7/13のプレバト俳句、お題は「海と駅」コジルリはどんな句を詠む?

   

Sponsored Link

夏も本番!

お題は「海と駅」

過去に 才能あり1位 を取った人たちが集う。

査定を行うのはお馴染み 夏井いつき先生

出演者

・鳥越俊太郎

・筒井真理子

筒井真理子が ⇨過去に最高点を取った句

・藤井隆

・北山宏光

・小島瑠璃子

・特待生は 中田喜子

司会はこの二人

Sponsored Link

ここで速報します。

査定結果速報

お題の写真はこのようでした。

3位 小島瑠璃子

遠のく音(ね) 初夏は幻 海は凪    

遠のける音(おと) はつなつの 海は凪 

先生:3段切れ たった17音が3回も切れる

凡人は「夢」とか「幻」でやった気になる→「幻」を消す!

2位 鳥越俊太郎

紺青の 先に羅府(ロス)あり 夏の海   

夏の羅府あり 紺青の 海の先 

先生:羅府!かっこいいですね。

先生:紺青と海が離れ過ぎている

言葉は変えず語順だけを変える

「夏のロス」をまず置いて読者の好奇心を誘う。

4位 藤井隆

手のひらの 帰りのキップ 潮の香り

手のひらの 帰りのキップ 夏の潮 

中田:季語が無いと指摘。

先生:季語がない。うっかりミス。

上5,中7は非常に良い。

基本的にはセンスある人

5位 北山宏光

同じキスマイの横尾に敵対心を燃やす。

青割れて 見惚れる背にも 青嵐    

青嵐 水平線に 割れる青 

先生:青割れて→言葉は悪く無いが、何のことか分からない。 
水平線とはっきり書くべし、素晴らしい発想を自らドブに捨てたよう。

水平線に割れる青 で海と空と分かる。

季語は 青嵐(青葉の頃に強く吹く風)

間違えなければ1位だった。

1位 筒井真理子

夏井先生に褒められると1ヶ月は元気でいられると語る。

固きベンチに 影と張り付く 夏の駅    

影と張り付く 固きベンチや 夏の駅 

7・7・5という句

先生:えらいね~ 写真はどこの駅かまで調べている(愛媛県の下灘駅)

奥行き深い句

原爆の影も想像させる

語順を変え、ベンチ と詠嘆したほうが、良い

特待生 中田喜子

空蝉の 転がるベンチ 夏の駅    

添削なし 

中田:晩夏を詠んだ

先生:ポイントは「転がる」という言葉が機能しているか

→ちゃんと機能している。「転がる」という言葉を慎重に選んでいる。

想像の中で「空蝉」という小さな季語を見つけてくるセンス。

よって、1ランク昇格!

中田が泣く!

●今回は以上でした。

結構ハイレベルな戦いでした。

Sponsored Link

 

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - TV