ジャズの名盤:Bill Evans ビル・エバンス・Waltz For Debby からI Will Say Goodbye まで

      2016/11/18

sponsored Link

ジャズ名盤の旅: ビル・エヴァンズのアルバムを聴くという体験は、ジャズを聴くということのなかでも少し特殊なことのような気がします。

エヴァンズの音楽はBGMのように聞き流すこともできるかもしれません。
でも、ひとたび向き合うと、深い音楽世界があなたを待っています。

何しろ音楽/ジャズに生涯を懸けた人がピアノを弾いているのですから。

 ——大げさな書き出しになりました^^まあ、聴いてください。

 

〈Kind Of Blue〉でもピアノを弾いていたビル・エヴァンズ

一番有名なアルバムは〈Waltz For Debby〉        ↑ ↑    ↑

でしょうね。ジャズ・ ファンでなくても、知っているくらい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところでBill Evans は普通日本ではビル・エヴァンスと 最後を濁らず

に、標記されます。Wiki もエヴァンスでした。(もっと単純にエバンスという表記が一般的かもしれませんーーこの記事のタイトルは不本意ながらそのエバンス表記に合わせました。そうでないと検索に引っ掛からないことが判明したのです。)

私は エヴァンズと書くことにこだわっています。

エヴァンス だと Evance というスペルになるような気がするのです。

あの村上春樹も エヴァンズ表記で通していますね。

あれだけジャズに詳しく、翻訳も多く、アメリカに住んだこともある

作家(当然言葉には厳しいはず)がエヴァンズ表記にこだわっているのだから

これが正しいのではと、思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈Waltz For Debby 〉は確かに素晴らしい。

ベースのスコット・ラファロ Scott LaFaro

ドラムスのポール・モチアン Paul Motian

三者の絡み合いが、当時としてはとてつもなく新しいピアノ・トリオの

魅力を存分に発揮しているからです。

スコット・ラファロの早世で、このトリオは長く続くことなく、結局4作のアルバムを残しました。その中の1枚がこの〈Waltz For Debby〉で、

他の3枚は以下ですがどれも甲乙つけ難いものです。

それなのに〈Waltz For Debby〉だけが特別に有名なのは不公平な気もしますが、

やはりアルバム・タイトルになっている可憐な1曲があるからかもしれません。

ALBUMS OF BILL EVANS↓


——————————————————————————————

で、突然ですが私が大好きなビル・エヴァンズのアルバム ↓

I Will Say Goodbye  です。1977年の録音です。 上記4枚は1959~61年の録音ですが、この後期(晩年)のエヴァンズ・トリオも大好きです。

エヴァンズはリリシストと良く言われます。

このアルバムでの、甘さに流れない硬質なリリシズムはエヴァンズ以外のピアニストでは余り感じることが出来ない高みまで到達しているように感じます。

Bill Evans-piano, Eddie Gomez-bass, Elliot Zigmund-drums

Berkeley,CA. May 11-13,197

    

sponsored Link
                            blog doc.hot-cup-of-coffee_21248315                              ————————-see you later.

 - ジャズ