6/22プレバト俳句お題は「学校の傘立て」芦田愛菜初出演、フルポン村上健志も久しぶり出演

      2017/06/22

Sponsored Link

6月22日のプレバト俳句

お題は、雨の季節物つづきで「学校の傘立て」です。

●査定する先生はおなじみ毒舌先生こと夏井いつき

natui-ituki-2  

夏井いつき

誕生:1957年5月13日 (59歳)
愛媛県生まれ
最終学歴:京都女子大学文学部国文科卒
受賞歴:第8回俳壇賞(1994年)
 

出演者

・最年少・初出場 芦田愛菜  2004年6月23日生 (12歳)

井森美幸 1968年10月26日生(48歳)

高橋ひとみ 1961年8月23日生 (55歳)

吉田照美 1951年1月23日生 (66歳)

千原ジュニア  1974年3月30日生(43歳)

●特待生

東国原英夫 1957年9月16日生 (59歳)

村上健志  1980年12月8日生(36歳)

Sponsored Link

いつものようにここで速報します。

俳句査定結果

2位 井森美幸

 

五月雨 並んだ傘と 始業ベル  

傘立ては ぎっしり梅雨の 始業ベル  

先生:手堅くまとめた。
意図は良いので、それを句に入れる

 

3位 吉田照美

五月雨は ファの音ばかりの 独裁者  

ファの音ばかり 五月雨は独裁者 

先生:発想はイイのだが、独りよがりになっている。
語順を変える

 

4位 芦田愛菜

青空や 赤い長靴 鬼転ぶ   

梅雨晴れや 長靴赤き ケンケン鬼   

東国原:季語は?
芦田愛菜:長靴が季語かなと?
先生:季語なしの句もあるが、ここはちゃんとした季語を入れる
「鬼」が分かりにくい、仮に「ケンケン」を入れてみる

 

5位 千原ジュニア

梅雨寒に ボタン信号 押し忘れ  

梅雨寒の 押しボタン式信号機 ずっと赤  

村上健志:カッコつけたいのだろうが、ボタン信号って何?となる
先生:省略するところが凡人
ちゃんと全部書いてみる「押しボタン式信号機」のことだよね。

 

1位 高橋ひとみ

梅雨の空 とりどりの傘 チャイム待つ  

梅雨の空 百本の傘 チャイム待つ  

先生:写真を誠実に破綻なく句にした。
数字(具体的な数)をいれることで、ひろがりを。

 

Sponsored Link

特待生 村上健志

五月雨や 彫刻刀を 持ち替える   

彫刻刀 持ち替え五月雨を 彫らん  

東国原:まさに村上ワールド。

先生の査定は:現状維持
物足りない、添削句くらいまでもっていってほしい
彫刻刀で細かい雨を掘るようなイメージ・・・

 

特待生 東国原英夫(名人初段)

送り梅雨 船員送る 千の傘  

送り梅雨 船団送る 千の傘  

先生:「送り梅雨」という季語が生きているかがポイント

送り、送る、 船員、千は意識的と分かる、 千は「美称」

結果:1ランク昇格!
それだけ多数ならば、船員(は一人)→船団 でも良いか

◆本日は以上の結果でした。

Sponsored Link

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - TV