JAZZという音楽の魅力を中心に

いま昭和歌謡を歌わせたらミッツ・マングローブと星屑スキャットたちが最高!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

↑画像はYouTubeより

Sponsored Link

えー、ミッツ・マングローブに注目しています。

歌手としてのミッツ・マングローブです。

それとともにミッツがらみで昭和歌謡を歌う人たちに興味があります。

ミッツは星屑スキャットという3人組ボーカル・ユニットでもメジャーデビューしています。

まず、軽くジャブ的にミッツが歌っている動画を見ましょう。

ミッツ・マングローブ

「ブルーライト・ヨコハマ」です。

 

なかなかの歌唱力です。(でもやはり男の声ですね、美川憲一と一緒です)

メイリー・ムー

 次に星屑スキャットのメンバー、メイリー・ムーによる「あなたにあげる」も聴きましょう。

ムーは高い声が出ますね。(ムーさん足が細いですね)

この2曲を聴いて思うのは彼ら(彼女ら)が心から昭和歌謡を愛していることです。

Sponsored Link

ギャランティーク和恵

星屑スキャットのもう一人、ギャランティーク和恵の歌唱「泣きながら夢を見て」も聴きましょう。ここでは一人デュエットをやっています。

この人は本当にうまいですね。

ギャランティーク、もう1曲聴きましょう。「人形の家」

 

中尾ミエ with ミッツ・マングローブ

次にミッツと中尾ミエのデュエットです。「すれちがい」

 

この曲は知りませんでしたが、なかなかいい曲ですね。(なかにし礼:作詞)
昭和の香りムンムンですね。 男(?)と女のデュエットの歌唱の王道です。

この曲は一部の人に圧倒的に支持されているそうです。!?

 

星屑スキャット

だいぶ焦らしましたので、星屑スキャット☆ 行きましょう。

まず、

マグネット・ジョーに気をつけろ

 

この元歌(オリジナル)は、ギャルという(裏キャンディーズ?みたいなグループ)の曲です。
こんな埋もれていた曲を発掘してくることが、本当に歌が好きな証拠です。

Sponsored Link

Remember The Night

これはライブ・バージョンです。

実力のあるボーカル・グループと言って間違いないですね。

コスメティック・サイレン

これもライブです。

まとめ

ミッツ・マングローブとその仲間たち(?)の歌、堪能してもらえましたでしょうか。

星屑スキャットは勿論好きなんですが、

筆者は中尾ミエとのデュエット「すれちがい」がメチャメチャ気に入りました。

*良かったらこちらの記事もどうぞ。

 星屑スキャットが NHK・COVERS に出演した時の模様 ⇨

Special Thanks

Sponsored Link

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2017 All Rights Reserved.