JAZZという音楽の魅力を中心に

3/1プレバト俳句・松井珠理奈、自分の誕生日を生誕祭と呼んで夏井先生も絶句

 
この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

キャッチ画像は番組HPより引用

Sponsored Link

 

3月1日のプレバト・俳句

お題は「ひな祭り」→「桃の節句」

◎ ひな祭り の例句

はしきよし 妹背いもせ 並びぬ 木彫り雛    秋桜子

男の雛に 女の雛置けば かしづきぬ    実花

ーーー山本健吉編「季寄せ」より

画像は番組HPより

出演者

・三遊亭好楽

三遊亭円楽の活躍に対抗心を燃やす。

画像出典:http://www.kengeki.or.jp/audienceperform/2015_kouraku

・松井珠理奈 (SKE48)

写真出典:http://www.ske48.co.jp/profile/?id=matsui_jurina

・熊谷真実

・北山宏光 KisMyFt2)

千賀に嫉妬?

・斉藤慎二 (ジャングルポケット)

特待生

・千原ジュニア

・梅沢富美男 (名人8段)

ここ3回現状維持。タイトル戦も取れていないので巷では「無冠の帝王」と呼ばれているそうです。

Sponsored Link

査定結果速報

3位 斉藤慎二 (50点)

ランドセル まだ見ぬ雛を 待ちわびて

⇩ 

雛の日を 待ってランドセルを 待って 

梅沢名人:(斎藤の話を聞いて)そう書けよ!ランドセルをまだ買ってもらってないのか!

斎藤:もう帰ります!

先生:結局お前は何なんだ!と。 ただ普通のことを言っているだけ。

「待って」をリフレインさせて、待っているのがランドセルと雛ということをはっきりさせる。

2位 三遊亭好楽 (55点)

マンションの 隅に控えし 内裏雛だいりびな

⇩ 

マンションの 隅に内裏雛の 思案

先生:「控えし」が勿体無い。ニュアンスが曖昧。

思ったことを正確に書く。

 

5位 松井珠理奈 (10点)

ひな祭り 5度の夢見し 生誕祭

⇩ 

誕生日 待つ雛の日の 五日あと

 

梅沢名人:むすめ!生誕祭はクリスマスだから!

先生:日本語で書かれているのに意味が分からないというのはお手上げ。
ひどい!

「生誕祭」はクリスマス、冬の季語。

自分の誕生日を祝えよ!と言っている。

お前はキリストか!と思った。

浜田:誕生日でええよ!

先生:その通り。(添削に入る)夢なんか見なくていい。

松井:いいとこは一つもないんですね。

先生:はい!

4位 熊谷真実 (45点)

おもちゃ箱 並べし母の ひな祭り

⇩ 

おもちゃの人形 並べし母の 雛飾り

熊谷:雛人形が無くて、母がおもちゃ箱に人形を並べてくれた悲しい話

先生:話を聞いてやろうとしていることは分かった。

しかし「おもちゃ」を並べた、と書いている。並べたのは箱ではなく人形ですね。

字余りになってもそれをちゃんと書くしか無い。(上5字余りは比較的に許される)

1位 北山宏光 (70点)

陽光で 畳のかおり立つ 雛の間

⇩ 

陽光に立つ 雛の間の 畳の

梅沢名人:5・9・4が気に入らない。

先生:やろうとしていることは、感覚的で素晴らしい。
「ようこうで たたみのたつ ひいなのま」と読めば5・7・5となる。

しかし「」が散文的で良くない。

Sponsored Link

特待生4級 千原ジュニア

ひな壇を 静かに登る 老いた猫

⇩ 

直し無し

査定結果:1ランク昇格

先生:映像が見事な臨場感。

千原ジュニア:俳句って楽しいねー。

特待生 名人8段 梅沢富美男

天領に 吹く風やさし つるし雛

⇩ 

天領 風やさしき 吊るし雛

査定結果:現状維持

先生:安易な選択!ただ今までの人たちとはレベルが違う。

梅沢名人:先生!そんな「の」とか「ぞ」とか、忖度そんたくがあってもいいんじゃないですか?この番組は私でもっているんじゃ・・

先生:俳句に忖度はありません!

まとめ

本日は以上の結果でした

わたし
千原ジュニアの句はほんとに良かったですね。
情景が目に浮かびました。老猫がいいですね!
わたし
それにしても松井珠理奈。
自分の誕生日を生誕祭と呼んでおかしいと思わないのは、夏井先生の言う通り「あなたの(特殊な)世界の話」ですね。
 

 

・梅沢名人の句も、このように添削されると確かに迫力が違います。
「風ぞやさしき」格調が高いですね。

・熊谷真実の句も添削のようにすると、母親の哀感が漂います。
添削でここまで持っていける夏井先生さすがですね。

 

 

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
団塊世代ど真ん中です。 定年退職してからアルト・サックスを始めました。 プロのジャズサックス奏者に習っています。 (高校時代にブラスバンドでしたけど当時は自分の楽器を持っていませんでしたので、それっきりになりました) 主にジャズについて自由に書いています。 独断偏見お許しください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジャズの名盤 , 2018 All Rights Reserved.