ジャズ入門:最初に聴きたいピアニスト4人:レッドガーランド・ウィントンケリー・エディヒギンズ・ウラジミールシャフラノフ

      2017/02/04

Sponsored Link

ジャズを聴きたいな~という時どんなCDを手に取るか。色々あるので分かりませんよね。
ジャズの名盤の中から、ピアノトリオのアルバムを紹介させてください。

聴いて楽しく分かり易く、それでいてちゃんとしたジャズ・アルバムという物を厳選してご紹介したいと思います。

すぐ聴き飽きるようなイージーな作りの物もたくさん出回っていますから、やはり入門の時から「本物」のジャズに触れて頂きたいと願って書いています。

——————————————————————————-

 【ジャズ入門にぴったりのピアノトリオ盤6枚(+1)】

Jazzを聴いてみたいという貴方。入門にはやはりピアノ・トリオがぴったりかもしれません。ピアノ、ベース、ドラムスというシンプルな編成はジャズの基本形ですね。
レッド・ガーランド、ウィントン・ケリーなどの快適な演奏を聴いてみましょう。ジャズの楽しみの入門です♪♪♪

(アルバム名/ ピアニスト)

1.The Nearness Of You/ レッド・ガーランド
2.Bright And Breezy/レッド・ガーランド
3.Kelly Blue /ウィントン・ケリー
4.Full View /ウィントン・ケリー
5.Again /エディ・ヒギンス
6.White Nights/ウラジミール・シャフラノフ

まずはRed Galand Trioで2曲。バラードとミディアム・テンポ。

↑ 〈The Nearness Of You〉邦題は「貴方の面影」でしたっけ?
  Red Garland (piano),Larry Ridley (bass),Frank Gant (ds)

—————————————————————————

↑ ②アルバム〈Bright And Breezy〉からの1曲です。〈On Green Dolphin Street〉
 Garland(piano), Sam Jones(bass),Charlie Pership(drums)

ガーランドのコロコロと粒立ちの良いピアノが快いです。

————————————————————————–

で、気が早いですがこのガーランド、トリオの次にはハードバップ伝統の2管編成クインテットでの演奏を聴きたいものですね。例えばこんなヤツ。

ブルー・ミッチェルのトランペット?とペパー・アダムスのバリトンサックスが入ってます。アルバム〈Red’s Good Groove〉からの1曲でした。
管楽器に挟まれたピアノ・ソロもいいものです。

—————————————————————————

失礼しました。ピアノ・トリオに戻りましょう。

Wynton Kelly (ウィントン・ケリー)。

③アルバム〈Kelly Blue〉から〈Softly As In The Morning Sunrise〉  (朝日のようにさわやかに)
アルバム全体ではセクステット演奏もありますが、この曲はトリオ演奏。

Paul Chambers(bass),Jimmy Cobb(ds)-‐当時のマイルス・クインテットのリズム・セクションです。

 

—————————————————————-

 続いてもう少し後年のケリーの演奏を聴いてみます。若い時の勢いはないですが、味わいのある演奏です。

④アルバム〈Full View〉から〈What A Difference A Day Made〉(縁は異なものーーという邦題は若き大橋巨泉がつけたと言われています)1966年

————————————————————————–

〈Again〉Eddie Higgins Trio  少し新しいもので、ジャズ・ピアノ・トリオ入門に適したものを取り上げます。エディ・ヒギンズが日本のVenusレーベルで演奏したものです。アルバム〈Again〉から表題曲。

その後、余りにも乱発したので、さすがに飽きられましたが最初の頃のこれなんかはなかなかいいんじゃないでしょうか。

Eddie Higgins(piano), Ray Drummond (bass),Ben Riley (drums)            1999年

⇒Again 消されてますね。

では、スタンダード・ナンバーの〈Dear Old Stockholm〉にしましょう。

⇒*また削除されています。ヒギンズのVenus盤はイタチごっこですね。 もう1回だけトライしてみます。

〈What A Difference A Day Made〉

——————————————————————————–

ロシア出身のジャズピアニスト、Vladimir Shafranov (ウラジミール・シャフラノフ)の〈White Nights〉です。

さすがに一味違いますね。しかしベースはジョージ・ムラーツ、ドラムスはアル・フォスターなのです。

澤野工房という所から出ているアルバム〈White Nights〉のタイトル曲です。

澤野工房は大阪の履物屋さんがやっている有限会社で、良質なヨーロッパジャズを提供してくれています。 DIW(ディスク・ユニオン) と同じように貴重な存在です。

 

Sponsored Link

シャフラノフもほぼ全滅ですね。 もうこちらももう1回アップしてみます。

曲は〈Love Walked In〉1曲しか残っていません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4人のピアニストを紹介のつもりで書きましたが

2人は削除が多いので、ちょっときびしいですね。

◎ジャズ・ピアノ・トリオ入門編でした♪   see you again.

 

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ジャズ