6/8プレバト俳句・お題は「鎌倉の紫陽花」名人梅沢撃沈の回・夏井先生に「何でそこ座ってるの?」と言われました!

      2017/06/08

sponsored Link

梅雨のシーズンに入ってきました。

6月8日のプレバト・俳句

お題は「鎌倉の紫陽花」

紫陽花の句

梅雨の時期の代表的な花、紫陽花(あじさい)

紫陽花は おもたからずや 水の上  赤黄男

ゆあみしてきてあじさいの 前を過ぐ  誓子

紫陽花の 浅黄のままの 月夜かな   花蓑

ーーーーー山本健吉編 「季寄せ」より

 

◎鎌倉、円覚寺 ↓

出演者

 

・田中直樹(ココリコ、1971年生まれ―初出場)

・二階堂高嗣(キスマイ、1990年生まれ)

 

・特待生昇格試験は名人、梅沢冨美夫 (1950年生まれ)

・他の出演者(あと3名)は不明です。

例によって、番組始まりましたら速報します。

sponsored Link

査定結果

熊谷真実、田中要次、鈴木ちなみ の3人が残る出場者でした。

梅沢冨美夫、最初に「梅沢さんの出てないプレバトはエビの入って無い天丼のよう」と言われたと言ってました。

4位 鈴木ちなみ

雨粒が 四葩の上で 踊ってる 

雨粒が 跳ねて 四葩のゆらゆらす

四葩(よひら):あじさい のこと

先生:一番要らないのは「踊ってる」というベタな擬人化

「ゆらゆら」のようなオノマトペを使うことでベタを回避

2位 田中要次

紫陽花や 長谷寺濡れて 頬も濡れ  

長谷寺は雨 紫陽花に 濡るる頬

先生:頬も濡れ はいかにも、ストレート過ぎる 読者に想像させるテクニック

句跨りという型を使う7,5,5 上7として体言止め 頬も体言止め

3位 二階堂高嗣

紫陽花と 傘差す園児 水浅葱  

水浅葱いろの 園児と 紫陽花と

 

二階堂:水浅葱は色の名前

先生:今までの中ではまっとうに良い、しかし凡人的発想が残っている

紫陽花の一語で雨を連想するから、傘は要らない

5位 田中直樹

雨降れど 紫陽花見る目 晴れ模様 

紫陽花を みる横顔の 晴れやかな

梅沢冨美夫:もう出なくていいよ、この番組

先生:雨、降る、 見る、目、 模様 要らない言葉だらけ

何を言いたいのか? 言いたいことを素直に表現する

 

1位 熊谷真実

母逝きて 喪屋の標べに 色紫陽花

母逝きて 喪屋の標べの 濃紫陽花(こあじさい)

梅沢:色紫陽花は字余り、変えたほうがいい

先生:この句の特徴的なことは喪屋(もや)という言葉

 

昇格試験 名人6段、梅沢冨美夫

あるじ無き 病室の窓 四葩咲く 

名札外されし 病室 四葩咲く

 

 

先生:映像が足りない。

何を見て「あるじ無き」という結論に達したのか?

「の窓」「あるじ無き」が要らなくなる・・・

梅沢冨美夫、先生に「何でそこ座ってんの?」と言われました。

現状維持 昇格できず。

◎本日は以上の結果でした。

sponsored Link

 

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 日記