プレバト俳句「つくしと富士山」失敗パターンのオンパレード・夏井先生毒舌炸裂、メッタギリの回

      2017/03/07

sponsored Link

2月16日のプレバト・俳句コーナーです。

予告映像で毒舌女優・峰村りえが先生に「将来性のない才能無し」と言われているようです。

夏井先生:様々な失敗のパターンが見本市のようで必見。勉強になる!とのこと、

お題は「つくしと富士山」

今回は才能ありは一人だけ、才能無しが3人とのこと

2位 河合(A.B.C.-Z)

春晴れを 見る富士を見る 筆の花

つくしんぼ 青空を見る 富士を見る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

見る のリフレインは残した。

「筆の花」 はつくしの傍題(別の言い方の季語)

堂々たる季重なり

ただ使う必要あるか?

 

3位 峰村リエ

 

青と白 緑に茶色 春の色

青白茶 緑それぞれ 春の色

みんな失笑

発想がいかにも幼稚

将来性が無い凡人ーーーと散々ないわれ方

色を並べただけで具体性が全く無い

先生:せいぜいこれくらいの直しが限界

4位 田中道子

 

 

土筆野や 富士雪雲に 重ね風

土筆野や 雲めく富士の 雪へ風

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先生:あなたの日本語能力の問題です!

なんじゃそれ??の句、 単語だけ押し込んで自爆した

詰め込みすぎない

言いたいことが伝わらなくなる

「重ね」が諸悪の根源、意味不明

最下位 FUJIWARA 原西

初登場FUJIWARAのフジモンの相方・原西。
意外にも、IQが135あるそうです。

つくしんぼ 誇り望みし さくやひめ

さくやひめ 恋うてつくしは 背を伸ばす

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原西:富士山に祀られるという「このはなさくやひめ」のことを詠んだ

先生:望む の主語は さくやひめ に読める

原西の説明に沿うなら、添削のようになる。

1位 田山涼成

土手青む 朝の散歩の 足運び

直し無し(こういう句は下手に手を入れると味わいを失くすので)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「土手青む」が傍題の季語となる

「足運び」を動詞ではなく名詞と見たほうがよい。

実感を素直に描くのは本当に力

番組ホームページより↓

名人 藤本敏史

名人2段の藤本、梅沢富美男が名人6段なので、追いつきたいところ

ハーモニカ ソの音出せば 出る土筆

ハモニカの ソの音つくし 出るよ出るよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

査定結果:現状維持

 

発想はいい、惜しい、説明臭い

「出せば、出る」が散文臭い、説明臭い

さらに縦書きすると ハーモニカソと見えてしまう。

添削後、さらに可愛くなった。(笑)

最後字余りで つくしのぐんぐん伸びる勢いも表す

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は以上でした。

sponsored Link

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - TV