JAZZという音楽の魅力を中心に

ジャズファンも満足するブルース・ギタリスト:スティーヴィー・レイ・ヴォーンの名演、名盤

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

スティーヴィー・レイ・ヴォーン(Stevie Ray Vaughan, 1954年10月3日テキサス州ダラス生まれ -1990年8月27日ー35歳没、ヘリコプター事故死)
SRVと略されます。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第7位、2011年の改訂版では第12位。
ーーーーWikipedia

*この順位がいかにスゴイことであるかは、100人のギタリストのラインナップを見てもらえば分かります。→100人のギタリスト

筆者は主にジャズを聴いていますが、ジャズ以外で好きなギタリストとして、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの名前を挙げたいと思います。

*ブルースやロックはそれほど聴いていませんし、エレクトリックギターについても詳しくはないので、専門的な話はできませんが、ジャズ好きから見たレイ・ヴォーンの魅力について書いています。

なお、レイ・ヴォーンを聴いていると「これはジャズ・ギターじゃん!」と感じる瞬間があります。それについても紹介してみたいと思っています。

TEXAS  FLOOD 「ブルースの洪水」

スティーヴィー・レイ・ヴォーン・アンド・ダブルトラブル(なんとカッコいいグループ名!)
の最初のアルバム〈TEXAS FLOOD〉を聴いた時の驚きは新鮮でした。

Stevie Ray Vaughan And Double Trouble
Stevie Ray Vaughan – guitar, vocal
Chris Layton – drums
Tommy Shannon – bass   

■このアルバムからインストの曲〈Rude Mood〉を聴きたいと思います。
ひどく速いテンポのブルース・ナンバーです。(速いけど12小節ブルースです)

■そしてこのアルバムのBonus Trackに〈Tin Pan Alley〉も入っていました。

●何なんでしょうね。このカッコ良すぎるスロー・ブルースは!
こんなことをやったブルース、ロック系の人は余りいないと思います。
沁みる、痺れる演奏、歌です。

■このアルバム収録曲から、もう1曲〈Lenny〉を聴きます。
DVDになっている〈 Live at the El Mocambo〉での演奏から同曲。

*「デビュー作にその全てがある」と言われますが、このSRV&Double Troubleの第1作も、正にそのような傑作でした。

Sponsored Link

Couldn’t Stand The Weather 「テキサス・ハリケーン」

そして次のアルバム〈Couldn’t Stand The Weather〉がどこを取ってもカッコいい最高のアルバムだったのです。

■冒頭に入っっていたのが〈Scuttle Buttin’〉でした。

これは東京でのライブ動画(1985年)で聴くことにしましょう。

■そしてタイトルナンバー「テキサス・ハリケーン」Couldn’t Stand The Weather

■Stang’s Swang 

●これはもうジャズですね。グラント・グリーンです!。
そして、この曲ではサックス(Stan Harrison)も入ってますからね!

■SRVがライブでは必ずやったジミヘンの曲〈VooDoo Chil〉も入っています。

Sponsored Link

SRVの使用ギター

使用ギターはフェンダーのストラトキャスター「ナンバーワン」だそうです。

画像引用元:https://guitar-hakase.com/1634/

 

SOUL TO SOUL

SRV And Double Trouble 3枚目のアルバムです。

キーボードにリース・ワイナンスが加わっています。

■Lookin Out The Window

■Life Wuthout You

●この曲ですが、メロディがAOR的だと思います。
更に余計なことを言えば、例えば日本のバンドJ-WALKなどに通じるものを感じます。 SRVが日本、世界に与えた影響は大きかったのです。

ブルース~ロック~ジャズ~AOR ジャンルを超える名曲だと思います。

Sponsored Link

IN STEP

4枚目のアルバムです。

■Crossfire
これは公式PVです。

 

■Riviera Paradise(リヴィエラ・パラダイス)

このSRV特集最後の曲になります。

 

●これぞブルース、これぞロックというような曲を聴かせてくれた後にSRVはいつもこのような曲を用意しています。各アルバムともそうでした。
勿論ブルース(&ロック)・ギタリストとして最高なのですが、それだけではないものを感じさてくれるのです。
この曲も【ブルース・ロック・ジャズ】が混然となった他では聴けない素晴らしい曲になっています。5分30秒辺りからのギター、ウェス*かと思いました。
*ウェス:Wes Montgomery

まとめ

いやー、SRV 素晴らしかったですね。
’80年代の10年に満たない活動期間でしたが、その後のギタリスト、音楽に与えた影響は計り知れないと思います。

ジャズファンの方も納得されたことと思っています。

■SRVその他のCD

Thanks a lot for visiting the site
最後まで見て頂いてありがとうございます

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.