ジャズの名盤:ジャケットが素敵なアルバム

      2016/11/29

ジャズの名盤にはジャケットも名作と呼べるものが数多くあります。
LPレコードの時代と違ってCDは小さいですが、ジャケットは「顔」。

「顔」が良ければ思わず手に取ってみたくなるものです。
そんないい顔をしたジャケットを知っている限りご紹介したいと思います。
きっとあなたも「ハッ」とする1枚が見つかるのではないでしょうか。

sponsored Link

——————————————————————————-

よく言われることですが「ジャケットがいいアルバムは中身もいい」
または逆に「中身がいいアルバムはジャケットもいい」

かってLPレコードの時代、ジャケットは中身と同じくらい大事なものとされていました。だからレコードは総合芸術だと言われていました。

◎とにかく私がいいと思うジャケットをまず1枚。(皆さんご存知でしょうが)          〈Helen Merrill with Clifford Brown〉 です。
001helen mer

マイクとヘレンのアップ。ヘレンの表情。ブルーのモノトーンのデザイン。
フォントもクラシックな小文字がいい。そして中身もジャズ史に残る名盤。
メリルの歌の後のクリフォードのソロの輝かしいこと。全てが文句なしです。

◎これは純粋なジャズ盤ではないですが、好きだから紹介します。
〈Teasin’  /Cornell Dupree〉です。(*写真をクリックすると拡大されます)DSC_0124DSC_0125

表と裏でストーリーになってます。ソファの二人が裏では居なくなっているという・・・中身もかっこいい音楽です。

◎ただ好きなジャケットを並べてもあまり生産的?でないですからちょっと分析的に考えてみると、いいジャケットと言ってもこんな感じでしょうか。

1)デザインがいいジャケット

2)写真がいいジャケット

3)イラストがいいジャケット

4)タイポグラフィー(まあフォントですか)がいいジャケット

勿論上記が組み合わされているでしょうね。1)のデザインという言葉は全て
を含んでいますしね。

 

1)デザインでは例えばBLUENOTEというレーベルではReid Miles (リード・マイルス)というデザイナーがいて、全アルバムのデザインを担当していました。Cover Design by Reid Miles とクレジットされていました。

2)-1.一方写真については、またBLUENOTEの例で言えば、ほとんどの盤にCover Photo by Francis Wolff  とクレジットされています。
フランシス・ウルフはBLUENOTE社主のアルフレッド・ライオンの盟友、共同経営者であり、単なるフォトグラファーではない存在でした。しかし本当にダイレクトにジャズを感じさせるカッコいい写真が多いです。

ではBLUNOTEの作品で紹介されることがやや少ない4枚を。
(実はこの中でフランシスが写真を撮っているのはJackie McLean 盤のみ。他3枚は写真、デザインともリード・マイルス)

DSC_0148DSC_0147DSC_0150DSC_0149

①One Step Beyond/Jackie McLean 
②Point Of Departure/ Andrew Hill
③Compulsion /Andrew Hill
④Jutta Hipp with Zoot Sims

②のアンドリュー・ヒル盤を見た時は即ジャケ買いしました。写真、構図のカッコよさ、フォントとその色! 何よりもそのメンバーのすごさ(当時もっともかっこいい人達)。もう内容がどうであろうとも手に入れなくては!と思わされました。全てリード・マイルスの仕事だったんですね。
      

2)-2.一方、西海岸で活躍していたWillam Claxton(ウィリアム・クラクストン) という写真家がいます。
特にChet Baker を撮った写真は有名ですね。
 キャプチャw.Claxton10

Jazzとは直接関係ありませんがスティーブ・マクイーンを撮ったこの写真も超有名です。
キャプチャw.Claxton4

たくさんのジャズアルバムにその写真が使われていますが、私が一番好きなのはこれ。   〈Lee Konitz with Warne Marsh〉00001lkwm

中身も最高のウエスト・コースト・ジャズです。

2)-3.CTIレーベルでその写真を使われたのはPete Turner (ピート・ターナー)です。

0038 wm0001jh aran0001cb1

全部ターナーです。他にもこういうのもあります。

DSC_0239DSC_0244DSC_0243DSC_0247DSC_0245

sponsored Link


ちょっと休憩です☕ ◎◎

かって若者にカリスマ的な人気があった植草甚一といオジサンがいました。
「宝島」という雑誌の初代編集長でした。本も何冊も出していました。いわばボヘミアンみたいな人でした。その人が監修した↓こんな本がありました。
ジャズだけではなくロックなどのジャケットも載せていましたが、とにかく面白いものを探すのが大好きな人でした。

DSC_0126DSC_0129

で、私も純粋ジャズではないけれど好きなジャケットを3枚ほど。

DSC_0196DSC_0198DSC_0195

①Tiger In The Rain/マイケル・フランクス (ルソーの絵を使っています)
②Sammy Davis Jr. Sings, Laurindo Almeida Plays 
③ご存じ「ブルース・ブラザース」

———————————————————————————————-

 3)イラストがいいジャケットも結構ありますね。

◎とにかく有名なのはDavid Stone Martin です。(この2枚は私所持CD↓)DSC_0177

 私はLPではほとんど持っていませんのでサイトを見て頂くのが早いです。本当に素晴らしい作品集です。 ↓ ↓

David Stone Martin のジャケット 

 キャプチャ151

 特にビリー・ホリディのアルバムのために描いたもの(↑もそうです)は音楽に負けない完成度です。 D.S.マーチンの書いた絵のオリジナル・ジャケットを全て持っていたらかなりの値打ち物になるでしょう。00001k

◎私が一番最近買ったCDがこれ↓

000001ds

カバー画D. S. Martinです。1976年のprogressive盤の再発CDです。
デレク・スミスは英国のピアニスト。
〈A Day In The Life Of A Fool〉と言うヘンな曲名の曲があるのですが、これは聴くと「黒いオルフェ」(別名「カーニバルの朝」)なんです。演奏は悪くないです。

———————————————————————————–

◎D.S.M.以外でイラストがいいジャケを数枚
DSC_0213DSC_0192DSC_0155DSC_0153DSC_0237

一番下はポール・デスモンドのラスト・アルバムです。(中にTake Fiveのオリジナル・スコアが入っていましたが、キーがG♭major だったのは驚きです)

 *ここまで、「イラストがいいジャケット」まで書きました。
 ちょっと予定より長くなりましたので、一旦切ります。
 この後〈続〉を書きます。⇒

                                —————————————see you again!!

sponsored Link

 

 - ジャズ