JAZZという音楽の魅力を中心に

ジャズ・ハーモニカの第一人者、トゥーツ・シールマンス死去、94歳でした

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

ジャズ・ハーモニカという、特殊な分野で活躍した人
トゥーツ・シールマンスが亡くなりました。(2016年8月22日)

1922年ベルギー生まれ。94歳でした。

 

The Shadow of Your Smile 

まずは多分トゥーツの演奏では一番親しみを感じる、ロマンティックな演奏を聴きましょう。

 

◎トゥーツは実は最初はギタリストとしてそのキャリアをスタートしています。

toots2

Anthropology~Moten Swing

その頃の演奏がありますので、聴いてみましょう。
この映像では4曲が続けて演奏されていますが、最初の2曲がギタリストとしての演奏です。

1曲目はチャーリー・パーカーの曲 Anthropology です。口笛とギターがトゥーツです。
ギターも充分に巧いので何故ギタリストを続けなかったのかと思うのですが、口笛を吹いているところが将来を暗示しているのでしょうか?(笑)

2曲目が ジャンゴ・ラインハルトの Minor Swing 、フランスのジャズ・バイオリンのステファン・グラッペリが共演しています。

↑視聴できないようですので、ギターと口笛の別の映像を探しました。

こちらです。

Bluesette (record)

 

次はビル・エヴァンズとの共演から

Body And Soul 

 

Bill Evans : piano
Toots Thielemans : harmonica
Marc Johnson : Double bass
Eliot Zigmund : drums

「しかしエヴァンズはいつもエヴァンズですね。驚くほどです(笑)」

アルバムは〈Affinity〉1979年です。

次は動いている画像、動画ですね^^ それを見てみましょう。

Bluesette

 

親しみの持てる風貌ですね。

コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」などもやっています。

Giant Steps

このアルバムはジャズの有名曲(バップの曲が多い)をたくさん演奏していて、好きなアルバムです。
まるでサックスのような表現力には驚きます。

 

Sponsored Link

ヒットしたアルバム〈Brasil Project〉から1曲

 Coisa Feita

Joao Bosco -guitar &vocal 

 

さて最後にしましょう。これも思いっきり抒情的なアルバムです。
ケニー・ワーナー(ピアノ)との共演盤から、ルイス・エサの名曲

The Dolphin

*The Dolphin は残念ながら、削除されたようですので
Sinatra Medleyを。

アルバムはこれです。↓


視聴出来ないようですので、代わりに面白い(素敵な)演奏がありましたのでそれをアップします。

Emmanuel – played by Toots Thielemans ( Michel Colombier ) とタイトルされています。

 

最後に

大きな存在がなくなったっという気がします。

しかしミュージシャンはこうして、音楽が残るのですから…

ある意味幸せですね。

Sponsored Link

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2016 All Rights Reserved.