JAZZという音楽の魅力を中心に

4/12プレバトは特番・春の「俳桜戦」興味の焦点はキスマイ対決と梅沢富美男

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

*全ての画像は番組HPより引用:http://www.mbs.jp/p-battle/

Sponsored Link

4月に入って2週目、特番 春の「俳桜戦」です。

お題は「桜と富士山」ーーこのお題、桜、富士山という2大語が入って却って難題となるようです。

出演者

例のごとく出演は名人特待生のみ9人です
(高段位順)

1.梅沢富美男

2.藤本敏史(FUJIWARA)

3.東国原英夫

4.横尾渉 (Kis-My-Ft2)

5.千賀健永 (Kis-My-Ft2)

6.三遊亭円楽

7.中田喜子

8.千原ジュニア

9.松岡充

色々楽しみがありますが、

◯ひとつは横尾渉、千賀健永のキスマイ対決。

◯昨年からの4シーズンの王者に一度もなれなかった最高位名人9段の梅沢富美男が果たして雪辱なるかーーという点。

 

昨年の春夏秋と今年1月の冬の結果は以下で見ることができます。

春の「俳桜戦」⇨

夏の「炎帝戦」⇨

秋の「金秋戦」⇨

冬の「冬麗戦」⇨ (2018年1月)

Sponsored Link

俳桜戦 査定結果 速報

では、行きます。4位からの発表。

4位 三遊亭円楽

銭湯で 花見の日取り 決まりけり

⇩ 

銭湯で 決まる花見の 日取りかな

梅沢名人:「決まりけり」が良くない。おわりは「日取りかな」が良い。

先生:おっちゃん(梅沢のこと)素晴らしい!
こういう俗な場面を切り取ると円楽はうまい。
勿体無いのは「銭湯」が散文くさい。続けて動詞を持ってくると、散文くささが薄まる。

8位 千原ジュニア

噺家はなしかが 魅する桜と 富士の山

⇩ 

米朝の 語る桜と 富士と空

梅沢名人:噺家は、例えば「円楽が」と入れればドラマが生まれる。

先生:梅沢素晴らしい!噺家を具体的に。私は米朝が好き。
「魅する」より「語る」でしょ!
この句の桜と富士は虚構だから、映像を添えないと!

7位 中田喜子

逆さ富士に目 桜鱒 天めがけ

⇩ 

逆さ富士 ゆらぐや 桜鱒跳ねる

梅沢名人:「鱒跳ねる」と言ったほうが訴える、と私は思う。

先生:おっちゃん、エライ!
「天めがけ」の擬人化も大袈裟。(誇張し過ぎで読み手を混乱させる)
発想はいいのに勿体無い。
ーーーーー

最下位発表にあたって、みんなが怯え、ビビりまくる。

9位 松岡充

啓蟄けいちつや 花びらも食べ 空も食べ

⇩ 

花びらを食べ 空を食べ 未来へと

松岡:季重なりは敢えてやったもの。(啓蟄と花びら)

東国原:「啓蟄」という季語は状態ではなく、時候の季語。

先生:作者の意図を聞くと「啓蟄」を諦めた方がスッキリする。
添削で作者の意図を何とか現した。

Sponsored Link

5位 横尾渉

もの思うこと 忘れおり 花衣

⇩ 

やるべきを 忘れ 花衣のうつつ

梅沢名人:発想はいいけど、これは難しいな。勿体無い。

先生:字面を見ると、本人の説明とは違った。
難しい。

3位 千賀健永

乙女座の スピカ流るる 花吹雪

⇩ 

乙女座の スピカ 花吹雪流る

千賀:乙女座が季語。

東国原名人:前回(冬麗戦)と同じ発想。星と桜吹雪。

先生:美しい句。あの写真から夜を想像できるのは千賀の発想力。
悩ましいのは「流るる」の位置。
乙女座のスピカよ、で一旦詠嘆する。その後敢えて字余りにして乙女チックな句に添削してみた。

6位 藤本敏史

肉食の フェンスの施錠 山ざくら

⇩ 

肉食獣の フェンスの施錠 山ざくら

藤本:サファリパークの様子。

梅沢名人:肉食といわなくちゃ、わからん。
肉がフェンスにへばりついているのか?

先生:おっちゃんの勝ち。
ただ、いい所がたくさんある。さくらを平仮名にしたのも良い。
たった一つのミスのせいで、こう(6位に)なった。「獣」の一言を字余りになっても入れるべき。肉食を生で出すと読み手を惑わす。
言葉のイメージは変化するのだから、肉食だけでは今では間違えられる可能性を考えるべき。

ーーーーーーー
★さあ、東国原と梅沢の二人が残りました。

東国原:番組的に梅沢に忖度そんたくがあるんじゃないか!

2位 梅沢富美男

空のあお 富士のあおへと 飛花落花ひからっか

⇩ 

直し無し

東国原:忖度は無かった!

先生:正統派の作品。「あお」と「蒼」を書き分ける力。
「へと」という動詞で遠近感を見事に表現。

俳句のメカニズムを分かっている王道の句。

梅沢:「それなら1位にしとけよ!」と吠える。

1位 東国原英夫

花震ふ 富士山 火山性微動

⇩ 

直し無し

先生:意外性の描き方に驚く。

上5と中4で、一瞬ベタな句かと思わせて・・・
詩になりにくい言葉を使って詩を作る才能に参る。
しょうがない。今日はこれが一位だよ!

まとめ

この結果に対して、梅沢富美男が
「ババア、考えろよ。なんで俺が2位なんだよ。ふざけんなよ!」と暴言を吐いてました。
この暴言に、夏井いつき先生も「あなたは俳句の世界をなんだと思ってるんですか?」とたしなめていました。!!

という訳で俳桜戦Ⅱ を制したのは東国原英夫名人でした。

特番の四季戦で3回目です。

キスマイ千賀健永の3位も見事ではないでしょうか。もうまぐれとは言われないですね。

ただ、筆者個人的には今回は、特別に感心した句は出現しませんでした。

東国原の「火山性微動」も確かに独特な言葉世界を使ってユニークな句だとは思いますが、過去の東国原句を知っていると、もはや驚きはなかったです。

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.