ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」がビリー・ジョエルに歌われています

   

Sponsored Link

ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」の第2楽章

聴けば皆さん知っている旋律です。

一方

ビリー・ジョエルが’83年のアルバム「イノセントマン」の中で歌っていた曲

This Night〉のサビの部分はベートーヴェンの悲愴をそのまま使っています。

聴いてみましょう。

Beethoven Pathetique Sonata – 2nd mov 「悲愴」2楽章 

Eric Heidsieckのピアノです。

ビリー・ジョエル This Night

ではビリー・ジョエルの〈This Night〉の方を。

なお画像はアップされた方が、リチャード・ギアとダイアン・レインの映画「最後の初恋」の画像を当てはめてあります。(特に関係ないのですが・・・ナイスです!

サビの

this night is mine, it’s only

you and i〜  と続くところです。

気づいた方も多いでしょうが、意外に気づかないものですね。
そのまんまなんですけどね。

ところで言葉のことですが、「悲愴」はやはりPathetique パセティック なのですね。

 

Thank You For Visiting The Site

Sponsored Link

この記事が気に入っていただけたら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 音楽