JAZZという音楽の魅力を中心に

SOLAR「ソーラー」マイルス・デイヴィスが作ったジャズ・スタンダード

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

Sponsored Link

ジャズの名曲シリーズ:SOLAR

ジャズの帝王と言われたトランペッター マイルス・デイヴィス
が作った曲です。

1954年のマイルスのアルバム〈Walkin’〉が初出でした。

マイルスらしい、当時流行していたハードバップ・ジャズとは一線を画する新しい曲想を持った曲です。

SOLARの意味は、まあ太陽ですね。

早速聴きましょう。

マイルス・デイヴィス

初出の〈Walkin’〉での演奏です。

Miles Davis: trumpet
Dave Schildkraut: alto sax
Horace Silver: piano
Percy Heath: bass
Kenny Clarke: drums

さすが、マイルス。1954年にこのメロディと音は抜群に新しいです。
12小節マイナーブルースなのですが。

ビル・エヴァンス

次に聴くのはまたビル・エヴァンスです。 例のスコット・ラファロを含むトリオのヴィレッジヴァンガードでのライブ〈Sunday At The Village Vanguard〉(’61)でSOLARを演っています。

 

●素晴らしい演奏ですね。エヴァンスはこういう曲は大好きだったと思います。トリオの緊密な絡み合い,特にラファロのベースはこの時代のベースとしてはとんでもなく新しいものです。
名盤と言われるはずです。

●この曲いい演奏が目白押しなのでどんどんいきます。

まず、ピアニストの演奏を時代に関係なく、まとめて行きましょう。

チック・コリア、キース・ジャレット、チューチョ・ヴァルデスです。

チック・コリア

 

Excellent live performance at New York, 2006, from album “Five Trios – From Miles”.
チックもこの曲が好きなようです。ゴメス、ディジョネットというトリオが悪いはずはないですねぇ。

Chick Corea: piano
Eddie Gomez: bass
 Jack DeJohnette: drums

Sponsored Link

キース・ジャレット

キースのスタンダードトリオの演奏はECMレコードから出ているためにYouTubeにはアップされません。
それで動画で見ることになりますが、動画は日本での演奏がほとんどです。

Recorded live in Tokyo, July 25, 1993 at Open Theater East.

Keith Jarrett: piano
Gary Peacock:bass
Jack DeJohnette: drums

この動画26分の長尺ですが、SOLAR で始まり、その変奏というべき即興演奏での(extension)に移ってゆきます。

チューチョ・ヴァルデス

キューバのピアニスト、チューチョ・ヴァルデスの最新ライブ演奏。
チューチョはかって、キューバーのスーパーグループ「イラケレ」のリーダーでした。

 

Alfa Jazz Festival filmed in June 2017

Chucho Valdés Quartet
Chucho Valdés – Piano
Yelsy Heredia – bass
Georvis Pio Milian – drums
Pedro Pablo Rodríguez – percussion

ブラッド・メルドー

いやー、すごい演奏を聴いてしまったので後が困ります。
本当はここでサックスなどの管楽器に行きたいと思ったのですが、
やはりまたピアノでブラッド・メルドーがトリオで演っている演奏にします。
ライブ録音です。
Larry Grenadier(b), Jorge Rossy(ds)  1999年 at  Stockholm

メルドーはこの演奏とは別ですが、Art Of The Trio 4: Back At The Vanguard の中でSOLARをやっています。

 

パラレル・リアリティーズ

この動画には何のキャプションもついてないのですが

このメンバー
Herbie Hancock (keyboards)
Pat Metheny            (guitar)
Dave Holland          (bass)
Jack DeJohnette  (drums)
を見ればこれはParallel Realities ・パラレル・リアリティーズですね。

1990年6月 Mellon Jazz Festival,Philadelphia の記録です。
CDでは以下のCDに収録されています。(2枚組・収録曲が興味深い)

 

●この演奏を聴いていると曲といい人脈といい、やはりマイルス・デイヴィスはジャズの帝王であった、という思いが強くなります。 

Sponsored Link

以上 Solar 特集でした。

Thanks for visiting the Site.

 

◆スタンダード・ナンバー一覧はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2019 All Rights Reserved.