Adagio For Strings弦楽のためのアダージョ(サミュエル・バーバー作曲)は追悼曲として有名ですー映画「プラトゥーン」でも使われました

      2017/06/24

↑画像はYoutubeより

Sponsored Link

サミュエル・バーバー(1910-1981)が作曲した

Adagio for Strinngs という曲があります。

アメリカ人バーバーがイタリア留学中1937年に作曲しました。

短い曲ですが、清らかな美しい曲です。

哀愁のこもった叙情性ゆえか、アメリカでは故人への哀悼の意を表す際に演奏されることが多い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー〈Pie Jesu〉ライナーノートより

*いわゆる レクイエム(鎮魂曲)とは違います。

バーンスタイン、ロサンジェルス・フィル

レナード・バーンスタイン(1918ー1990)が指揮するロサンジェルス・フィルの演奏を聴きたいと思います。
Adagio for Strings by Samuel Barber
Los Angeles Philharmonic Orchestra
Leonard Bernstein, conductor

 

↑このオムニバスCDの最後の曲として入っています。

 

ロッテルダム・シンフォニー

こちらはコーラス入りです。

 

Agnus Dei (arr. Adagio for Strings)
Rotterdam Symphony Chorus & Laurenscantorij
Wiecher Mandemaker – conductor

映画「プラトゥーン」サウンドトラック

この曲は1986年のオリヴァー・ストーンの映画〈Platoon〉のラストシーンでも使われて、また有名になりました。

最後にもう一つの演奏

オールソップ指揮

ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団/マリン・オールソップ(指揮者)←女性指揮者です。

Royal Scottish National Orchestra/Marin Alsop (Conductor)

 

■追悼曲として使われるのがよく分かる、美しく、切ない曲でした。

これはやはりCDでちゃんとスピーカーを鳴らせて聴きたいものです。

Sponsored Link

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 音楽