JAZZという音楽の魅力を中心に

ティル・ゼア・ウォズ・ユー(Till There Was You)という曲の物語:ビートルズからソニー・ロリンズまで

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

 ティル・ゼア・ウォズ・ユー

という曲が好きです。

メロディも好きだし、歌詞もステキです。

There were bells on the hill, But I never heard them ringing,

No, I never heard them at all Till there was you.

There were birds in the sky But I never saw them winging,

No, I never saw them at all Till there was you.

And there was music,

And there were wonderful roses,

(以下略)

♪丘の上に鐘がある。でもそれが鳴っているのを聞いたことがない。

そう全く聞いたことがなかった。キミが現れるまでは。

空には鳥がいる。でもそれが飛んでいるのを見たことがない。

そう、全く見たことがない。キミが現れるまではね。

そして、音楽があった。

ステキなバラがあった。・・・・・

(*筆者の聞き取り&拙訳ーー間違っていたらすみません)

 

この曲のヒストリー(物語)を追ってみます。

時間がない方はポール・マッカトニーのLive映像だけでもご覧下さい。

曲が出来た時

1957年のブロードウェイ・ミュージカル「ミュージック・マン」の中で初めて歌われました。(メレディス・ウィルソン:作曲)

ペギー・リー

1961年にジャズ歌手のペギー・リーがカヴァーしました。

それを聴きましょう。

●ラテン・リズム・アレンジがカッコいいですね。
ストリングス付きですが、これを聴いて思うのは、「やはりペギー・リーは巧かった!」ということです。表現力が”ハンパない”です。

Sponsored Link

ザ・ビートルズ

何と言ってもThe Beatlesがアルバムで取り上げたことで、有名になりました。

ライブ・ヴァージョンとかもありますが、やはりオリジナル・アルバム(「ウィズ・ザ・ビートルズ」1963年)での歌唱を聴きます。

うーん、素晴らしい。思っていた以上にスウィートな歌唱でした!

井上陽水

これは、この曲についてのエピソード・トークになります。

ずいぶん昔にテレビ(Mステ?)に出演した井上陽水がTill There Was Youをギターで弾いて歌いながら、自らの「TOKYO」という曲を作った経緯を話していたことを覚えています。

東京に関する曲を1曲作りたいと思っていた時、ビートルズが歌うこの曲のことが思い出された。
この曲にインスパイアーされて「TOKYO」を作ったと。

♪銀座へ、はとバスが走る。
か・な・り 似てますね。^^コードが同じみたいです。
でも陽水の説明がなければ気づかなかったと思います。

映画「ウエディング・シンガー」

1998年の映画「ウエディング・シンガー」の中でこの曲が大事な役を果たしていました。

映画は、しがないウエディング・シンガー役のアダム・サンドラー主演のロマンティック・コメディでしたが、良く出来た映画でした。
相手役のドリュー・バリモアも印象に残りました。

この映画の中で、アダム・サンドラーがおばあちゃんに家庭教師で歌を教えているのですが、その時教えていた曲がTill there was youで、ラストでこのおばあちゃんが歌います。

Sponsored Link

ローラ・フィジィ

オランダ国籍のローラ・フィジィが歌うヴァージョンを聴きます。

ローラは父親がオランダ人、母親がエジプト人です。

ローラ・フィジィの一番好きなアルバムはこれです。

ローラ・フィジーのアルバム「The Latin Touch」他3枚を聴く

 

ポール・マッカトニー 〈Live〉

ポール・マッカトニーはよほどこの曲が気に入っていたようで、後年のライブでも歌っています。

これは必見!
いい歌唱ですね。
そして映像が素晴らしいです!
音楽が人を幸せにすることを絵に書いたような映像です。

ソニー・ロリンズ

ジャズ・テナーサックスの巨人、ソニー・ロリンズがやっています!

●今の所、インストだけの演奏はこのヴァージョンしか知りません。
ソニー・ロリンズ:テナーサックス
オスカー・ペティフォード:ベース
マックス・ローチ:ドラムス
というピアノレス・トリオでの演奏です。
このアルバム↓吹き込まれたのが1958年ですから、ロリンズは曲が出来てすぐに取り上げたことになります。

 

まとめ

ひとつの曲にも歴史があるんですね。

ことにいい曲ほど、色々なエピソードやヴァージョンがあるようです。

他にもロッド・スチュワートソフィー・ミルマンなどのヴァージョンもありましたが、割愛します^^。

最後まで見て下さってありがとうございます

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.