JAZZという音楽の魅力を中心に

Summertime Blues「サマータイム・ブルース」:エディ・コクラン~忌野清志郎

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

2019年 夏です

だから、ストレートに「サマータイム・ブルース」です。

オリジナルヒットは1958年エディ・コクランです。

その後さまざまなロッカーにカヴァーされました。

早速行きますね。

エディ・コクラン

オリジナル・ヒットです。

エディ・コクラン(1938-1960、21歳で自動車事故死しています)

映画「ラ・バンバ」で描かれるリッチー・ヴァレンス、バディ・ホリーなどの飛行機事故死と同じように、若くして亡くなったロックンローラーです。

1958年ですからねー。昭和33年ですよ(昭和で言っても仕方ないか?) いや、かっこいいです。

映画「ラ・バンバ」のバージョン

コクランのところで書いた映画「ラ・バンバ」の中での再現シーンのカヴァー。

ブライアン・セッツァーがエディ・コクランを演じました。

 

映画で観たとき「おー、うまい!」と思いました。

ビーチボーイズ

あのビーチボーイズがデビューアルバム「サーフィン・サファリ」の中でカヴァーしていました。

 

 

かなりオリジナルに忠実なカヴァーですが、その中にもビーチボーイズらしさも感じるといういいカヴァーだと思います。

ザ・フー The Who

伝説のロック・バンド The Who によるカヴァーが一般的には一番有名でしょう。

ザ・フーThe Who)は、イギリスのロックバンドビートルズローリング・ストーンズと並び、イギリスの3大ロックバンドの一つに数えられる。ーーーWikipedia

筆者はロックには決して詳しくないのですが、この演奏は当時のロックの先進的なクオリティーを感じる優れたカヴァーだと思いました。

Sponsored Link

オリビア・ニュートン・ジョン

このオリビアのカヴァーも「らしくて」好きです。

 

忌野清志郎

忌野清志郎もカヴァーしました。
忌野は日本語にこだわった人なので、当然日本語詩です。
原曲とは関係のないメッセージを歌っています。

 

ジェームス・テイラー

最後は”アメリカの若大将”ジェームス・テイラーにします。

これって1979年のライブです。40年前!

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2019 All Rights Reserved.