディー・ハバードを是非かけたいですね。

Album:Hub-Tones (1962)

 Freddie Hubbard (tp); James Spaulding (as); Herbie Hancock (p); Reggie Workman (b); Clifford Jarvis (ds).

 ◎10)紹介されることが少ないと思われるレスター・ボウイーのグループの演奏を聴いて欲しいです。

The Great Pretender         /Lester Bowie

Album:The Great Pretender (ECM 1981)

Lester Bowie(tp),Hamiet Bluiett(bs),Donald Smith(p),Fred Williams(b),Philip Wilson(ds)

◎Wynton Marsalis やRoy Hargrove、Terence Blanchard など現代のトランぺッターになると、ライブ映像になってしまい、名盤紹介というこのブログの主旨から離れますので、省略させて頂きます。

Everytime We Say Goodbye /Chet Baker

◎11)最後はまたチェット・ベイカーで。
晩年の録音。1985年、死の3年前です。↓このベイカーの顔。
ベイカーはジャズを生き抜いた人という気がします。

Everytime We Say Goodbye / Chet Baker
Album:Diane (1985)

Chet Baker (trumpet), Paul Bley (piano)

・・・・・・・・Everytime we say goodbye, I die a little・・・

 

sponsored Link

blog doc.hot-cup-of-coffee_21248315
キャプチャ1042

 - ジャズ